過ぎ去りしdays
散歩・本・映画・おやつ

プロフィール

koburii

Author:koburii
HN:こぶり
国内外問わず、夫の仕事の関係で引越しばかりしている40代の主婦。



カテゴリ



月別アーカイブ



85冊目:What We Talk About When We Talk About Love

what-we-talk-about-when-we-talk-about-love.jpg

Book No. 85

Title:What We Talk About When We Talk About Love

Author: Raymond Carver
First Published: 1981
Pages: 176p




"It ought to make us feel ashamed when we talk like we know what we're talking about when we talk about love."


2冊目のRaymond Carver。前回読んだ "Cathedral" よりも寂しい感じのする作品が多かったように思います。

「どうしてこうなっちゃったんだろう」みたいに思うことって誰にでもあると思う。別にたいした野心を抱いていたわけじゃないけれど、もっとこう普通の幸せみたいなものを自分だって掴めると信じていた。

けれど気がつくと人生は予想もしなかった方向に流れ、取り返しのつかない状況にいる。パートナーを得られなかったり、失ったり、家庭が崩壊していたり、どこでどう間違えたのかはわからないけれど、なんだかやりきれない状況に陥ってしまっている。でもだからと言って、頑張りなおす覇気なんてそもそもない。

この本に収められている短いストーリーは全て、何の状況説明もなく唐突に始まり、唐突に終わります。起承転結とかではなく、読者は、淡々とある日のある会話を、まるで盗み聞きしたかのように受け取ります。多くの作品は、何かが既に壊れてしまっている状態で、でもそれがどうしてそうなったのか、上手く説明出来ないのです。

収録作品は19編です。
Why Don't you Dance?/Viewfinder/Mr Coffee and Mr Fixit/Gazebo/I Could See the Smallest Things/Sacks/The Bath/Tell the Women We're Going/After the Denim/So Much Water So Close to Home/The Third Things That Killed My Father Off/A Serious Talk/The Calm/Popular Mechanics/Everything Stuck to Him/What we Talk about When We Talk about Love/One more Things

いくつか気に入ったやつを少し・・

Why Don't you Dance?は、中年の男が庭に家具を並べている。若い男女がヤードセールだとやって来て、物色し始める。中年男は値段に無関心そうで適当に交渉にのり、そのうち若い男女にお酒を進め、音楽とダンスを始める。

Gazeboでは、昔持っていた夢について悲しそうに妻が語る。夢が暖かくて素敵な分だけ、だからいっそう壊れてしまった現状が引き立てられてやりきれない。そういえば昔、友達の家にガジーボがあって、みんなに羨ましがられていたわ・・

The Bath。”Cathedral”の中にも同じ短編がありました。けど、こちらは最後のケーキ屋での場面がなく、お互いがただの冷たい他人のままで終わってしまっている。息子のお誕生日。当日息子が事故にあい重体で病院に運ばれる。予約していたバースデーケーキのことなんて当然のようにすっかり忘れているが、それをしらないケーキ屋はすっぽかされたと思い込み、嫌がらせの電話をかけつづける。

So Much Water So Close to Home。友達と釣りに行った旦那が、川で女性の死体を見つけたのにそのまま釣りを続けたと知り、ショックを受ける妻。後でちゃんと通報したんだし、何でもないことじゃないかという夫。この奥さんの不信感というか不安感は100%正しい。

Sacksは父と成人した息子が、空港で飛行機を待っている。その間、父は、母親と別れた理由を一生懸命息子に説明するが、何も伝えることが出来ない。もどかしい。

表題のWhat we Talk about When We Talk about Loveは、この本の中ではさほど暗くもなく、また終わった感もなく。ジンを飲みながら、二組のカップルが愛について会話をしている。リード役のMelの妻Terri は、昔男にさんざん暴力を受けたけど、それはそれで「愛」だと主張する。一方Melは、病院に運ばれて来た老夫婦の献身さを語るお話。


さて週末ですね。
読書の秋です。本と暖かい飲み物で素晴らしい秋のひと時をお過ごしくださいね☆


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村







秋ってこんなに物悲しかったっけ

ってくらい、落ち葉を見てると悲しくなります・・・

年でしょうか。年ですね、はい。
枯れ葉と自分をだぶらせるのは止めておきます。

さて、物悲しさとは裏腹に、日々順調に増えていく体重。

この手のアンビバレントな態度に我ながらおばちゃん化を感じたりしなくもないのですが、まあおやつに毎日食べてるカップケーキやスコーン。この辺からまず止めよう思ってます。


そして芸術の秋ですね。
週イチの美術館通いですが、ちゃんと続いてますよ。
最近もPimlicoで習い事というか教室に通っているので、テートブリテンが多いです。


どこの美術館も無料、教室も無料、公園はどこも綺麗で、ベンチでゆっくり読書が出来る。まあ確かに高い税金払ってるからなんだけど、引っ越したらここまで無料無料で文化的生活を望めないだろうな~。その点だけが心残りなんだけど。

まあどうなることやら。






にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ






月曜日だー

月曜日~♪

昔仕事していた時は嫌いだったけど、専業主婦だと意外に楽しい月曜日。


週末はいつも、金曜のお昼からずっと相方が一緒なので、嫌じゃないんだけど、趣味も読書も掃除も出来ないのがね~。ホント、料理も出来ないくらいくっついて話したがるのですよ!(なので土日はほとんど全部外食か持ち帰りになる)。

仕事以外趣味のない話好きな旦那さんをお持ちの奥さんはみなさんこんな感じでしょうかねえ?それとも子供がいない夫婦はみんなこんな感じなんでしょうか。せめてネットでもしてくれないかなあ~とたまに思うんですけどね(そしたら私も出来るし・・)。まあ相方が休日なのにネットとかケイタイをいじってたら、それはそれで嫌なんだろうけどな。

月曜日は朝から洗濯機が回りっぱなし。アイロンがんがんかけますよ!

週末ですが、ずっとテニステニスな日々だったけど、さすがにもう寒いので、買い物ついでにブラブラ川沿いにお散歩しました。







今週はまた書類の準備であれこれ出かけなくてはならないので忙しそうです。

このままのペースで引っ越しまでいくのかと思うと、少し憂鬱です・・[#IMAGE|S15#]




にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ


84冊目:The Suspicions of Mr.Whicher: or The Murder at Road Hill House

d0170448_20215323.jpg
Book No.84

Title: The Suspicions of Mr.Whicher: or The Murder at Road Hill House

Author: Kate Summerscale
Pubilshed: 2008
Pages: 384p



事実は小説よりも、何倍も奥深く興味深い・・・。イギリスの田舎町で実際に起きた悲しく忌まわしい事件の全容なのですが、下手な推理小説よりもずっとずっと面白い!そしてやっぱり秋はミステリーですな〜。

マープルが登場しそうな事件ですが、時代はクリスティさえまだ生まれていない中期ヴィクトリア朝のお話。そして実話。事件当時、人々はにわか推理探偵化し犯人当てに燃え、人気作家のチャールズ・ディケンズまでしゃしゃり出てあれこれ推理し始める熱狂ぶりだったようです(・∀・)

This is the story of a murder committed in an English country house in 1860, perhaps the most disturbing murder of its time. The search for the killer threatened the career of one of the first and greatest detectives, inspired a 'detective-fever' throughout England, and set the course of detective fiction.

さて事件はこうです。1860年6月29日金曜日の朝、3歳のまだ幼いSaville Kent君が、ベビーベッドから消えていました。そして喉をかっ切られるという、無惨な姿で発見されたのです。厳重な戸締まりの形跡から、内部、つまり身内の犯行であることがほぼ確定されました。

d0170448_20391364.jpg
Kent家は、数人のハウスメイドと雇い人を抱えた、まあそれなりの家で、屋敷はRoad Hill Houseと呼ばれています。主人であるSamuel Kent氏は59歳(写真↑)、工場の監査官です。
殺されたSaville君は、二番目の奥さんMary Kent(40歳)の子供です。二番目の奥さんとの間には、他に娘が二人います。

最初の奥さんMary Ann Windusは、子供を10人産みましたが、そのうち成人したのは4人です。娘が三人、息子が一人です(Mary Ann, Elizabeth, Constance, William)。最初の奥さんは精神的に病んでいて、すっきりしない死に方をしています。町の噂では、二番目の奥さんとKent氏は、最初の奥さんの生存中から、浮気していたということです。

さて、この事件にかり出されたのが、当代きっての名刑事、スコットランドヤードのJonathan Whicherです。数々の成功に裏付けされた絶対の自信で、犯人を即座に推測し、自供させてしまう凄腕です。そして彼は、最初の妻の子供で、まだ16歳のConstanceに目をつけます。疑惑は彼女のナイトドレスから。まったくクリスティを読んでるようです。しかし物事はそう簡単には進まない。何せDNA鑑定も、指紋調査すらない時代です。そしてWhicherが現場に駆けつけたのは、事件発生から2週間も経っていて、これは致命的でした。

そうこうしているうちに、地元の警察はメイドのElizabeth Goughへと目を向け、作家ディケンズは、Samuel Kent氏とメイドとの浮気説を持ち出す有り様。犯人が確定出来ぬまま、事件は迷宮入り・・・。当代きっての名刑事は、自信と名声を失い、運にも見放され、この事件の少し後にリタイアしてしまいます。

しかし数年後、意外な告白で事実が明るみに出るのです。そして犯人の、事件後も含めた長く数奇な人生に、私は深く感銘を受けてしまいました。。

作者Kate Summerscaleの、徹底的したリサーチがこの本の読みどころです。当時の報道、ニュース記事、噂などを湛然にみっちり書き込んでいます。時々脱線したかのように思えるトリビアネタも多いのですが、それがむしろ当時の雰囲気やら思想を上手く伝えています。読ませます。数々の写真と押絵が何とも言えないダークさを醸し出しています。

事件の起こった時代背景ですが、産業革命後、経済的にも文化的にも最盛期を迎えるイギリスのヴィクトリア朝期(1837-1901年)ですが、貴族階級の華やかなイメージが取り上げられる一方で、労働者階級の人々は、貧困に苦しみ、非人間的な労働を強いられた暗黒の時代でもあります。有名な切り裂きジャックが、ロンドンのイーストエンドで貧しい娼婦を次々と切り裂いたのもこの時代(1888年)です。

文学的な出来事は、
1841年、エドガー・アラン・ポー(米)が、史上初の推理小説「モルグ街の殺人」を発行。イギリスでも同時期ディケンズなどが推理小説を書いており、この時代を皮切りに推理/犯罪ものがどんどん出版されます。シャーロックホームズは1887年に登場です。また1859年、チャールズ・ダーウィン(英)の「種の起原」が出版。キリスト教文化に衝撃を与えました。

また本のサブ題ですが2通りあります。
オリジナルUK版は、The Suspicions of Mr Whicher: or the Murder at Road Hill House
USA版は 、The Suspicions of Mr. Whicher: A Shocking Murder and the Undoing of a Great Victorian Detectiveです。


現在洋書レビューだけをまとめたブログを作成中。100冊目に行く前に、本をジャンル別に分けたくて。

さてさてようやく週末です(o・ω・o)。今週は夫の仕事のお手伝いで忙しくて長かった~・・・


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村



小さめのかぼちゃで作るハロウィンのランタン


ハロウィンのランタンを作りました。
用意したのは、メロン大のこぶりなかぼちゃです


上のヘタの周りをナイフで切り取り、中の種をスプーンでかき出します。

底から種を取る方法もあるみたいですが、上を蓋にした方が、ろうそくの火も出せるので、特に小ぶりなかぼちゃの場合はよろしいかと。



かぼちゃは柔らかいので、簡単に目や口などくり抜けるんですよ。
中にろうそくを入れ、蓋を戻して完成です。30分ほどで完成です。

暗くなったら、火をつけてみましょう(・ω・)v

いひひ~




にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ



いちごのケーキを焼きました



スポンジが美味しく焼けましたo(^-^)o
いちごのお誕生日ケーキです。

でもイチゴの配置で、いつも悩みます。
お誕生日プレートを乗せちゃうと特に。





街はすっかり秋景色。あたたかいオレンジ。

枯れ葉カサカサ。



にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ




年末に引っ越し?

ここ数日いろいろ面倒な手続きに追われております。まだ1~2週間はこの不安定な状態が続くと思うのですが、それでも一応、次回の移動日の目星がついてきました。

どうやら年末になりそう・・(´・ω・) 

大晦日の引っ越しは3年前にも経験しているのですが、ただでさえ忙しい時期だからちょっと憂鬱かも。まあ仕方ありませんけどね。願わくば12月上旬に移動出来ればと思っています。

それにしてもお引っ越し。去年も3回、今年も3回で疲れたー。今年の初めは大阪にいたしね。先の予定が立たないので部屋の契約が出来ないのが最大の理由です。ぷぷ

それはそうと、Twitterのフォロワーさんがいつの間にか500人を超えていました。くだらないつぶやきですがよろしくお願いします(それとフォロー返し希望の方は、ツイートで何か残して下さいね。普段はあまり気がつかないので・・)


こぶり




にほんブログ村 本ブログ 洋書へ


83冊目:Ordeal by Innocence

d0170448_18463439.jpg

以前もどこかで書きましたが、私この世で何が一番怖いって、幽霊よりも地震よりも「冤罪」なんですよね。他人が犯した罪を一生かけて補うほど、理不尽なことって..この小説の中の男、母親殺しの罪で有罪となり、処刑されるのですが、なんと2年後 彼のアリバイを証言する人物が現れるのです。。


Book No.83
 
Title: Ordeal by Innocence
Author: Agatha Christie
Published: 1958
Pages: 288

クリスティ4冊目です。もともとあまり読んでこなかったミステリーですが、クリスティはどんどんいきたいです。特にこれからのシーズン、ココアを飲みながらカウチでまったりと~。こちらも Top 10 Books の一冊で、" Crooked House"同様、作者がとても気に入ってる作品だそうです。

Dr.Calgaryは、Argyle一家の元に、あるニュースを持ってやってきます。それはなんと、遅ればせながらも、2年前母親を殺した罪で処刑された息子さん、Jackoのアリバイを証言出来るというものでした。もちろん「そりゃあんた・・遅すぎるだろう・・」な話なんですが、Dr.Calgaryはずっと海外に出ていて事件を知らず、せめてJackoの名誉挽回になれば[#IMAGE|S66#]と名乗りでたわけです。

家族の反応は、Dr.Calgaryが想像していたものとはかけ離れたものでした。喜ぶどころか、みんなあからさまな「大迷惑っぷり」。だって、「Jackoじゃないなら、一体誰がお母さんを殺したのよ?」となるからです。Jackoは明らかに一家の問題児だったし、これはもう終わった事件、蒸し返さないでよ!と。

殺されたRachelには、Jackoの他に、Mary、Micky、Hester、Tinaの子供がいて、彼らは実は全員養子です。Rachelは慈善家気取りのところがあり、貧しい家の子供達を半ば強引に引き取っては教育を与えてきたのです。クリスティお得意の金持ちの傲慢な愛ですねー。

親から引き離されたことで恨みを持ってた人もいます。Rachelの代わりに、子供の世話をしてきたのはお手伝いのKirstyで、彼女は子供達を不憫に思っています。そして夫のLeoは、Rachelとは冷めた関係だったらしく、彼女の死後は、秘書だったGwendaと再婚します。そしてこの他に、Jackoの日陰の妻や、Heaterの婚約者なども登場します。

こちらの小説も名探偵は登場せず、Dr.Calgaryが事件解決に挑みます。そして捜査が進む中、おなじみ第二の事件が起こります。誰かが知りすぎてしまったようです。

ラストはちょっと「えええ・・」という感じで面食らってしまいました。そっちですか!みたいな。ちなみにクリスティ68歳の作品です。

*1. 原作とはちょっと違いがあるのですが、Youtubeで、”Ordeal by Innocence”のテレビドラマ版が見られます。なんと!マープルがむりくり登場します![#IMAGE|S63#]

*2 メモ

Top 10 Books

And then there were none
Murder on the Orient Express
Thirteen Problems
Endless Night
The Moving Finger
Ordeal by innocence
Crooked House
Towards Zero
A Murder is Announced
The Murder of Roger Ackroyd




にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ


82冊目:The Piano Teacher

d0170448_2063076.jpg 発売間もなかった頃は、このカバーとタイトルだけで目立っていたような。
このうなじは絶対気になるだろう・・

Book No.82

Title: The Piano Teacher: Novel
Author: Janice Y. K.Lee
pages:352pgs
published: 2009



香港とイギリスと日本が交差した、歴史小説であり、愛のお話であり。。

Sometimes the end of the love affair is only the beginning....

まず最初の物語の舞台は1952年。28歳のClaire Pendletonは夫の仕事でイギリスから香港へとやって来ます。Claireは香港に始めは魅了されますが、そもそも夫のことを愛していないのでやり過ごしてる感があります。そんなある日、あるお金持ちの中国人の娘に、ピアノを教えることになります。

その中国人の家で、運転手として働いていたのがWill Truesdaleです。彼は10年前に香港にやって来たイギリス人で、ハンサムで世捨て人風でミステリアス。ClaireとWillは、同じ雇われ人として出会い、恋に落ちます。人妻の浮気ですね(・∀・)!けれどすぐにClaireは、Willの心が今にないことに気付きます。

舞台は変わって1941年暮れ。香港に来たばかりの若いWIllは、Trudyという美しく軽やかな社交界の華と出会います。二人はすぐ惹かれ合いますが、けれど時は、香港が一時的に日本占領下に置かれようとしているまさに激動の時代。ホテル ザ・ペニンシュラは「東亜ホテル」に改名され、日本軍の基地となり、Willの暮らしも、Trudyの生活も大きく変わって行きます。

Trudyは日本の有力者の間でも上手く渡り歩いて食料や安全を確保したり、したたかに、けれどたくましくこの時代を生きています。この小説の中でも、誰よりも生き生きとして魅力があり、個人的に一番好きなキャラ。彼女の柔軟さは見事だし爽快でかっこいい(一方でピアノ・ティーチャーのClaireは魅力が今一つなのよね・・いろいろ興味深い問題は抱えているんだけど・・)。

日本占領下のイギリス植民地時代の香港。揺れ動く時代と国と国の間で翻弄される美しい街香港。そしてそこに居合わせた人々が織りなす物語。舞台そのものだけ取ってもドラマがあるし、一方でClaireとWillnの不倫の関係も気になる所です。けれどこの小説の核にあるのは、やはり戦争と、それによって打ち砕かれた人々なのではないでしょうか。それが静かなトーンをこの小説全体に落としているように思いました。


作者インタビュー
http://www.youtube.com/watch?v=nUD2-UMMZIk




にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ


掃除と英語とダイエット

を、がんばろうと思います。

この3つだけは、お金がなくても出来て、基本は自分のやる気と継続だけの世界ですしね (`・ω・´)。


夫の新しい仕事のことなどあって、またまた数ヶ月先が読めない状態です。シチュエーションごとに心配し始めるからキリがない。こういう時は自分の出来ることで前向きになれることに集中しないと潰れる(過去の経験)






[続きを読む]