夏日の週末とシーフードデート

もう週中ですか。今週はなんだか忙しい・・

大きめのプロジェクトを終えたばかりで夫の帰宅が毎日早い・・




週末ですが、初夏を通り越して夏でした!
ロブスターとか、シーフードを食べてきましたよ。




テラス席の白いテーブルクロスって良いですよね?
ホテルのブランチみたいだから、ちょっとした旅行気分に浸れる~






午後はゆっくりマーケットを散歩したり、







リンゴを買って、公園でデザート代わりに食べたりしましたよ



そんな週末でした。って、もうすぐ次の週末じゃないですか[#IMAGE|S63#]


ブログ村。↓カテに参加中です

にほんブログ村 主婦日記ブログ お気楽主婦へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生活空間へ

春のお菓子







イベントで頂たよ[#IMAGE|S56#]。

カラフルなマカロンは、最近はイースターのパーティーにもよく登場しますね。

花を眺めながら、渋~い緑茶で頂きました。





ブログ村。↓カテに参加中です

にほんブログ村 主婦日記ブログ お気楽主婦へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生活空間へ





98冊目: Tales from the Secret Annex

516GYJKRTHL.jpg
Book No.98


Title: Tales from the Secret Annex


Author: Anne Frank
Collection of her short stories, fables, and lesser-known writings.
Tales from the Annex





アンネの日記でおなじみの、アン・フランクが書き綴ったエッセイ、短編などを集めたコレクションです。

ちょうど一年前、オランダにあるアンネの隠れ家を訪れた時に購入した本で、やっと読みました。

彼女が書いたフィクションということで、とても興味深く読みました。彼女は、生きていたら素晴らしい作家になっていたことでしょうね。もちろん「アンネの日記」ほどの大ベストセラーは出なかったかもしれませんが。

とても短い小説がいくつもあります。プラモデルのパーツのように、全体のほんの一部のような作品も多いです。私が関心したのは、アンの観察眼と、些細な事柄や身近な出来事から、人間の本質に迫ろうとするその書き方です。これは間違いなく良い作家である証拠です。特に自分と同じ年頃の少女が登場する物語はとても良く書けています。

アンネの隠れ家を訪れた時にもヒシヒシと感じたことなのですが、アンは決して日記を毎日綴るだけのおとなしい文学少女ではありません。もっと情熱的に、もっとガツガツと、物書きを目指していた少女です。彼女の書いたものを読んでいると「可哀想な悲劇の少女」という一般的なイメージは消え失せます。そして私はこちらの生き生きとしたアンがとても好きです。

アンは、趣味で文章を書いて終わらせる気も、またただの主婦、ただの母親で終わる人生も、まっぴらごめんだとハッキリ自覚しています。自分が死んだ後も作品を通して名が残る、「職業作家」になることが自分の目指すものであることをちゃんとわかっている本当に利発な少女でした。

こちらは日記の方からの引用ですが、

But I want to achieve more than that. I can’t imagine living like Mother, Mrs. van Daan and all the women who go about their work and are then forgotten. I need to have something besides a husband and children to devote myself to! I want to be useful or bring enjoyment to all people, even those I’ve never met. I want to go on living even after my death!

そしてこちらも。
When I write I can shake off all my cares. My sorrow disappears, my spirits are revived! But, and that’s a big question, will I ever be able to write something great, will I ever become a journalist or a writer?


それでは良い週末を~



洋書ブログのランキングに参加中。
いつも遊びに来てくれてありがとうございます☆
にほんブログ村 本ブログ 洋書へ にほんブログ村 英語ブログ やり直し英語へ




古本屋にて

大豊作でした。

ちょっと前にも書きましたが、古本屋さんには読みたい本なんて大抵出ないんだけど、何度か足を運んでいるうちに、ふとこんな大豊作の日が。

大抵は良く晴れた日曜日の翌日。つまり月曜日。晴れの休日に持ち込む人がたぶん多いのでしょう。

今回の本は全部気になっていたもの(頭の中にリストは100冊くらいあるのですが)なので、店の中で小躍りしちゃいました。うち2冊は過去に読んでいるけど、忘れてしまっているのでもう一度(こういう贅沢も古本ならでは)。

新刊で買うと全部で90ドル。それが今回は全部で 6ドルです(1冊1ドル)。まあこんな当たりは滅多に無いのですが。

まあ今直ぐ全部読むわけではないけど、洋書だと1冊につき1週間は楽しめるし、なんとも安上がりな趣味じゃないですか 、読書ってやつは。



ブログ村。↓カテに参加中です

にほんブログ村 主婦日記ブログ お気楽主婦へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生活空間へ




自分の人生で一番古い記憶




私の場合、自分の人生で一番古い記憶寝台列車の中です。

私は引越しばかりしていますが(40になる前に、既に引越し回数25回)、何と人生一番最初の記憶も移動中とは。


当時、寝台車の中で寝るのが嬉しくて、興奮して鼻血まで出したのでよく覚えているんです(というか、やはり移動することが好きなんですね・・・)。

私の母は、寝台列車なんか乗ったあ~?と全然覚えていません。でも姉の方がしっかり覚えていて、祖母が亡くなった後、夜行寝台列車で母の地元に帰ったことが判明。

それで母もいろいろ記憶がよみがえり、さかのぼって計算すると、なんと当時私は2歳になったかならないか。私もこれにはびっくり。
自分では一番古い記憶は、幼稚園の最初のお弁当だとばかり思っていたので。




幼稚園の思い出よりも、寝台列車での記憶の方が鮮明だったので、これはもっとずっと後の記憶だと、思い込んでいたんですね。それが2歳とは。

見知らぬ場所で、しかも変わった場所で眠ることがすごく楽しかったんですよー。三つ子の魂なんとやら。

みなさんの一番古い記憶は、さて何でしょうか?

旦那さまの一番古い記憶を聞くのも面白いかも。


精神分析や深層心理では、人生の一番古い記憶はその後の人生に多大な影響を与えていると言われたりしますよね。

私の場合はバッチリ当たっているようです。








春ピクルス



おはようございます☆

外気温が10度くらいだとセントラルヒーティングを切られてしまうので、かえって寒い春・・
先月の方が寒かったけど、暖房がガンガン効いてて部屋はポカポカだったのに。


ピクルス。

春らしくカラフルなレインボーペッパーを使いましたよ。

ピクルスは簡単に、残り野菜で即席で作れるのがいいです。

ホワイトビネガー
砂糖

ローリエ
赤唐辛子
ディル
レインボーペッパー

&残り野菜


ブログ村。↓カテに参加中です
にほんブログ村 主婦日記ブログ お気楽主婦へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生活空間へ





春でとまれ、時間

よく晴れた春の休日。
この時期どこをどう歩いても、花に見とれてしまいます。





ピンク×白×水色の組み合わせが、たまらなく好きなので、桜の木の下で、
空を見上げると、心臓がバクバク喜びます。春に感謝。花に感謝。




日が沈む前に、テラスに場所を移してビール。




春の完璧な気候にありがとう。お花も綺麗に咲いてくれてありがとう。
夫の笑顔にありがとう。衰えない食欲にもついでにありがとう。

毎日100回「ありがとう」をつぶやくと、人生が驚くほど変わると聞きますが、出来れば心のこもった「ありがとう」を何度も何度もつぶやけるといいな~。






ブログ村。↓カテに参加中です

にほんブログ村 主婦日記ブログ お気楽主婦へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生活空間へ

週末ロンドン

先月の終わり。

相方が仕事でロンドンだったので私も一緒に。


少し時間を置くと、街並の可愛らしさにあらためて感動。

ちょっと長めの旅行をして、戻って来たような感じでした。

基本的にはまったりカフェで過ごし、あと今回は珍しく買い物とかしてましたよ。

そうそうチョコレートかけてくれるんだった。


キャス。雨靴とか、布ものをいろいろ買いこんだ。

こちらは「ノッティングヒルの恋人」でおなじみのトラベルブック専門店。
実物も本当に旅行本の専門店でかわいらしいんですよ。


パスタが美味しくで何度も通ったお店。再び。




さて今週も、もう終わり。
早いな~1週間。みなさまも良い週末を?


にほんブログ村 主婦日記ブログ お気楽主婦へ

97冊目: Magic Hour

n150614.jpg

Book No.97

Title: Magic Hour

Author: Kristin Hannah

Publication Date: 2006 Feb.

Pages: 432 pp


It was Magic Hour, the moment in time when every leaf and blade of grass seemed separate, when sunlight burnished by the rain and softened by the coming night, gave the world an impossibly beautiful glow.

 
まず"Magic Hour"という言葉ですが、日没後(または日の出前)の、太陽が地平線に隠れ、でも光は届いている時間帯のことを指すそうです。直接太陽光が当たらないので物には影が出きず、そして柔らかい光の照明が、絶妙な美しさをもたらすので名付けられた、有名なフォトグラフィー用語(a.k.a.Golden Hour)みたいです。私は初耳です。小説の中では、雨が急に降り止み柔らかな光が差し込む瞬間や、突然訪れた秋の日差しなど、季節や天気が急激に変わる時に感じる世界の美しさ、またそのような精神の状態を表しているようです。

Dr. Julia Catesは、精神科医として成功している30代半ばの女性。けれど患者の一人がショッキングな事件を起こし、ゴシップ紙やパパラッチの餌食となり、クライアントもキャリアも全て失ってしまう。
そんな時、地元で警察官として働いている姉Ellieから頼まれ、発見・保護された6歳の少女の治療を始めることになる。

この少女は森で生活していたらしく、言葉もしゃべれず、理解も出来ず、人間というよりは、動物のような言動を取る。一体全体、6歳になる今まで、どんな生活を送っていたのか。また誰と生活していたのか。

Juliaの献身的なケアのおかげで、少女はだんだんと心を開き、言葉を理解し、少ないながらも単語も口にするようになる。スキャンダルで傷ついていたJuliaも、少女のおかげで生きる意味を再び見いだす。少女をずっと保護し続けようと心に決めた直後、ある人の出現で全てがまた混沌へ。そして衝撃の過去が明るみになります。そして少女の親権、裁判と話は進みます・・・




面白かったです。そして終わりの方は何度も涙目になっていました。いつものことながら、この作家の本は読みやすく、メロドラマ性が高いので、一瞬で読み終わってしまいます。ただ少し、特に前半から中盤なのですが、メインが固まらないうちに、話がいろいろ飛ぶ感じがして気になりました。それとちょっと展開がソープオペラっぽいです。

d0170448_23572312.jpg

ところでつい先日なのですが、作家Kristin Hannahさんのブックイベントに参加しました。

その時この"Magic Hour"の話も出ました。この本は特に、先生をしている女性に人気があるそうですよ。



イベントの話が面白かったので少しだけ。作家活動ってちょっと気になりますよね。

Kristine Hannahさん(年のうち5ヶ月はハワイで暮らす。旦那さんと成人した息子さんが一人)の場合なのですが、大体1冊の本にかける期間は12~14ヶ月。2ヶ月はリサーチ、その後5~6ヶ月くらいかけてファーストドラフト。この時点では800ページ以上あるらしいので、これを半分にするため、編集を兼ねてもう5~6ヶ月かけるらしいです。


ユーモアがあり、率直でフレンドリーで素敵な女性でした。トークが下手な作家も多い中、そこはさすが多作な彼女。読者とのやり取りも慣れた感じで、とてもリラックスしたひと時でした。肝心の最新作は、また近いうちに読みたいと思います。



洋書ブログのランキングに参加中。
いつも遊びに来てくれてありがとうございます☆
にほんブログ村 本ブログ 洋書へ にほんブログ村 英語ブログ やり直し英語へ

春の嵐と偏頭痛

先日の夏日。
テラス席でも暑いくらいでした。

そして再び冬の寒さが来たり、春の嵐だったり。

気候の変化のせいか、最近頭痛に悩まされてます。急に強い日差しを浴びたりするせいかもしれません。

私偏頭痛持ちなのですよ。

吐き気を伴うズキンズキンとした激痛で、ちょっとあれなんですが本当に吐いちゃうんです。頭を下げると更に痛みが増すというのに。

ゾクゾク寒気もするし、痛いし、気持ち悪いし、本当拷問です。偏頭痛持ちの人って、どれくらいいますかね?辛いですよねー。





偏頭痛は、薬なんて飲んでも、あまり効きません。

一番は寝ること。30分でも熟睡出来れば、それが一番効く。なので眠れない外出先で、偏頭痛が起きると、本当に死にます。

私はヤバそうな日は←こんな感じの冷却シートを持ち歩きます。薬よりかは効きますよ(おでこにこれを貼って街を歩いている人、自分以外で見たことないけど・・)。

もちろんこれは一時しのぎ。
どんな時でも速攻で帰って眠ていますが!(・∀・)




ブログ村。↓カテに参加中です

にほんブログ村 主婦日記ブログ お気楽主婦へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生活空間へ








カレンダー

03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

koburii

Author:koburii
HN:こぶり
*国内外問わず、夫の仕事の関係で引越しばかりしている40代の主婦(子供なし)です。最近は海外ばかりでいい加減日本に帰りたいです。
*すぐ引っ越すので知り合いが出来にくい/単独行動/インドア派、と引きこもり要素たっぷりではありすが、前向きに楽しみを見つけながら暮らしていければと思っています。
*読書や映画の感想を時々書いてます。

カテゴリ

月別アーカイブ

Copyright © koburii