MV5BMTYwNTQ2NDQ3NF5BMl5BanBnXkFtZTcwNTc1NTAwMQ@@._V1._SY317_CR5,0,214,317_ MV5BMTU2MTMzNTMyM15BMl5BanBnXkFtZTcwOTMyMTY2Mw@@._V1._SY317_CR0,0,214,317_


Cosmopolis(2012)のトレイラーからYoutubeでデイビット・クローネンバーグ監督辺りをウロウロしていたのですが、なんとNaked Lunch(1991)で捕まってしまい、久しぶりにDVDでイチから見る羽目に。

ついでだからロブ・エプステイン監督の"Howl"(2010)も見ました。

これであとアメリカで年末公開予定のウォルター・サレス監督 "On the Road"(2012)を見れば、ビート・ジェネレーション三部作終わり(違います)。

Howlのアレン・ギンズバーグ、Naked Lunchのウィリアム・バロウ、On the Road のジャック・ケルアック。ビートジェネレーション3兄弟。どの映画も彼らの代表作の名前をそのままタイトルとして使ってますが、映画はその作者のバイオグラフィーと作品を掛け合わせたような仕上がりです。

ビートジェネレーション。アウトロー、アルコール、ドラッグ、ホモセクシュアル、バイセクシュアル、放浪生活、オリエンタル志向などなど、単語はいくらでもあるけれど、これといって実体がつかめない。その前のロストジェネレーションや、ジャズエイジがインパクトありすぎ(ネーミング上手すぎ)だからか、一般の人々が参加するムーブメントにまで結びつかなかったからか、イマイチ影が薄いような。でも後世への影響力は大きいですよね。

60年代ヒッピーの前衛で、50年代ニューヨークで生まれたビート・ジェネレーション。
長かった大恐慌不況も終わり、成長期に入ったアメリカ。繁栄や成長の名の下に、個人を型にはめようとする時代的圧力を敏感に感じ取り、誰よりも早く表現したのが彼らビートジェネレーショングループだった、みたいなイメージなのですが。彼らの作品は、次世代の若者ヒッピーたちの愛読書となっていきます。

*Naked Lunch (1991)

邦題「裸のランチ」/デイビット・クローネンバーグ監督

巨匠デイビット・クローネンバーグ担当なので、三部作(違います)の中では一番有名な作品かと。

ウィリアム・バロウは作品的には3人の中で一番微妙な気もしないでもないけれど(あ読んでません)、キャラ的には一番強烈です。リアルで奥さんをウィリアムテルごっこで殺しちゃうとか、もうギャグかと。

ドラッグ依存で、薬の力でどんどん自分の内なる世界(インターゾーン)に入っていくので、現実と幻想とが入り乱れます。アルコールとかドラッグ依存性の作家やアーティストって結構いますけど、ちょっとその世界って覗いてみたいじゃないですか。こんな感じっぽいですよね。



虫うじゃうじゃ出てきます。はっきり言って気持ち悪いです。目をそらすほどではないけれど、はたして私はこの映画を見なきゃいけないものなのだろうかと何度か自問する程度には気持ち悪い。いや、でもやはり面白いな。タイプライターやら巨大ゴキブリやら脳みそやらぐちゃぐちゃに混ざってさらに奥へ奥へといらっしゃ〜い。シュールさに見入られ、あっという間に見終わっていた。



*Howl(2010)
監督 ロブ・エプステイン

詩人アレン・ギンズバーグ役がジェイムス・フランコ。どうなのだろうジェイムス・フランコって。正しい配役なのかこれ。この人のぐにゃぐにゃうにゃうにゃ感で本当に本当にいいのか。
Howlという詩集は、わいせつと言うことでその出版をめぐって実際逮捕者が出、裁判で争われたらしいのですが、その裁判とインタビューを混ぜ合わせた感じのドキュメンタリータッチで仕上がっています。



このさい年末には"On the Road"(2012)もぜひ観ようかと。
それにしても三部作(くどいけど違います)では一番キャスティングが派手ですね。



にほんブログ村 本ブログ 洋書へ にほんブログ村 主婦日記ブログ お気楽主婦へ



through-the-wormhole.jpg


モーガンフリーマンのサイエンス・ドキュメンタリーシリーズ
「Through the Wormhole」

シーズン3が終了してしまいましたが、その分再放送でガンガン流してくれる水曜と日曜に一気見出来るから嬉しい。

インターネットでも、番組丸々じゃないけれど、すべてダイジェスト版で見られるので、気がつくとずっと見てたりします。これ本当に面白いのよ〜。

子供でも楽しめるように出来ているから、テンポもいいし、夢もあるし、驚き満載だし、楽しいなあ。DVDマジ欲しい。たぶん買う。Netflixで借りればいいんだけど、こちらはもうドラマ系で予定がいっぱいいっぱいで。

シーズン2に好きなプログラム多かったのだけど、その中の一話、”Does Time Really Exist?”の、日本語吹き替え版「時間とは何か?」がYoutubeに。

時間とは何か?


やっぱり日本語で聞いた方がよくわかって面白いわ。もっとないかしら。


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ にほんブログ村 主婦日記ブログ お気楽主婦へ
なんだかここ数日また暑い日が続いてうんざりですよ。
早く秋来てー。ついでに冬は来ないでー。
地味なのに時間にうるさい雑用に追われるし、風邪引くし、どんよりな1週間でした。

MV5BMTU4NTMyNTQ3OF5BMl5BanBnXkFtZTcwMjMzNzI5NQ@@._V1._SY317_CR0,0,214,317_



Higher Ground(2011)/監督 Vera Farmiga

"Orphan"や"Up in the Air"のヴェラ・ファーミガが、初監督した作品です。

好きな女優さんなんです。大人の女性らしい優しい雰囲気がなんともいえない。彼女がつくる映画ってどんなのかしら?と思っていましたが、意外や意外。宗教ときました。一人の女性のスピリチュアル・ジャーニーです。

若い頃の、まっすぐな宗教への憧れに近い目覚め。結婚、出産、奇跡。コミュニティでのジーザスに倣いて的暮らし(たぶんエヴァンゲリカル・クリスチャン)が始まるも、年とともに増す人間のエゴや感情、そして親友の病気を通して生まれる迷いと戸惑い。そして最終的に宗教から離れるまで。

重そうなテーマではありますが、さらっとユーモア交えて自然体の女性で描いています。

宗教に限らず、スピリチュアルな何か(風水とかオーラとか何とかの法則とかも含めて)、またはそこに浸れる人たちに憧れる気持ちはわかるなあ。信仰ってある意味才能だとも言われたりもしますが、要は素直かどうかだと思うんですよね。素直な人間ほど、すっと受け入れられて、反抗しないから感謝も出来て、好循環が生まれて何だか幸せそうだし。
信じたいのに信じられない、そんな気持ちはすごく共感できます。

ところでヴェラの若い頃を演じた少女。あまりにもヴェラそっくりで驚いたのですが、なんと年の離れた妹さんだそうです。顔だけじゃなくて、雰囲気とかラインまで似るのはやはり姉妹ならでは、ですね。



にほんブログ村 本ブログ 洋書へ にほんブログ村 主婦日記ブログ お気楽主婦へ

ダイエット 1ヶ月目

目標:秋までに5kg減らす

*前回の測定から −0.7kg

【Total...−2.7kg】



さてさて1ヶ月経った結果です。
最初の一ヶ月でマイナス3キロ!の目標には届きませんでしたが、
まあまあ許容範囲です。

次の1ヶ月で、もう1キロ落とします。そしてその次の1ヶ月でもう1キロ。
10月終わりくらいまでに5キロ落とす。トレンチコートをすっきり着こなす。頑張るぞ。

が。

なんとなく最近、朝夕は完全に「秋!」って感じなんですよね。
風もひんやり気持ちよかったり、半袖では寒い。

今年は去年より少し早く、秋、そして冬が訪れるかもしれない。

んで痩せた頃にはコートで体隠すことになってたりして。はは・・・は・

朝と夕食後に、セントラルパークを40分くらいウォーキング。
これは寒くなるまで続けます。
食事は腹8分目を心がけていますが、あまり量を減らすとリバウンドが怖いので・・

街路樹も青々って感じではなくなりましたね。写真じゃわかりにくいかな。
CIMG7795.jpg


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ にほんブログ村 主婦日記ブログ お気楽主婦へ
ちょっと前なんですが、
The Dukes of Septemberのコンサートに行ってきました。Official Site
CIMG7813.jpg

CIMG7819.jpg

The Dukes of Septemberは、スティーリー・ダンのドナルド・フェイゲン、ボズ・スキャッグス、マイケル・マクドナルドによって結成されたコラボレイティブなバンドです。

スティーリーダンは単独のコンサートに前回行ったので、今回は特にボズ・スキャッグス目当てで。

CIMG7817.jpg

ボズ・スキャッグスは押し付けがましくない流れるようなメロディーラインで、大人な感じがしますよね。ムードがあって素敵。出来ればボズ・スキャッグスの単独コンサートが見たいなあ。

ボズスキャッグスとかスティーリーダンって、昔夫とドライブデート中よく聞いたんですよ。私が二十歳くらいの時なんで、20年も前の話ですが。いやあ懐かしいわい。

" Miss Sun"も聞けた 。これ超〜かっこよかった〜♡





にほんブログ村 本ブログ 洋書へ にほんブログ村 主婦日記ブログ お気楽主婦へ

昨日の試合、観に行った方いますか?うらやましいなあ。
イチローホームラン2本!ですよ。
ヤンキースファンはレッドソックス戦では特に燃えるので、ここで活躍出来たことは大きいですよ〜。
黒田も素晴らしい12勝目!本当凄い。安定感があるから落ち着いてみてられるし。

今年は4回も観に行ったヤンキーススタジアム。イチローがトレードされてから行ったのは1回だけ。
特にイチローファンではないのですが、もう1回くらい行きたいかな。

ビール飲みに。


CIMG7825.jpg

定番のビールと唐揚げ。これで太る。
CIMG7835.jpg

31番のイチロー。
CIMG7850.jpg CIMG7833.jpg
でもオリックス時代もマリナーズ戦も、私はイチローの試合はほとんど見ていないのですよ。なので別に違和感なかった。


反対にこちらはもう死ぬほどの違和感だった。
CIMG7700.jpg
戦力外通告を出される前、5月頃のレイズ戦での松井選手。
松井は絶対『55』じゃなきゃ。左右対称の5の安定感が「松井」って感じなんだよなあ。
それにしても、どうするんだろう松井。日本に帰ってプレーするとも思えないんだけど、今年こうなっちゃうと、来年アメリカでオファーがある可能性はほとんど無し。。38歳。もうこのまま引退するのかなあ。寂しいなあ。。

まあイチローも来年どうでしょうね。イチローは計画的に、カッコよい引き際を見せてくれるような気がするので、それはそれで興味深いです。



にほんブログ村 本ブログ 洋書へ にほんブログ村 主婦日記ブログ お気楽主婦へ



ダイエット 28日目

目標:秋までに5kg減らす

*前回の測定から +0.7kg

【Total...−2.0kg】



週末は外食が続くのできっちり増えてしまった。
朝からしっかり食べちゃうしなー。お腹空いてないのに。
今晩食べた焼き肉の分も、明日の朝しっかり加わりそう。

何とか週末対策立てないと、平日に落として週末に戻す、を繰り返しそう。

明日からまた一からの気持ちで頑張ります。

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ にほんブログ村 主婦日記ブログ お気楽主婦へ


6a00d83451592269e20168eb98ade7970c-800wi.jpg

Book No.146
Title:A Year of Writing Dangerously
Author: Barbara Abercrombie
Publication date: Jun12, 2012
Pages:408pp


夏期限定のライティングのワークショップが先日終了しました。このクラスは、私のブログでちょくちょく登場する韓国人の知人スーちゃんに引っ張られて参加しました。クリエイティブライティングのクラスですし、私のように、最近やっと英語中級レベルになった?みたいな感じの者向けの教室ではないのですが、提出物等もマンダトリーじゃないということなので、形だけ参加しました。でも楽しかったです。
クラスで紹介されたをいくつか読んだので、気が向いたら他の本の感想も書きますが、とりあえずはこの1冊だけご紹介。


書くことは楽しい。
それが日記でもブログでも小説でも随筆でもジャーナルでもレビューでも。パブリックでもプライベートでも、商売でも趣味でも、とにかく何かを書くことは楽しい。

こちらの本は、そんな書くことに魅了された人々へ向けたコラムが365本おさまった本で、ブログでも何でも書くのが楽しい〜と思う方におすすめですが、特に何かまとまったものを書いてるような人にいいかも。1年間、モチベを提供し続け、鼓舞してあげようじゃないのという主旨の本です。一つ一つのエッセイは短いのですぐ読み終えてしまうんですけどね。

Why dangerously?
Because there's always a sense of risk when you write- fear that maybe someone will deny your version of things. or that they'll get mad and disown you, or that maybe you'll make a fool of yourself and expose too much or too little.Writing your own truth, eve under the veils and masks of fiction, will always feel dangerous..

いろいろな作家の逸話やトリビアネタがほとんどですので、単純に本が好きな人なら誰でも興味深いと思います。

例えば、私も読みましたが、あの超ベストセラー「THE HELP」。作者Kathryn Stockettは、原稿を何度も何度も出版社に拒否され、それでもめげずに書き直します。けれど40回目には「こんな本を出版するところなんてどこにもないよ」と突き放され、泣き崩れます。それでもやっぱり諦めず、60回の拒否、5年の歳月を経て、本は出版されました。

アフリカン・アメリカンでミズーリ生まれの有名な詩人Maya Angelou。彼女がまだ詩人でも何でもない頃の話。まだ小さい子供を抱え、育児ノイローゼのようになっていたMayaは、自分の気が狂ってしまうのではないかと恐れ、精神科医のドアを叩きます。そこで彼女の前に現れたドクターを一目見て、「一体この、白人の、迷うことなく成功の道を歩んで来た若者に、黒人女である私の何がわかるというの」と絶望し、回れ右して帰ります。そして医者に診てもらうかわりに、彼女はただひたすら、彼女の世界をノートに書き始めます。詩人の誕生です。

そしてアメリカを代表する作家の一人Philip Roth。元妻であるClaire Bloomは、作家と静かな郊外で暮らす生活はどんな感じかと聞かれ、こうこたえます。
" We don't go anywhere! We don't do anything! We don't see anyone! "

巻末には52週間分の、ライティング課題がおまけでついています。面白いのもあれば、結構くだらないのもありますけどね。

クラスも終了したので、また少しずつ本を読み始めます〜。読みたい本があれこれ積読状態です。

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ にほんブログ村 主婦日記ブログ お気楽主婦へ


ダイエット 23日目

目標:秋までに5kg減らす

*前回からの測定 -0.5kg

【Total...−2.7kg】



食後すぐ動くダイエット法の他、ダイエット初日から、一応食べたものは全て記録している。カロリー計算などはかなり大雑把です。

夜は普通にデザートまで食べるので、朝と昼を控えめにするしかないんだけど、そのため夕方たまに暴食衝動が起きて困る。
これまでのところ12日目と18日目に来た。

12日目は、また野球を観に行っていたのだけれど、軽く夕食を食べた後に、ビールと一緒に、気がついたらあれこれ食べていた。フライドチキンとか、ホットドックとか、ビールもすごい飲んだ。ビール飲みいってるようなもんだし、私。

18日目は、夕方家に戻った途端急にお腹が空いて、何か食べたら絶対食べ過ぎるだろうなって分っていたのだけれど、どーしても食欲を押さえることが出来ず。
で、とりあえずまずマンゴーとかスイカとか果物を食べて、それでもやっぱり炭水化物を取らないと落ち着かないので、えーと何食べてるんだ私。あ、チーズデニッシュと、アーモンドと、チートス半袋くらい食べてるw。
この2時間後に普通に夕食を食べた。

暴食衝動があって食べ過ぎた翌日はかならず1キロくらい増えるんだけど、特に何もしなくても翌々日か、遅くてもその次の日までには元の流れに戻ってくれる。だからそれほど気にしなくていいようなんだけれど。。
もちろん「たまに」でおさまれば、ですよ!

それにしても、今日は本当に黒田凄かった〜な〜☆

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ にほんブログ村 主婦日記ブログ お気楽主婦へ

ダイエット 21日目

目標:秋までに5kg減らす

*今朝の測定 -0.3kg
【Total...−2.2kg】




5キロ、秋までにって話なんですけど。

計画では、最も痩せやすい最初のひと月でマイナス3キロ。7月23日スタートなので、今月末までにあと1kg弱落とせれば御の字。

ホメオスタシスがスイッチオンする2ヶ月目からはひと月マイナス1キロくらいの目標。9月23日までにマイナス1キロ、10月23日までに、もうマイナス1キロ。

てな感じで、10月末くらいまでに、合計マイナス5キロを目指す計画です。

計画通りに行かないのがダイエットです。重々承知しています。

でも本当に本当に、スッキリした体でトレンチコート来たいのよ〜。


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ にほんブログ村 主婦日記ブログ お気楽主婦へ