過ぎ去りしdays
散歩・本・映画・おやつ

プロフィール

koburii

Author:koburii
HN:こぶり
国内外問わず、夫の仕事の関係で引越しばかりしている40代の主婦。



カテゴリ



月別アーカイブ



264冊目 Night by Elie Wiesel


Never shall I forget that night, the first night in camp, which has turned my life into one long night, seven times cursed and seven times sealed....Never shall I forget those moments which murdered my God and my soul and turned my dreams to dust. Never shall I forget these things, even if I am condemned to live as long as God Himself. Never.

アウシュビッツサバイバー、エリウィーゼルの、あまりにも有名な小説。ホロコーストを扱った本はいくつもありますが、これほど生々しく、読んでいて息苦しくなるものも少ないように思います。

実は近所の通りに彼の名前がついていることに最近気がつきました。。


ホロコーストでの体験記なのですが、ノンフィクションではなく小説の形をとっています。このため文体は客観的で無意味に同情を引かない。 エリウィーゼルは、同情を買いたいわけでも、人に感動を与えたいわけでも全然ないんですね。

彼が書く理由はただひとつ。人々がアウシュビッツでの出来事を忘れないためです。「無関心」にさせないためです。

涙なしでは祈りを捧げられないほど神を愛し ていた少年は、ホロコースト悲劇の最高責任者として神を責めます。結局のところ、神が全宇宙の支配者であるなら、この惨劇の黒幕は神ではないのか?

また支えあい、片時も離れず寄り添ってきた父親も、最後には自分の足を引っ張る疎ましい存在でしかなくなります。

宗教心も、家族への愛も誇りも失い、関心事は食べ物だけの動物状態にさせれれた彼は、自らをサバイバーとは呼びません。彼もまたアウシュビッツで殺されたのです。

エリウィーゼルは、最近亡くなったのですが、私がすごく興味があるのは、彼は死を前にして、神と和解したのだろうかということです。生涯をかけて、人生の全てをかけて神と向き合う運命を背負った人間の晩年。

簡単に言うと和解したようですね。いや、和解じゃないか。惚れた弱味と言うべきでしょうか。。

https://mobile.nytimes.com/1997/10/02/opinion/a-prayer-for-the-days-of-awe.html?referer=http://blogs.timesofisrael.com/elie-wiesels-reconciliation-with-god/


今日のおやつ。
プロテインバー。

こ、これはまずい......
食べ物じゃないものが原料に入ってる気がする...





.

263冊目 "Autumn" by Ali Smith “What are you reading?”



"Autumn"
by Ali Smith
264 pages

"All across the country, people felt it was the wrong thing. All across the country, people felt it was the right thing. All across the country, people felt they'd really lost. All across the country, people felt they'd really won. All across the country, people felt they'd done the right thing and other people had done the wrong thing. All across the country, people felt it was the right thing. All across the country, people felt they'd really lost.... - "Autumn"

面白かったです。ハートウォーミングあり、ユーモアあり、美しい描写ありで。

短い小説なのにテーマもストーリーもいろいろ詰めこまれていて、変な言い方ですがお得感もありました。

最近立て続けに作品が話題となっている英国に住むスコットランド人作家 Ali Smith。こちらの小説はブッカー賞のロングリストに入っていましたが、先日発表されたショートリストにも残っていましたね。

ブレクジット後のイギリスは、トランプがプレジデントになった後のアメリカと似てますね。二分された国民と価値観、外国人の排斥、貧富の差に対する怒り。

かつて大英帝国と呼ぶに相応しかったその大国は、 アメリカやドイツの経済力に押され、国内ではEU離脱やスコットランドの独立などに揺れている。

そんな斜陽の現代のイギリスが舞台で、主人公は32歳の女性と、彼女より70歳年上の、100歳を越えた老人。

二人は特別な間柄で、友人というよりは恋人、もしくはソウルメイトなのかな。すべての本物がそうであるように、カテゴライズできない領域に二人はいます。

二人の最初の出会いは女性がまだ9つの時で、いくつになっても、毎日会っていても、老人はまず “What are you reading?” と訊ねます。

本、アート、歌、老人と少女の会話は止むことがない。目を閉じて、一人は想像力を使い、一人は思い出を使って。

Always be reading something, he said. Even when we're not physically reading. How else will we read the world? Think of it as a constant.

私もあなたにぜひ伺いたい。

今、何を読んでいますか?



今日のおやつです!暇してる夫に呼び出されて3時にビールですよ。
,

が!秋のビール、パンプキンエールがあった!
シナモンパウダーシュガーとスパイスが飲み口にたっぷりで、日本ではなかなか出会わない味だと思う。甘くておいし---😗



.

262冊目" Tuck Everlasting" by Natalie Babbitt



"Everything is a wheel, turning and turning, never stopping. The frogs is part of it, and the bugs, and the fish, and the wood thrush, too. And people. But never the same ones. Always coming in new, always growing and changing, and always moving on. That's the way it's supposed to be. That's the way it is."

Title:Tuck Everlasting
Author: Natalie Babbitt

児童文学なんですが、、、。情景描写がとても美しく、また生と死、不死という生きるということを考えさせる本なので、大人でも十分満足できる内容だと思います。

主人公は10歳の少女です。
ある日森の中の泉で少年に出会います。

この泉の水は、飲んだ者を不老不死にする魔法の(もしくは呪いの)泉です。

この水を飲み、泉を見守る少年の家族(Tuckファミリー)と、少女の交流、その魔法の水を狙う者、神秘的な脇役たち。

ラストがまた素敵で、読者それぞれが答えを出すような静かなエンディンクです。

秋の気配を感じる夏の終わりに読むにはピッタリの本でした。

今日のおやつ

秋のメープルケーキ



261冊目 "Girl,Interrupted" by Susanna Kaysen




title: Girl,Interrupted
author: Susanna Kaysen

だいぶ前に映画化された本で、アンジーの演技が素晴らしく、印象的だったことを覚えています。

原作であるこちらの本は、映画のように一連の繋がりがあるわけではなく、もっと断片的で、日記のような、エッセイのような感じです。

境界性人格障害と診断されて施設に入れられた18歳の頃の記憶を、少し大人になった自分がふりかえっています。

語り手である主人公と施設にいる少女たちの脆さと傷つきやすさ、まわりの大人たち。狂気と同時に冷静に自己分析しているところがとても興味深い。

ちなみに映画ではわからなかったタイトル。フェルメールの絵、
"Girl Interrupted at Her Music" からなんですね。フリック・コレクションは歩いて行ける距離にあるし、ちょうど近い内に行こうと思っていたので嬉しいかも。本を読むととっても観に行きたくなる。。



260冊目 A Moveable Feast by Ernest Hemingway



Title:A Moveable Feast
Author :Ernest Hemingway

"If you are lucky enough to have lived in Paris as a young man, then wherever you go for the rest of your life, it stays with you, for Paris is a movable feast." - Ernest Hemingway

ヘミングウェイの死後3年経ってから出版された回想録で、へミングウェイの若きパリ時代の思い出がたっぷりつまっています。

世界のヘミングウェイになる前の、まだジャーナリストで生計を立てていたころの、貧乏だけど刺激と情熱にあふれたパリでの日々。


"The Paris Wife"
http://koburiland.blog104.fc2.com/blog-entry-246.html
でも感じましたか、やっぱりこの無名時代のパリ暮らしが一番楽しそうですよね。

もちろんこのまま楽しくパリ時代を続けていたら数々の名作も生まれなかったわけですが。

それにしても、この時代の、パリの美しさや文化的生活、カフェ、ジャズ、アートと、ちょっとミーハーっぽいヘミングウェイと、後半の戦争とかキューバとかのオトコ臭いヘミングウェイと、このギャップはどこから生まれてどう結びつくのだろう。ロストジェネレーションの悲しいところなのかしら。

フィッツジェラルドについても丸々一章設けてあり、自分よりも20年早く自害した、繊細で才能溢れる作家への想いも興味深いです。


今日のおやつ♡
お昼が軽かったのでホットドッグ!



259冊目 Heartburn これがゲス不倫か・・

頭痛再発です。めまいと吐き気あり。もうやだー。屋上でドリル使った工事を一日中していて音と振動がひどくて。あまり部屋にはいないようにしていますが、これが続く限り頭痛も治まらないような気がしてきた。

あまり深刻なものはまったく読みたくないので、当分は軽いものを読んでいこうと思います。

hhhfyyyr.jpg
Title: Heartburn
Author: Nora Ephron

“Why do you feel you have to turn everything into a story?” So I told her why: Because if I tell the story, I control the version. Because if I tell the story, I can make you laugh, and I would rather have you laugh at me than feel sorry for me. Because if I tell the story, it doesn’t hurt as much. Because if I tell the story, I can get on with it.”
Nora Ephron, Heartburn



ノーラエフロンさんは映画の脚本や監督での方が有名でしょうかね。エフロンさんの映画が大好きなので、5年前に亡くなってしまった時はとても悲しかったです。でもこの小説を読んでいると、まるで彼女の映画を見ているような気持ちになれ、にやにやしながら読みました

小説は自伝的要素も濃いのかな。主人公は四十路手前のフード・ライターのレイチェル。妊娠7ヶ月で夫の浮気を知ります。夫婦生活、結婚、裏切り、浮気、妥協、友情、仕事など、都会に生きるもうそれほど若くない女性の日常をユーモラスに粋に書かれてあります。ノーラエフロンのセンスが一から十まで好きな私はとても楽しめました。
あとフードライターということで、とっておきのピーチパイやキーライムパイなどのレシピもいろいろ載ってます。


今日のおやつ♪

jidddhe.jpg

エフロンの本を読むならと、ラローへ。人気のお店ですが、平日はガラガラに空いていることもあります。近所なので私はがっつりケーキが食べたい時によく利用してます。


jjjdhhhh.jpg

HP:http://cafelalo.com/
住所:201 West 83rd St. New York, NY 10024
電話: (212) 496-6031




ノーラ・エフロンの代表作のひとつと言えば映画「ユー・ガット・メール」ですが、その中で待ちぼうけをくらうカフェがこちらですね。


あれ、今花火が始まった・・なんでだ?


258冊目 The Long Winter やっぱり冬の間に読めばよかった!!

20170519_130938.jpg

Title: The Long Winter
Author: Laura Ingalls Wilder
Publisher:Harper & Brothers
Publication date: June 15, 1940
Pages: 334 pages

Little Houseシリーズ6冊目、インガルスファミリーものでは5冊目にあたるこの”The Long Winter”は、シリーズの中でもかなりハラハラな一冊でした!面白かったです!面白かっただけに、冬に読めばもっと味わい深く読めたはず・・・。こんな緑の中で読んでしまってちょっと後悔。冬に読み直します!

"Heap big snow come," this indian said."Heap big snow, big wind," he said.
"How long?" Pa asked him.
"many moons," the indian said. He held up four fingers, then three fingers. Seven fingers, seven months; blizzards for seven months.



ローラ一家がダコタテリトリー(現サウスダコタ州)のDe Smetに移住した翌年の1880年の10月から1881年の4月まで、このエリアは記録的な寒波に襲われます。吹雪は何日も続き、家も町も雪で覆われ、マイナス40度を記録します。

開拓中の、人口80人足らずの小さな町。物資を届けるトレインもクリスマス前にストップしてしまいます。わずかな小麦とポテトを一家6人で分け合い、灯油もないので干し草を固くタバネて暖をとります。

状況はかなり厳しいです。飢えまではいきませんが、熱いお茶を何度も飲んでいて、お茶で空腹をごまかしている様子が伺えます。しかし、状況が厳しければ厳しいほど、団結し、家族の暖かさが際立ってくるのが我らがインガルス一家です。

Paのどんな時でもユーモアを忘れない陽気さと肝心なところで頼りになるところ、Maの厳しさと優しさと強さ、子供たちの支え合う精神は本当に感動もの。そしてローラの未来の夫、
アルマンゾも大活躍しますよ。

シリーズの中でも、かなり好きな一冊で、いつものように読み終わった後は背筋がピッと伸びます!見習おう!いろんな意味で!

過去のLittle House感想
133冊目: Little House in the Big Woods
http://koburiland.blog104.fc2.com/blog-entry-594.html
151冊目: Little House on the Prairie
http://koburiland.blog104.fc2.com/blog-entry-698.html
210冊目 On the Banks of Plum Creek
http://koburiland.blog104.fc2.com/blog-entry-950.html
236冊目 By the Shores of Silver Lake
http://koburiland.blog104.fc2.com/blog-entry-1039.html


今日のおやつタイムです。
ニューヨークチーズケーキ
hudegydede_20170520121932887.jpg
こ、これは美味。超しっとりもったり濃厚。
ニューヨークチーズケーキは、その辺のよくあるダイナーで食べるとびっくりするほど美味しいときがある。
このチーズケーキはW90th辺りのCity Dinerで。




257冊目 In a Dark, Dark Wood だから森に行くなって

Title: In a Dark, Dark Wood
Author: Ruth Ware
Publication date: August 4, 2015
Pages: 320 pages
Format: Library copy

人気のサイコロジカルクライムミステリー系の小説です。私もこのジャンル大好きです。

jidebhcdfrgtgg.jpg

主人公は20代後半のクライムミステリー作家Nora(Leonora)。ロンドンのアパートで引きこもりがちだけどコージーにボチボチ暮らしています。ある日学生時代仲が良かったClareのHen(バチェロレッテ・パーティー)に招待されます。
しかし、Clareとはもう何年も連絡を取り合っていないし、はっきり言ってすでに縁は切れているようなもの。

Clareの現在のベストフレンドであるFloという女性が、Clareのパーティーを仕切っていて、学生時代の友達を集め、森の中のコテージへ招待します。Noraは他の友人達と、渋々出向くのですが。。

舞台設定はこんな感じです。タイトルから暗〜いミステリーが始まることは明らかで、そこに謎の招待状。
何年も音沙汰のなかった友人、メールだけの招待、人里離れた森の中、ケイタイもなかなかつながらない、と「いかにも!」な設定が逆に楽しかったです。何か起こるよ〜起こるよ〜という空気が最初から最後まで(笑)。小説の出来はそんなによくないんですけどね。

時々強引な展開です。
バチェロレッテ・パーティーで射的場に行っちゃう(チェーホフの銃:登場した小道具は必ず使われる)みたいな。
一時が万事ストーリーありきでいろいろ足していってる感じがありありです。でも楽しかった(笑)。

閉じた空間が舞台とか、限られた登場人物、ダークさなど、私好みなので楽しめた。
前回の読書 The Sun Is Also a Star by Nicola Yoonとまったく逆です。The Sun Is Also,,,は、出来はすごいし良書だけど、あんまり私好みじゃないというか(ティーンのロマンスだから当然か)。

しかしThe Girl on the Trainもそうだけど、意地の悪い女性が登場する小説はイギリス作家が面白い。アメリカ人作家だとここまでじめっとした感じはだせませんね。
3.6/5

今日のおやつタイム。
グルテンフリーの激甘クッキー。

jdeu73645r.jpg





256冊目 The Sun Is Also a Star by Nicola Yoon

sunalsoastar.jpg

Title: The Sun Is Also a Star
(Delacorte Press / Penguin Random House)
Author: Nicola Yoon
Publication date: November 1, 2016
Pages: 384 pages
Format: Hardcover (Library copy)

CARL SAGAN said that if you want to make an apple pie from scratch, you must first invent the universe. When he says “from scratch,” he means from nothing. He means from a time before the world even existed. If you want to make an apple pie from nothing at all, you have to start with the Big Bang and expanding universes, neutrons, ions, atoms, black holes, suns, moons, ocean tides, the Milky Way, Earth, evolution, dinosaurs, extinction-level events……


ティーン小説で今人気のNicolaYoon。デビュー作の、"Everything, Everything"はもうすぐ公開されるし、こちらの作品も映画化が決定しているそうですよ。移民、不法滞在、マイノリティなどが題材となっていますが、根っこにあるのはロマンチックなラブストーリーです。

主人公1)Natasha
ジャマイカ人。科学と真実を追求し、運命は信じない現実主義者。両親とともにジャマイカからやってきた移民で、実は不法滞在。父親はアメリカンドリームを夢みたけども芽が出ず、母親はそんな父親をアメリカで支えることに疲れている。

主人公2)Daniel
韓国系アメリカ人。両親はハーレムでヘアケアグッズを販売する小さな店を持っている。韓国人の両親の期待に答え、いい息子であり、いい大学に入り、約束された将来を歩もうとはしているが、本質は詩人であり、ロマンチスト。

両親の不法滞在が発覚し、ジャマイカへ強制送還されそうになるその日に、NatashaはDanielに出会ってしまいます。Natashaはなんとかアメリカに留まる道はないかと弁護士に掛け合っていて、Danielは親に言われるまま名門大学へ入るためのインタビューを受けに。

運命の、たった一日の物語の本です。
ドラマチック過ぎるようにも思うのですが、実際のところ運命の出会いってこれくらいドラマチックで不思議なものだということを、経験上知っているから困ったもので。いや困らないんだけど。

作者は両親とともにジャマイカからアメリカに渡ってきた移民で、旦那さんはコリアンアメリカンだそうです。ご自身の経験もかなり入った作品のようです。やっぱり人生って思っている以上にロマンチックなものなんですよー。

ナレーターはNatashaとDanielが交互に登場し、時々コラムのような声も入り、また脇役にもきちんと声を与えているのが面白いと思いました。
英語も読みやすく飽きずに読めるのでおすすめ。
3.8/5

今日のおやつタイムはラローでパイ。

04162017.jpg



255冊目 Al Capone Does My Shirts by Gennifer Choldenko

gyterdfs.jpg

Title: Al Capone Does My Shirts
Author: Gennifer Choldenko
Publisher: Puffin Books; Reprint edition
Publication date: 2004(2006)
Pages: 240 pages
Format: paperback, Purchased

タイトルと舞台設定が興味深かったので本屋で手に取り、その場で50ページほど読んだので購入し、帰宅後一気に読んだ本です。面白いからというよりは、児童書なので読みやすかったんですね。2005年のNewbery賞候補、2007年のCalifornia Young Reader Medal受賞作。

ヒストリカルフィクションです。舞台は1935年のサンフランシスコのアルカトラズ。アル・カポネが収監されていたことで有名な悪名高い孤島の刑務所ですね。刑務所として使われていたのは1934年から30年ほどで、現在はただの観光地です。

私もサンフランに少し住んでいたのでもちろん行ったことありますが、アルカトラズってサンフランシスコの港からかなり近いのですよ。もっと離れてるのかと思っていたので、これだけ近ければ脱出して泳いで逃げようと考える人が後を絶たないのは当たり前だよなあと。

で主人公の少年は、お父さんがアルカトラズで働くことになり、引っ越してきたばかりです。アルカトラズには同じく島で働く親を持つ子たちが何人かいます。アルカトラズに住む子供たちは、フェリーに乗って本土の学校に通うわけですが、学校では「あのアルカトラズに住んでいる」ということで好奇の目で見られます。しかしそこを逆手に取って、アルカポネの洗濯サービスを始め出す女の子があらわれて。。

少年には10歳で成長をとめた妹(本当はお姉さん)がいて、彼女は今で言うアスペルガーの特性を持ちますが、1935年当時はアスペルガーや自閉症という名前もなく、理解もあまりされていません。この妹(お姉さん)との関係や、事件もこの本の読みどころになっています。

短い間使われていただけなのに、伝説となった刑務所アルカトラズ。そこにこうやって住んでいた人たちがいて、そこには子供たちもいて、、想像すると面白いですよね。本の巻末には実際にアルカトラズで少年時代を過ごした人のインタビューもあり興味深いものでした。

今日のコーヒータイム♡おやつのマカロン。
judgfyrte.jpg