FC2ブログ

いきなり夏日が続いてます!
30度近い気温の中、連日テニス!テニス!で死にそう。

201906261050037c4.png 20190626105020c38.jpg

Title: "Where the Crawdads Sing"
Author: Delia Owens
library Book/384pp/2018
crime/romance/coming-of-age/nature

図書館でやっと借りれた(1200人待ち!でした)話題の本。ようやく読めました。
思っていたよりも読みやすい、エンタメ系の本でした。リース ウィザースプーンが早速映画権を獲得したらしいですが、まさにハリウッド向きかなとは思います。

元々動物学者であった作者が、なんと70歳にして小説デビューを果たし、何週もベストセラーリストに載り続けている驚きの作品です。


主人公の Kya は、ノースカロライナの小さな町Barkley Coveの人々からは“the Marsh Girl,”と呼ばれています。

Kyaの家族は、町から離れた湿地帯の藪の中に小屋を立て、ジプシーのように独立して暮らしていましたが、家族は次々といなくなり、幼いKyaは一人で生きてきました。

そのKyaが成長し、ワイルドで、賢く、美しい女性へと成長した頃、町で殺人事件が起きます。
町のタワーから突き落とされたであろう、この既婚の男性は、Kyaと以前噂のあった男です。リッチでハンサムで学生時代はフットボールのスターでした。

そしてKyaを見守る、もう一人の男性。小さい頃からKyaを守り、学校に行かないKyaに本の読み方から、勉強の方法、自然の研究の仕方を教えたTate。

小さいKyaが、自然を味方で生き抜いていく姿が一つの読みどころでひきつけられます。

そして殺人事件の行方も気になるところ。

そして完璧な見守る続けてくれる王子様的な存在Tateとのラブストーリーと青春物語。

愛あり、ミステリーあり、成長物語ありと、あれもこれも入っていて、読みやすく、面白い。アフリカで何年も動物学を研究し続けた作者なので、自然の描写も上手く、知識も豊富。

エンタメとして純粋に楽しめる一冊だと思います。

個人的に気に入ったのは、主人公が基本は土地(Marsh)と繋がっているところですかね。風と共に去りぬもそうだけど、本質的な部分で男よりも土地と運命的に繋がっている女性に惹かれます。自分が放牧民なのでね、、、

今日おや。
最近はパイナップルに夢中。甘すぎで糖質量が心配。
20190626105037e1a.jpg

2019.06.27 / Top↑
huyyy.jpg swe.jpg

Title: "How to Be Alone"
Author: Jonathan Franzen
library Book/278pp/Published 2002

何かと話題の多いJonathan Franzen氏。「嫌い」って人も多いけど、小説は大方評判良く、批評家受けもよく、なおかつ売れているという。でも私もあんまり読みたくならない作家のひとり。
でもこのエッセイ集は!なぜか読んでみたくなったのです。
で、エッセイ集を読んだら小説が読みたくなりました。今度近いうちに比較的薄いやつを(どれもこれも長い...)読んでみようと思います。

14編からなるエッセイ集ですが、 Franzen氏があちこちで書いた記事の寄せ集めなので、時期もいろいろですし、掲載された場所も様々なので、軽いものから読み応えのあるものまでムラはあると思います。

アルツハイマーのお父さんの話や、著者の思い出話、作家事情、政治的なものまで。
まあでもやっぱり小説家ですので、小説をテーマにしたエッセイが一番面白かったです。

誰も本を読まない時代に、本を、特にフィクションを書くことについて。それもエンタメ文学ではないやつね。興味深いです。

作者も時々テレビを見ながら、「作家の俺が本を読まないんだもん誰が読むんだウガー」みたいにはなるらしいです。

本を読むとは孤独な行為です。孤独にならなければ本は読めない。TVや映画やゲームとの、圧倒的な違いはここにあると思います。「一人」が基本です。
だから読書好きの人を、世間は「静かな人」とか「一人が好きな人」と思う。

でもそうではなくて、本を読む人は、周りに共感できる人がいないから本を通して分かち合える人を探す行為をしているのであって、孤立してるんじゃなくて、ちゃんと本を通してコミュニティに属しているんだと。本は友達。文字通り。

私も同意します。本を読む人は減ってるかもしれないけど確実にいるし、共感できる作家もたくさんいる。私の場合、気分が落ち込んだ時、ネット環境を遮断して、ひたすら本を読みます。ネットで広がっている話題が絶望的にどうでもいいことばかりだと、孤独を強めるだけだし、自分を失いやすい。本は寄り添ってくれますね。

とはいえ、エンタメ本ばかり読んでいる私なので、たまには文学よりのものを、そっちのコミュニティにも足を突っ込みたいものです。

最後に、Flannery O’Connorの引用が素敵だったので。

People without hope not only don’t write novels, but what is more to the point, they don’t read them. They don’t take long looks at anything, because they lack the courage. The way to despair is to refuse to have any kind of experience, and the novel, of course, is a way to have experience.
— Flannery O’Connor



今日おや。
ゴールデンキウイを買ったら、中は普通のキウイだったという...普通のキウイは隣で半額で売られていたのに...
gyt.jpg
2019.06.20 / Top↑
セントラルパークでゴロゴロしていると本当に気持ち良い今日この頃。
次引っ越しても、大きな公園が近くにあるといいな。

wwww.jpg huuu.jpg

Title: "Celestial Navigation"
Author: Anne Tyler
Used Book/278pp/Published 1974
Asperger Syndrome/Anxiety disorder/Agoraphobia/Family

最近日本のニュースで「引きこもり」という単語をよく目にします。
積読本にAnne Tylerが描く引きこもり男性の話があったので、この機会に読みました。


時は60年代、舞台はAnne Tylerなので、いつものボルティモア郊外です。

38歳になるJeremy Paulingは、いわゆる「お勤め」に出たことがなく、家の近くでちょっとした食べ物を買う以外、まったく出かけない引きこもりです。

ある日、彼のひきこもり生活を支えていた母親が亡くなってしまいさあ大変。葬儀どころか何の手配もできないJeremyの変わりに、他所に嫁いでいた姉たちが集まります。

上の姉は、Jeremyがこうなったのは母親が甘やかしたからだと信じているので(現に姉には厳しく、弟には激甘だった)、Jeremyの生活を変えさせようといろいろ試みますが、上手くいきません。

なぜなら、

Jeremyはパニック障害やアスペルガーの傾向があり、普通の生活は送れないのです。まだこういった認識が一般的にない時代です。
引きこもりの人の多くも、何かしらの性格上の傾向があり、そのために苦労している人がほとんどではないでしょうか。

Jeremyの母親は、繊細なJeremyのために、家の屋根裏部屋をJeremyのアトリエにして、新聞に公告を出し、Jeremyが得意のアートで、個人レッスンを取れるようにしていました。もちろん生徒は少なく、来てもすぐ辞めてしまいますが。

一方で、古い家は下宿にし、下宿人からの家賃収入で、Jeremyが暮らしていけるようにもしています。そしてもちろん家の権利とわずかな貯金はすべてJeremyに残します。姉たちもそれは当然のこととして承諾しています。

社会生活を普通に送れないJeremyが、「どうやったら一人でも生きていけるか」だけにフォーカスして、対策を立てている母親に感心しました。引きこもりを嘆くわけでも、諦めるわけでもない。変えられないものを受け入れる力と、変えられるものを変えていく力。必要以上に嘆かず、でも放任もしない。素晴らしいと思いました。

さて、幾人かの、Jeremy をよく理解し、愛している下宿人に守られながら、不器用にも母不在の生活に慣れていく Jeremy ですが、そこにわけありでシングルマザーのMary(とその娘)がやってきます。

母親の死により大きく揺れ動いたJeremyの世界ですが、ここにきてまた、第二の波が押し寄せるわけです。

JeremyはMaryにすっかり恋してしまうんですね。

純粋で優しいけれど頼れる存在には決してなれないJeremyと、経済的にも精神的にも追い詰められながらも頼もしい母親であるMaryの、ぎこちない関係が始まります。

本当にせつないストーリーでした。じんわりきます。

ところでタイトルですが、海上では何の目印もないので、天体を測定して、現在地を導き出します。その航海術のことを「天測航法」"Celestial Navigation"と言うんですね。何の目印もなく、孤独に、でも独自のナビで生きているJeremyそのもののようです。

今日おや。
サクランボの季節になりました!
ssss.jpg
2019.06.12 / Top↑
なんか雨多いんですよー。
NYCだけなんだろうか。アメリカで梅雨を感じるとかなんなんだ。
ずっと降ってるわけではないけれど、思うようにテニスはできないし、野球が中止になったりイライライライラ。。

20190605121237c2c.jpg 20190605120929268.jpg

Title: "My Lovely Wife"
Author: Samanth Downing
Library Book/384pp/Published 2019
Psychological Thrillers/Serial Killer

話題の本です。キャッチコピーは”Dexter meets Mr. and Mrs. Smith”。なるほど。そこまでじゃなかったけどな笑。

しかし一体この本は何だったのだろう笑。いや、面白いのは面白かったです。作者はこれがデビュー作だそうですが、とても小説を書くのがお上手です。スラスラ頭に入ってくるので、なんてことない話でも読ませます。期待の大型新人!ですな。

典型的なご夫婦とその子供二人。4人は郊外に住み、旦那さんはテニスのコーチ、奥さんは不動産業、子供たちは学校に通い、土曜日は習い事や行事で忙しい、どこにでもある幸せそうなごくごく普通の一家。

でもですね。どのご家庭も、幸せな家庭図を壊さないために、ある程度の秘密を抱えているもなんですよ!あ、うちはありませんよ!本当にないですよ!

で、この夫婦、実はとんでもない趣味を持った夫婦なのです。

ここはまだネタバレにはならないと思うので書きますが(いやな人はここでSTOPしてくださいませ!)






実はこの夫婦、殺人を共通の趣味に持つご夫婦なのです。

最初の犠牲者は奥様のお姉さん。これはやむを得ずというか、仕方なく。そこから芋蔓式に第二の殺人が行われ、そこからは快楽となり、趣味となり、夫婦の刺激となり、家庭を保つ活性剤となっていきます。

ノーマルな日常をそつなく送ってはいますが、人を殺すほどのサイコパス夫婦の異常性というものがそう隠せるものではなく。いくつかのどんでん返しが待っています。子供たちも侮れないし、親からの遺伝でしょうか、時々ゾッとする行動にも出ます。

個人的には、ここまで異常な夫婦は、こんなちゃんとした社会生活を送れないんじゃないかと思っちゃうんですけど、でもたまにシリアルキラーが捕まると、近所の人は驚くよね。40人殺しのTed Bundyとか、私も映像見るとまったく普通の人に見えるしな。

レビューを見ると総じてとても好評ですね。テンポも良く斬新で面白い。文章力があるので読ませます。ただ私的には、驚きよりはジワジワくる薄気味悪さの方に惹かれました。あとやっぱり何の本だったのかなあと笑。

今日おや。
完熟メロンを3つも頂いて、嬉しい悲鳴の毎日。
最高に甘いです。でも完熟なので早く食べなくちゃ・・・
2019060512091311b.jpg
2019.06.05 / Top↑
今の私には、どんなアベンジャーズヒーローよりも、Jeopardy!のJames Holzhauerですわ。
でも記録更新した後は、制作側も何か手を打ってくるんだろうなあ。。。

201906010444590e9.jpg 20190601044756d8c.jpg

Title: "The Editor"
Author: Steven Rowley
Library Book/358pp/Published 2019
Writer/Dysfunctional family/Mother/LGBT/

さくっと読め、楽しくラブリーな一冊でございます。

作家を夢見る主人公のJames Smale。いくつかの短編は雑誌に掲載され、有望視されながらもなかなかこれといったものが書けず、自分の本を出版するまでにはいきません。

作家として一人前になるために、自分の根である母親、そして母との関係をテーマに選び、一冊書きあげます。

そのドラフトを気に入ってくれたエディターが現れ、本にしましょうと言ってくれるのです。

時代は1990年初頭でのお話。
デジタル化でセルフパブリッシングが可能な現代とは違い、本が、作家と編集者の二人三脚で出来上がる古き良き時代のお話。

Jamesは編集者のアドバイスに従い、母親と向き合い、話を掘り下げていきます。そしてゲイで作家志望の彼のルーツ、家族の隠された秘密を掘り出してしまいます。

この本のもうひとつの読みどころなのですが、この編集者、実在する人物です。超有名なあの方。ジャクリーン・ケネディ・オナシスです。

ジャッキーが晩年、出版社の編集者として働いていたことは有名な話ではありますが、作者は細かなエピソードを集め、見事に当時の様子や雰囲気を伝えています。フィクションではあるけれど、ジャッキーへの愛情が感じられ、また当時の出版業界の様子や本ができる過程も垣間見える。

それでいてメインのストーリーは母との関係です。自分を生んだ母親と、自分の本を生み出してくれた母親と。

ギクシャクした父親との関係、決して自分の望む形では認めてくれない母親の頑固さなど、すべての母親に共通するのではないでしょうか。それでいてちゃんと愛情と暖かさで包まれているという。そういえばジャッキーもすばらしい母親でしたねえ。夫が二人とも物凄い人たちなので、妻の部分ばかり話題にされてしまいますけどね。.

おやつ。
最近暑くもなく寒くもないので抹茶ラテを飲んでいます。
201906010453083e0.jpg


2019.06.01 / Top↑
ここ数日、気温が30度近くまで上がって夏日!って感じです。
でもまだまだコーヒーはホットだなあ。

201905280723288e9.jpg 201905280917247bd.jpg

Title: "The Last"
Author: Hanna Jameson
Library Book/358pp/Published 2019
apocalyptic dystopian/thriller/

ポストアポカリプス的なところでは、最近読んだBird Boxと似たような感じですが、怪しげな人里離れた大型ホテルの設定は、キングのThe Shiningにも似ている。ということで読む前はワクワクしたのですが、、、ちょっと私好みではありませんでした。評価は高いので、読む人が読めばきっと面白いのだと思います。

アメリカ人でヒストリアンのJon Kellerは、同業者カンファレンスに参加するため、スイスの山中に建つリゾートホテルに滞在中でした。

そんな中、ワシントンDCやロンドン、ミュンヘン等主要都市が核爆弾で同時破壊されたという速報が入ります。

ほとんどの滞在客はホテルから逃げ出しますが、Jonを含む20人余りのゲストとスタッフは状況が状況だけに、ホテルに残って慎重に行動することにします。

スイスということもあり、いろんな国籍の人で構成されています。子供のいる日本人夫婦も登場します(ちょっと今時の日本人っぽくない会話をするのであれですが)。

とにかく世界がすごいことになっていて、ホテルに籠ってとりあえず難を逃れる一団ですが、少女の遺体を発見すると、その犯人捜しがメインになり、まあだけど食糧難になって内部抗争あり、ほかの生き残りとの接触あり、、

なんでしょう、大きなストーリーの流れが無いというか、ラストも〆になっていないというか、、そんな印象を受けました。

舞台設定もいいし、アポカリプスっぽい話も嫌いではないのですが、、

一応最後までさくっと読めたので、悪い本ではありませんし、楽しめる人も多いのでしょう。




2019.05.28 / Top↑
終わってしまいましたねーGame of Thrones、、、、
何年もずっと見続けていたドラマが終わると、やっぱり寂しいものがありますね。

201905210437369be.jpg 20190521043800bb6.jpg

Title: "M Train"
Author: Patti Smith
LibraryBook/253pp/Published 2015
Memoir

女性のパンクロックの先駆者でもあるパティスミスさんの自伝というか日記というか回想録ですかね。面白かったです。TVのアート番組にちょうど彼女が出ていて、興味を持ったのでこちらの自伝を。賞も取った “Just Kids”の方が評判がいいのですが、こっちの方がなんとなく脈略なくダラダラと書かれていて惹かれてしまった。

書かれていることは、コーヒー、本、旅行と私の好きなテーマばかり。ニューヨーク時代、ミシガン時代の話、そしてもちろん旦那さんとのエピソード。出会った頃や家族となっていく話や時代はコロコロ変わるけど、だからこそかえって思い出として伝わってくる。記憶ってそんな感じですものね。

かなりの読書家で、中でも村上春樹氏をえらく気に入っているようです。旅行中も肌身離さず春樹本。
春樹氏の前は、2年間の間、ロベルト・ボラーニョの「2666」だけを繰り返し繰り返し読んでいたらしいです。気に入った本があると、何度も何度も時間をかけて読むというのは、実は一番良い本の読み方だと思います。なかなかできることではないけれど。

あとコーヒー!彼女ものすごいコーヒー好きです。コーヒーの話とカフェの話がたくさん。朝起きてカフェに行かなきゃ一日が始まらないって感じが自分と同じなので親近感。

おやつ。
やっぱりトレジョーの85%カカオチョコが一番安いので買いだめ。
201905210453015bf.jpg
2019.05.21 / Top↑
昨晩のGame Of Thrones、泣きました!
それにしてもいよいよクライマックス!!って感じです。
残るところあと一話なのかな?あー。。。

201905110455539e3.jpg 20190511045621466.jpg
Title: "DAUGHTERS OF THE LAKE "
Author: Wendy Webb
LibraryBook/304pp/Published 2018
Mystery/Gothic Fantasy

ミステリーなんだけど、ゴシックファンタジーが絡む私好みの一冊。やっぱダークファンタジー好きだわ。。。

主人公のKateは、同じ職場で働く夫の浮気で、結婚生活も終わり、仕事もなくし、目標もやる気も失い、唯一の慰めであるワンコを連れてLake Superiorにある両親の元に戻ります。

ある日湖に流れ着いた死体を見てKateは動けなくなります。その死体の女性をKateは知っているからです。そしてその女性の服をまくると、赤ちゃんの死体があることも。Kateはその女性を夢で見て知っているからです。

Kateは、そのおかしな動揺と赤ちゃんの死体の存在を知っていることから、何か事情を知っている人物とされてしまいます。

この本の読みどころはもう一つの舞台にあります。KateのいとこでゲイのSimonが、近隣の町で祖母から受け継いだクラッシックなお屋敷をホテルにして運営しています。このホテルというかB&B&が良い雰囲気を出していて、ゴシック少々、ホラー少々、ミステリー少々がブレンドされています。

この屋敷はKateとSimonの祖母であるHadleyの両親が建てたもので、実はこの曽祖父母たちの時代に起きた事件がミステリーの要となっています。事件は100年前に起きています。ところでKateは新聞社で働いていたにも関わらず、図書館で過去の新聞をリサーチする発想すらないのが笑える。ネットでぐぐって「ないわー」って、そりゃないよ笑!

ラストにかけてファンタジーからゴーストものになっていってちょっと「あれれ」みたいな感じになってしまいましたが、小説自体はとても面白く、私は大体寝る前に必ず30分は本を読むのですが、この本だと目がさえちゃってちょっと困りました。。。

おやつ。
あと最近バナナ食べまくってます。
20190421111011c43.jpg




2019.05.14 / Top↑