過ぎ去りしdays
散歩・本・映画・おやつ

プロフィール

koburii

Author:koburii
HN:こぶり
国内外問わず、夫の仕事の関係で引越しばかりしている40代の主婦。



カテゴリ



月別アーカイブ



また引っ越しです~

最近はすっかり肌寒い毎日です。今朝の気温も16度。今日はこれからトレンチコート着て出かけます。夏が苦手なので秋の訪れは嬉しい。でも寒すぎる冬は嫌・・・・今ぐらいの気候で止まってほしい。

昨日はSir John Soane's Museum に行って来ました。もちろんこちらも室内は撮影禁止ですので頂き画像です。



18世紀~に活躍した建築家ジョン・ソーンズさんの家を一般公開。外から見るとなんてことない家ですが、一歩中に入ると迷路のように部屋がごちゃごちゃとあって、古代装飾の収集家でもあった彼のコレクションがそれこそビッチリと飾られています。変わってると言うか物珍しい感じです。








ミュージアムだらけのロンドン。しかもほとんどが無料なので、毎週必ず一回は美術館や博物館に出かけるようにしています。私は絵が好きなので、よく行くのはナショナルギャラリーテートブリテン。絵のレクチャーやガイド、フリートークなども同じくほとんどが無料で楽しめるので時間などチェックして出かけるとさらに充実しますよ。

さて今週もあっと言う間で、もう明日は金曜日。ひえ~。今月後半戦は引っ越しの準備と旅行で忙しくなりそうです。

旅行は夫が仕事でまた北欧の方を回ってるので、そちらに便乗するか、それとも夏休みらしく海にするかでまだ揉めています。

私、あんまり北欧って興味ないんですよねー。主婦の方だと好きな人多いですが、どこに惹かれるのかぜひ知りたい(家事とか家のことに興味がないからかな?)。

北欧よりはアンダルシアか地中海のような暖かい海がいいわ~。お日様お日様[#IMAGE|S58#]。

しばしブログも飛び飛びになると思います~・・






40歳から60歳までの、これからの20年

先日は母の誕生日でした。

10代で結婚し、20代前半で子供を産み終え、30代前半で離婚をし、その後女手一つで、福祉も受けず、頼る親もなく、本当にギリギリの生活の中で、たった一人で子供を育て上げた母は、私とはまったく違った人生を歩んだ人です。

母の41歳の誕生日を、つい昨日のことのように覚えています。
わたしが高校を卒業して働きに出始め、きょうだいたち全員が社会人となったその年、みんなで母に少しリッチなディナーをごちそうしたのです。母はすごくうれしそうで、すごく綺麗だった。


[続きを読む]

ブレイン・ベリーと、雑記

ブルーベリーってブレインベリーと呼ばれるほど、脳に良いフルーツだそうです。
特にアルツハイマーや記憶力の低下を防止するのにすごいパワーを発揮するそうです。我が家も毎朝夫がブルーベリーをジュースにして飲むので欠かさないようにしていますが、さすがにシーズン明けは少々飽きが・・
去年まで住んでた田舎では、バケツで食べてても飽きなかったのですがねえ。何となくこちらのブルーベリーは人工的な甘さがするので飽きるのではないかと。。まあ今回は珍しくケーキにしてみました。


こちらは先日焼いたジンジャークッキー。バターをたくさん使ってしまったので、焼いたのは生地の1/3だけ。残りは筒状にまとめて冷凍保存に。私の場合お菓子作りを楽しんでしてると言うよりも、単に食後のデザートが少ない日に、やっつけ仕事のように作っています。

       ***



そして昨日は知り合いの人に渡すお土産を探しにハロッズに行きました。いろいろ悩んで、結局は自分が食べたいお菓子を購入。それにしても今は8月、観光スポットはどこも毎日すごい賑わいです。


買い物後、今回はNHMのお隣V&Aへ。ここは良い中庭があるのでお茶と休憩に。ロンドンは街中いたるところに美術館があり無料の所が多いので、トイレや休憩に便利です。





さてさてもう週末です。最近1週間が早い早い。夏休みの旅行の準備もしなければならないし、いろいろ雑用が溜まっているのに、今週は全然やる気が出なかった。友人や身内の心配事をメールやスカイプで聞いていたら、私も一緒にかなり落ちてしまったようで。

心配事は願望と同じで、そればっかり考えてると現実化させる力があるので、あまり悩まない方が本当はいいのですがね。






アフターヌーンティー@ロンドン


買い物を終えるとちょうど午後三時
ピカデリーでアフターヌーンティーをして来ました。


場所はみなさんおなじみのFortnum and Mason4階の、St James Restaurantです。

土曜の午後、予約無しでも問題なく入れましたが、客席はほぼ満卓に。紅茶を選び、カナッペを頂きながら三段トレイを待ちます。本場アフターヌーンティーは何時来てもやはり心躍りますね。


一番下のお皿にはサンドイッチ、真ん中はスコーン、一番上にケーキのお皿です。ケーキはいろいろ選べて食べ放題です。スコーンのホイップやジャムも、別の三段トレイに乗ってやってきます


紅茶にはスコーンが一番合う気がしますね。

ケーキはどれもこぶりなのですが、数が多いのでさすがにお腹が苦しくなります。

それでも午後中、何時間居てもいいので、少しずつ摘みながら、結局3時間以上はいましたよ。

帰りはもちろん下の紅茶売り場で紅茶を買ってかえります。

それにしても、2003年頃の少し昔の観光の本に寄れば、高級ホテルでのアフターヌーンティーの相場でも、一人17~18ポンド。今だと二人で70ポンド以上するので7年でほぼ倍!になったんですね。でもチェックしてみると、ロンドンはあらゆる物価がここ10年でほぼ倍になっています・・

B&Bのアフターヌーンティーはもっとお安かったですよ!


.