過ぎ去りしdays
散歩・本・映画・おやつ

プロフィール

koburii

Author:koburii
HN:こぶり
国内外問わず、夫の仕事の関係で引越しばかりしている40代の主婦。



カテゴリ



月別アーカイブ



141冊目: Interpreter of Maladies

50d3a3b3221bf23a9dd7816006488eb2d4b660cb.jpg

Book No.141

Title: Interpreter of Maladies
Author: Jhumpa Lahiri
Publication date:1999
pages: 198pp

Jhumpa Lahiriのデビュー作。デビュー作でしかも200ページ足らずの短編集ですが、彼女はこれでこの年の賞を総なめし、若干33歳でピューリツアー賞を受賞。読もう読もうと思っていた1冊ですが、表紙をめくった後は、一気読み。短編集はあまり好きじゃなかったはずなのですが・・・。

While the astronauts, heroes forever, spent mere hours on the moon, I have remained in this new world for nearly thirty years. I know that my achievement is quite ordinary. I am not the only man to seek his fortune far from home, and certainly I am not the first. Still, there are times I am bewildered by each mile I have traveled, each meal I have eaten, each person I have known, each room in which I have slept. As ordinary as it all appears, there are times when it is beyond my imagination. --- "The Third and Final Continent"


短編9編からなるこちらの小説。インド系アメリカ人(イギリス人?英国生まれ、アメリカ育ちらしいです)の作者ならではの、アメリカで生活するインド人カップルの話が主です。舞台はボストン、ケンブリッジ辺りが多く、アカデミックな香りが漂います。視点が細やかで、小さな心の動きと、そこから生じる大きな変化を描くのがとても上手い。話の流れがスムーズで、ストーリーの運び方も上手く引き込まれますね。

気に入ったものをいくつか。

・「Interpreter of Maladies」

表題作でもあるこちらの短編。インドで観光ガイドをしている主人公は、アメリカ育ちのインド人夫婦の案内をします。週末は観光ガイド、平日は病院で患者さんの通訳をしている彼ですが(多言語のインドらしいですね)、そのことになぜか深く関心を寄せて来る奥さんに、彼も悪い気はせず、だんだん妄想も膨らみますが・・。
純粋な中年のインド人男性と、アメリカ育ちの若い女性と。読者ですら「ないない」と分かるシチュエーション。ある程度予感させる結末ですが、それにしても・・せつない(苦笑)。

・「A Temporary Matter」

電気工事が始まり、毎晩一定の時間停電になるというお知らせが入る。子供のいない若い夫婦は、このところすれ違い気味。これを機会に、停電の間、毎晩、お互いまだ告げていなかった秘密を一つずつ話すことにします・・・。これはちょっと怖い。何が出て来るのか、ヒヤヒヤしながら読みました。そしてやっぱり来ました妻の告白。しかしそれを上回る旦那の告白。旦那さんの視点で描かれていますが、妻側バージョンもぜひ読みたい!って気分になりますよ。

・「A Real Durwan」/「The Treatment of Bibi Haldar」

アメリカが舞台となっているお話が多い中、こちら2編はインドが舞台。インドが舞台だと、ガラっと印象が変わり興味深い。まず、登場人物の生活ランクがかなり貧しくなりますね。その一方で、全体的に生き生きとしているし、ご近所、お隣さんとの絆がぐんと深まる。孤立し、冷めた感じの話が多いアメリカ生活バージョンから、熱々で息苦しいほどの共同体インド生活。
しかし、とりあげているのは、どちらもその共同体からはみ出た独身女性なので、アメリカバージョンと同じように孤独感はつきまといます。もう若くはない独身女性の扱われ方は、そのまま国の資質を表します。前者はせつないラストですが、後者はインドの良い部分が描かれてほのぼのします。

・「Mrs. Sen's」

こちらはそのアメリカ舞台とインド舞台、中間のようなお話。登場する女性は、旦那さんの仕事でアメリカにやってきたけれど、インドでの生活が恋しくてだんだん病んでいきます。鮮度のいい魚を探しまわり、車の運転を拒否したり。アメリカで生活したことがある方なら、これだけで奥さんの頑固さを見て取れるでしょう。
でも気持ちもすごく分かります。地元のみんなには、アメリカでいい暮らしをしてると思われてるけど、実際はこんなにひどいと嘆くところとか。この奥さんは子守りのバイトをするのですが、その少年の視点で描かれています。たわいもない主婦の鬱々した感情ですが、それを見守る少年に何かを残します。

・「The Third and Final Continent」

母国からイギリス、そしてアメリカのボストンに仕事を得てやって来たインド人青年と、下宿屋の、世紀を生き抜いた老婦人のお話。何もかも勝手が違う新大陸、そこに母国で縁談が決まったお嫁さんがやってきます。
アメリカという新転地と、インド式の風習、月に人類が到着した年、一世代前の女性、コーンフレークとインドカレー。
二つの時代、二つの文化、二つの大陸の混ざり合いが、興味深く、ユニークな視点で描かれています。おすすめの作品です。

この他、若夫婦のすれ違いを描いた「This Blessed House」、不倫をしている若い女性の視点で書いた「Sexy」も、若い作家ならではで、とても面白い。

とにかくこの本の何が凄いって、外れが無い。どれもこれも数ページでそれほど時間もかかりませんし、短編集が好きな方も、そうでない方にもおすすめです。


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ にほんブログ村 主婦日記ブログ お気楽主婦へ




和書「旅行者の朝食」米原万里

51VFZ19W6GL.jpg

ロシア語同時通訳の第一人者でもあり、エッセイストでもあり、作家でもあった米原万里さんのエッセイ集。残念ながら、2006年に56歳の若さでお亡くなりなってしまったそうですが、youtubeで拝見しても、ユーモアがあってエネルギッシュで素敵な方ですね。

「旅行者の朝食」。ただただタイトルに惹かれて買ってしまったのですが、これが面白くて面白くて大正解。旅行のエッセイなら、列車の旅に読むのに丁度いいかなと思ったのですが、旅行記じゃないし(笑)。それでも一人旅のお供に最高の1冊でした。

何のエッセイかと言うと、「食」です。世の中には「食べるために生きる人間」と「生きるために食べる人間」の2種類いると言い、米原さんは完全に前者だそうです。まことに食に関する執念がすごい。幼少時代をプラハで過ごし、世界各国に友人がいる彼女。思い出話にはどれもこれも、これでもかと食が絡んできます。

ロシアのキャビアやウォトカの話、ハイジの小さい頃から憧れだったヤギの乳の話、おむすびの話、シベリアの鮨、どれもこれも世界を渡り歩いている著者ならではの貴重なお話で、その上に最高に可笑しくて、しかも真剣に読んでると一杯食わされるというオチ付き。やられます。さてさて本の題でもある旅行者の朝食とは一体なんだと思いますか?

国際会議でエリツィンやゴルバチョフなど、ロシア主要人物の通訳もされていた米原さん。彼らの性格も彼らの食に関する姿勢で見事言い表しています。滅多に聞けないようなレアな話と、おふざけ話が絶妙に混ざり合い、ユーモアたっぷり、雑学たっぷりの一冊です。

それにしても、絶品ハルヴァ!食べてみたい!不味いハルヴァなら食べたことあるんだけどな~。絶品ハルヴァは材料ではなく、その調理過程で決まるそうです。これから私もハルヴァを探す長い旅が始まってしまうのでしょうか・・・




にほんブログ村 本ブログ 洋書へ にほんブログ村 主婦日記ブログ お気楽主婦へ



140冊目: Dinner at the Homesick Restaurant

dinneromesickrestaurant.jpg

旅から戻りました。列車の旅、しかも一人旅ということで、もっと優雅に本も読めるかと思っていたのですが、一人だとあれこれ調べものがあったり準備したり、とてもじゃないけど本どころじゃなかった。やはり旅は夫と二人が一番楽でいいわ。
とりあえず、半分読み終わってたAnne Tylerと、あとエッセイ1冊と、和書1冊だけ読んだので、順次感想を。

Book No.140

Title: Dinner at the Homesick Restaurant
Author: Anne Tyler
Publication date: 1982
Pages: 303pp

最近19作目の新作が出たばかり(The Beginner's Goodbye )のAnne Tylerですが、こちらのDinner at the Homesick Restaurantは、1982年の彼女の9作目にあたる本です。ちょうど立て続けに代表作を書き上げた、乗りに乗っている時期の作品ですね。Anne Tylerはもっと読もう。

□以前のAnne Tylerの読書感想

・63冊目: Digging to America
・104冊目: A Patchwork Planet

"Ezra's going to have him a place where people come just like to a family dinner," Josiah said. "He'll cook them one thing special each day and dish it out on their plates and everything will be solid and wholesome, really homelike."

この作品は、Anne Tyler自身も一番気に入っている作品だそうで、インタビューでも、他の全ての作品が消え去って一冊だけ自分の作品を残せるとしたら、迷うことなくこの1冊を選ぶと言い切っています。それだけ自信作でもありようです。

Anne Tylerは様々な「家族」を描き続けている作家ですが、それにしてもアメリカにおける「家族」とは何なのでしょう。ステップマザー、ステップファザー、異母異父きょうだい、時には文化や肌の色、生まれた国まで違う人々が「家族」という名のもと寄り集まって生活する。間違いなく日本人のように、家族=血、ではないわけです。そしてアメリカ人は生涯平均引っ越し回数が12~14回ともいわれます。家族=故郷や土地でもないわけです。ではなんなんのでしょう。まあそこを描くのがAnne Tylerなのですが。小説に登場するのは、おなじみの問題を抱えた家族で、舞台もいつものボルチモア。

主人公のPearl Tullは、3人の子供がいる主婦です。夫は出張の多いセールスマンですが、ある時から家に帰って来なくなります。Pearlはスーパーのレジ係をしながら一人で子供3人を育て上げていきます。このPearlと3人の子供たちの、35年間が描かれています。

見知らぬ土地で、夫を失い、子供3人を育て上げる。Pearl は友人も作らず、関心は子供だけです。このような状態で、一家は共同体から孤立しています。取り立てて問題視するほどの孤立ではないので、誰も気にとめない類いの孤立です。そして疎外感はこの本の重大なテーマの一つであり、アメリカという国が抱えているテーマでもあります。Pearl自身、常に疎外感を身につけて歩いているような感じです。離婚も移動も当たり前のアメリカでは、このような家庭もたくさん存在するでしょう。

子供たちは、ワイルドで成功者タイプの長男のCody、独立独歩タイプの長女Jenny、そしてPearlのお気に入りでもある、優しい末息子のEzraです。Ezraはのちにレストランを運営します。そしてここで、ことあるごとに「家族」の象徴であるディナーを、みんなでテーブルを囲んで食べようとします。けれど毎回毎回衝突が起き、みんなで夕食を終えることが出来ません。お祝いの、サンクスギビングの食事こそが、彼らにとって唯一「家族」を表すものなのですが、それがどうやっても、成功しない。噛み合ない。みんなが努力するにも関わらず、です。

悲劇でもなく、喜劇というわけでもなく、またハッピーエンディングでもありません。広大なアメリカの工業都市で生きる弱小単位の家族の姿と、疎外感と、うまくはいかなくても絆を求め続けずにはいられない人々の姿を、丁重に、リアルに描いた本です。読み終わった後も、ずっと長く心に留まる作品の一つだと思います。


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ にほんブログ村 主婦日記ブログ お気楽主婦へ






夜景の素敵なレストラン

000001.jpg

先日行ったレストラン。
ニューヨークらしい景色を見ながら食事をしたい方にはベストな場所
じゃないかと思ったので載せときます。
場所はブルックリン橋のすぐ真下(ブルックリン側)にあるThe River Cafe
000002.jpg

000003b.jpg 000003_20120513104412.jpg
自由の女神も小さく見えました。
窓際の二人席は数に限りがあるので、予約して早めに到着した方が。

000007b.jpg
陽が沈むと良い感じになってきます。
やはり夜景が綺麗なのでディナーがお薦め。

000004.jpg 000005.jpg
シャンペン。アミューズ。前菜。

000006.jpg 000007.jpg
ロブスター。ラム。
ラムは柔らかくてジューシーでとっても美味しかった。

0000010.jpg 000009.jpg
デザート。

0000011.jpg
ちょっとしたお庭もありました。

ウォール街が目の前に迫るので、食事をしながらNY観光してるようですよ。
料金は、前菜とメインで一人100ドル(固定)。
これにシャンパン、ワイン、デザートとコーヒーで、
二人で300ドルちょい(+チップ18~20%)。

最近夫の仕事の人たちとも、ディナーでブルックリンに行く機会が多いのですが、
マンハッタンよりいい感じのお店が多いような気がします。
もっと昼間も探索してみよう。


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ にほんブログ村 主婦日記ブログ お気楽主婦へ


50年目のボーイズ

Aruba, Jamaica, ooh I wanna take ya, to Bermuda, Bahama, come on pretty mamma, Key Largo, Montego, baby why don't we go down to Kokomo we'll get there fast and then we'll take it slow that's where we wanna go… way down in Kokomo……♪
行ってきました。ビーチボーイズ、デビュー50周年だそうです。素晴らしい。
CIMG6801.jpg

基本的にメンバーとか誰も知りませんが、歌はほとんど知っていましたよ!さすが大御所。そして出し惜しみせず文字通りヒット曲全部歌ってくれます。
特にラスト、Surfin' USA~KoKomo~Good Vibrations~Fun Fun Funで大変盛り上がりました。いやあたいしたものだ。みなさん70歳ですよっ!

CIMG6815.jpg

バックメンバーが若い子たちで元気に応戦しているし、昔と比べてさほど遜色なかった。時々床に置いたタンバリンを拾い上げるのですが、その動作だけはみょ~にゆっくりで、それだけ気になったけど笑、でもすごいわ。
CIMG6813.jpg
でもってこれワールドツアーなんですね。すごいスケジュールですよ。日本は8月ですね。間違いなく最後の機会だと思うので笑、行って損はないかなと。しかし、去年のポールのコンサートといい、ド、ド、ドリフのメンバーといい、今の70歳は完全に新人類ですよ。マジ尊敬します。

628x471.jpg
あと司会がフルハウスのジョン・ステイモスだった。

お客さんは若い子から70、80代までそれはもういろいろ。
日本も、サザンとかず~っとず~っと末永く、コンサートとかして欲しい。隣の席の老人夫婦なんて、ノリノリで踊りまくってたもん。私もおばあちゃんになってもコンサート行きたいよ~。

それではCocktails&Dreamsでお楽しみ下さい。


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ にほんブログ村 主婦日記ブログ お気楽主婦へ





[美]小雨混じりの水曜日はやっぱり

CIMG6825.jpg小雨混じりの五月の水曜の朝ほど、

散歩に適した時はないかもしれない。

雨が降るとうざったいけど、小雨が時々ぱらつく程度ならほとんど濡れない。

雨の後は空気が澄んでいて景色が2割増で綺麗。

そして朝は、人が、少ない。

時々サワサワ揺れる緑葉と鳥の声だけ。

暑くもない。寒くもない。日焼けする心配もない。

至福。


CIMG6827.jpg CIMG6839.jpg
ロンドンでもよくこんな中途半端な天気ほど、
こぞって近所のリージェンツパークを散歩したものです。
もっとシトシト雨だったけれども。

そして雨の水曜日ということで、お決まりの美術館へ。
今日まで割引デーだったので、目をつけていたIlluminated bookを購入。

アートのクラスが終わり、ガクンと行く機会は減りましたが、
それでもちょびちょび地味に増えているMETの入場缶バッジです。

CIMG6877.jpg CIMG6878.jpg
何十種類もあると言われてるカラーバッジだけど、本当にそんなにあるのかなあ?
結構同じ色が被りますが私。
写真右はブルーからパープルにかけてのグラデーション。並べると微妙な色の差はわかりますね。

CIMG6625.jpg CIMG6638.jpg


来週は遅めのGW?でやっと旅に出れそうだ



にほんブログ村 本ブログ 洋書へ にほんブログ村 主婦日記ブログ お気楽主婦へ


散歩もなんとかやっとこさ再開

CIMG6648.jpg CIMG6607.jpg CIMG6650.jpg
CIMG6873.jpg CIMG6859.jpg


今日からまた、朝の公園の散歩を1時間に戻した。

1時間くらい歩くと、やはり気分が全然違う。セントラルパークは避暑地のように緑が多いから、夏は夏で最高に気持ちいいのだ。もちろん一番良いのは10月下旬〜11月上旬の秋の紅葉時期だけど、冬も、春も、夏も、それぞれに良さがあって本当大好き。

ところでいろんな動物がいるセントラルパーク。一年前に引っ越して来て、ほぼ毎朝散歩してきたが、アライグマは一度しか見かけたことがない。

これは3月頃の撮影↓。木の上でぐっすりお休み中だった。(拡大します)
CIMG6506.jpg

リスとかはわかるけど、これくらいの大きさの動物が普通に生息出来るって、やっぱり凄いな。

体調はまだあまり回復していないし、一応安静なんだけど、もういいやって。
気持ちが塞ぐのが一番体に悪い。気温も季節も最高なのに。

昨日ちらっと書いた友人の一人と、ぱったり連絡が取れなくなっている。
共通の友人たちも誰も知らなくて、みんなで心配している。大丈夫だろうか。
ただ誰とも話したくない時ってあるからね。そうだと本当にいいのだけれど。


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ にほんブログ村 主婦日記ブログ お気楽主婦へ



塞ぎっぱなしの2週間

ここ2週間ほど、ずっと気分が塞いでいます。

とある理由で体調も悪く、散歩もままならないほど。30分も歩くと痛みが走るので、普段1~2時間の散歩が日課となっている私にはかなり辛い日々です。それにしても毎日の散歩がこれほど私にとって精神安定剤になっていたなんて!人間何気ないことに対しては、すぐ感謝を忘れてしまうんですね。

そして友人たちから、あまり喜ばしくない報告が続き、これが思っている以上に胸にズシンときた。

私と同じように40代に突入し、結婚10年以上経つ友人たちなのですが、ここ数年、相次いで離婚の知らせが届く。そして最近、昔からの古い友人の一人が離婚。旦那さんとも仲がいいので、かなりショックです。
仕事をしている子なので、経済的には大丈夫だと思うのですが、それでもげっそりやせ細り、生気がなくなってしまって本当に心配。離婚の理由も旦那さんの浮気とか、借金とか、そんなんじゃないんですよ。もう単純にすれ違いがどんどん大きくなって、気がつくと修復不可能でって、そんな感じみたいです。

そして別の友人は、アジアの某国、かなり辺鄙な場所にある、山奥に引っ越すことに。本人の希望ではないし、賑やか大好き、パーティーガール?なので、本当に心配。私も以前、陸の孤島と呼ばれる田舎に住んだことがあり、私なんて基本本さえあればいい女ですが、それでも最後の方は精神的にかなりマズイ状態になったのでね・・。なんだか彼女のことを思うたび、心配とフラッシュバックが同時に襲ってきて、胃がたまらなくキリキリします。

引越しが延期になり、これまたどっと疲れてしまい、なんだかもう明らかにキャパ越え。

まあ今は体調的にも引越しどころじゃないので、結果的に良かったんですけどね。

とにかく元気出していこう、体だけはお互い気をつけようと、もうそればっかりみんなで言い合っています。でも本当、塞いでる場合じゃないですわ。元気だすぞ。



にほんブログ村 本ブログ 洋書へ にほんブログ村 主婦日記ブログ お気楽主婦へ




和書 「猫を抱いて象と泳ぐ」小川洋子

img_130.jpg

猫を抱いて象と泳ぐ

小川洋子


「慌てるな、坊や」男は言った。

それは以降、男が少年に向かって幾度となく繰り返すことになる台詞だった。慌てるな、坊や。その言葉と声のトーンは、生涯を通して少年の警句となり灯台となり支柱となる運命にあった。


時々読んでて涙が滲んでくるのですが、一体自分が何に涙しているのかさえよくわからない。

一番感動したのは、みんな誰かに対して全力で心配しているんだけど、何かアドバイスするとか、手助けするとかじゃなく、本当ひたすら心配するだけ、見守るだけってところ。こういう優しさって実は一番難しい。普段私も、心配という名の元、押し付けがましくあれこれ口を挟んでいるような気がする。

幸せや価値観なんて人それぞれ。
よく言われる台詞ではありますが、言葉だけでは何の意味も持たないですよね。
小川洋子さんの本には、そんな台詞は出て来ないけれど、読んだ後自然にそう思えるのがすごい。本来小説の意義もそれなんだろうなあ。前回読んだ「博士の愛した数式」も良かったけれど、個人的には今回の小説の方が好きかも。

唇に産毛の生えた主人公の少年は、親を亡くし、弟と一緒に祖父母の元で育てられる。ある時、ひょんなことから訪れたバス会社の独身寮で、雑用係をしているマスターに出会う。マスターはとても太っていて、廃車となったバスで生活していて、そしてチェスの名人だった。最強ではなく最善の、相手を打ち負かすためではなく、チェスの素晴らしさを分かち合うためにプレイする。それがマスターのチェスのやり方だった。この出会いの日から少年は、生涯を通して広く美しいチェスの世界を旅することになる。

チェスなんて私もルールも何もわかりませんが、それと関係なく楽しめます。何かを極める、一流と呼ばれる人たちはみな、それがチェスでも、音楽でも、野球でも、料理でも、サーフィンでも、小説を書くのでも、たぶん同じなのでしょう。

それにしても、登場人物たちももちろんなんだけど、この本に出て来る猫も、象も、人形も、鳩も、鈴までも、みな遠慮深く、図々しさが欠片もない。
狭いチェス盤の下でしかチェスが指せない少年、同じくチェス盤の下の猫、動かない回送バスの中で窮屈に暮らすマスター、壁の隙間に挟まったままのミイラ、屋上から降りられなくなった象、リアルミイラの肩から一歩も動かない鳩。登場人物たちは、みな自分に与えられたごくごく狭い場所で、文句も言わず生きています。

個人的には何かを求める、欲しがることが悪いことだとは私は思わないけれど、こういう不満を持たない生き方というのは、実は素晴らしいと同時に賢いのだろうなあと思います。そして本来日本人はみな、この謙虚さと賢さを持った民族なのだろうな、と。

ところで私、なぜかこのタイトル、「象を抱いて猫と泳ぐ」と記憶していました。象を抱くってあなた・・・。

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ にほんブログ村 主婦日記ブログ お気楽主婦へ


139冊目: The Astonishing Power of Emotions: Let Your Feelings Be Your Guide

210430349_2104034468f1db883fa9cfd43fcdba4cb2ccf5dea81263c18.jpg

Title: The Astonishing Power of Emotions: Let Your Feelings Be Your Guide

Author: Esher Hics

Pages: 256

The Law of Attraction simply and accurately reflects back to you in a myriad of ways is happening to you is a perfect Vibrational Match to the current vibration of your Being-and the emotions that are present within you indicate that vibrational state of Being.


こちらの本は、"The Law of Attraction"(「 引き寄せの法則」)の、いわば実践ガイドのようなものみたいです(日本語タイトルではそのままずばり、「実践引き寄せの法則」となっています)。

私、実はThe Law of Attraction読んでません。先に実践編から入ります(本家本は、やたら"Abraham"とか出て来るからちょっと入りにくいんですよ)。The Law of Attractionのざっくりした知識は、
「自分の気分や感情と、同じ波動のものが引き寄せられる」ので、「まず気分よくなるよう心がける」こと。「意志の力で思考と行動をコントロールするのではなく、気分や感情に気を配る」みたいな内容だという印象が。

実践ガイドですが、読んでいる間は興奮します。なるほどの連続。こういう状況ではこう考える、この状況ではこうと、トラブルの例が山ほど出てくるのですが、すべて新聞の人生相談に登場するような万国共通ネタ。あなたの悩みもきっと見つかります!みたいな。

例えば、
I Cannot Lose Weight(痩せられません)

I'm Not Happy at Work(仕事がつまらない)

I Have Never Had Enough Money(いつもお金がありません)

I Cannot Find a Mate(運命の人に出会えません)

I am Getting Divorced and I Feel Lost(離婚することになり、この先どうしていいのか分かりません)

My Mother Has Been Diagnosed with Alzhimer's Disease(母がアルツハイマーと診断されました)

I Do Not Have the Time or Money to Care for My Parents, and I Feel Guilty
(お金も時間もなく、両親を助けてあげられず、罪悪感でいっぱいです)
などなど。

これらの問題に対し、こう考えてしまうのも分かりますが、それでは解決しません。こういう風に考えれば流れに乗れ、幸せになれます、みたいな具体的な手引書。参考になります。出来れば時代を反映して、「鬱で何もやる気が起きません」とか、「兄が10年引きこもって部屋から出てきません」みたいなのも盛り込んで欲しかったですが、まあ一通りの例文を読めば、この答えも自力で出せるってことでしょうか。

さて、出だしに「読んでいる間は」とあえて付け加えたのですが、一方で本から離れると、またちょっと難しく感じることもあります。

いわゆる惨めな現状(お金がない、仕事が嫌、太っている、恋人がいない、将来が不安など)に縛られないように、出来る限り気持ちが楽になる考えを探すというのは分かるけど、これがさてどの程度可能なのか。

理論としてはわかるけれど、実際、毎日職場でネチネチいじめられながら、または明日の支払いに頭を抱えながら、一体どれくらい「お気楽な」感情を維持できるのか。本の中でも、毎日通勤で渋滞に巻き込まれ塞いでる人がいて、考え方として「他のドライバー達を眺め、とあるパーティーに参加して見知らぬ出席者を見てるようなものだと思う」みたいなのがあったりして、そりゃ無理だろう(苦笑)、みたいな。

嫌なことを考えないとは、それはある意味忘れることだし、忘れるということは、その状況をある意味受け入れるということだ。作者もこう言う。

You have to feel good now, no matter what the conditions are, or the conditions cannot improve. You must make peace, so to speak, with where you are to allow yourself to move to a place you would rather be.


つまり、幸せになるためには、(どんな状況にいようが)どうであれまず幸せにならなければならないということだ。不幸な人は、何を努力しても、どう足掻いても絶対幸せにはなれないわけですね。

作者はまた、「人はみな、嫌な状況を受け入れるということは、その状態を長く続かせるのではないかと心配するが、そんなことはない。どんな状況でも、平和を見いだせれば、そこから必ず幸せになる」という。

しかし、その嫌な状況を、下心抜きに本気で受け入れるということは、究極的にはやはり、その不幸な状況もまた良しと思えることじゃないのかしら。無理矢理その嫌な状況を「受け止めた振り」をしても意味ないはずですし。そして良しと思えるなら、そこに留まってもいいってことじゃないかしら。「いいならいいじゃん」ってやはりならないの?そもそもupstream(上流)に向かうなってさ、要は上を見るなってことじゃ・・・。この辺の線引きが微妙にわからなくて、何度も繰り返し読んだ章もある(まだ分からない)。まあ完全に受け止めなくても、とりあえず気持ちの妥協点を探し、そこに固執しないようにすることが目的みたいですが・・。

まあ確かに、現状否定からは状況が改善しないというのはその通りだと思う。自分はダメだから痩せなきゃとか、勉強しなきゃとか、仕事探さなきゃで、人間やる気は出ないしモチベにもならない。

よし。これ、ダイエット実践してみます。とりあえず、痩せてから買おうと思っていた春夏の服を、痩せる前に買うことにします(今の体型に合わせて)。痩せようとするより、今の状態でおしゃれを楽しむことにする。さて効果あるのかどうか。こうご期待!



にほんブログ村 本ブログ 洋書へ にほんブログ村 主婦日記ブログ お気楽主婦へ