empty.jpg
Title:Empty Mansions: The Mysterious Life of Huguette Clark and the Spending of a Great American Fortune
Authors: Paul Clark Newell, Jr., Bill Dedman
Published: September 10, 2013
ISBN-13: 978-0345534521
Hardcover: 496 pages

非常に興味深い内容で、リサーチも十分で読ませる本なのですが、読後に、わたしは何でこれを読んだのだろうみたいな気持ちにならなくもない。

ノンフィクションです。ジャーナリストである著者が家を探しているうちに、誰も住んでいない数々の豪邸の存在を知ります。西はカリフォルニアから東はコネティカットまで。持ち主はマンハッタンの超高級コンドもいくつも抱えていたわけですが、そちらにも誰も住んでいなかった。
数々の空っぽな(でも維持管理は莫大な費用をかけてきちんと行われている)豪邸の持ち主の名Huguette Clark 。2011年に何百億という遺産を残して104歳で亡くなった独り身のおばあちゃんです。
square feet
(お借り画像)
2014051153117.jpg
(5thアベニューのこちらの写真は先日遊びに行った時撮ってきました)

さてHuguette Clarkおばあちゃんとは何者なのか。なぜ空っぽの豪邸をいくつも所有したままなのか。なぜそんな金持ちなのか。
一言で言えばWilliam Andrews Clarkの娘で、彼の遺産を相続したからです。
で、William Andrews Clarkとは何者か。

1800年代後半のアメリカ。ゴールドラッシュ〜独立戦争と激動の時代に上手く乗り、農家の少年から商人、鉄道、銅の採掘、銀行、政治家となり莫大な財産を築いた人です。

カーネギーやJPモルガン、ロックフェラーと同年代で、当時は彼らと同等もしくはそれ以上の財産を持っていた人です。当時でニューヨークで一番の豪邸を建てます(これは彼の死後誰も維持出来なくて壊されてしまいます)。しかしカーネギーやロックフェラーやJPモルガンと比べると、まったく後世に知られていないし、尊敬もされていません。彼は社交家ではあったのですが、文化的な施設への寄付や大学やホールを建てるなどしなかったし、ビジネスの後継者を育てることもなかった。そのくせ無理矢理政治家になろうとしたことが致命的だったようです。ただの金の亡者で権力欲の塊ととられたようです。

そして財産を受け継いだ娘、Huguette Clarkは、本当にまったく何もしなかった人です。Huguette Clarkのお母さんであるAnnaは、William Andrews Clarkの二番目の妻で40歳も歳が離れていたんですね。娘か孫ほどの奥さんで、社交も嫌いだった人らしく、娘たちと家にいることを好んだようです。William Andrews Clarkは既に高齢ですので、残された母と娘は、有り余る財産に半ば途方に暮れながら、まったくと言っていいほど、何もしてません。贅沢には暮らしています。周りの友人知人身の回りの雇い人にも気前よくお金を配る人なんですが、気持ちばかりの寄付を除き、これといった社会的活動は一切していない。

Huguette Clarkは母親が亡くなってからも、一人で80歳くらいまではニューヨークのマンションで暮らしています。でも一度エマージェンシーで病院に担がれてから、そのまま病室に居残ることを選び、104歳まで20年暮らします。

カリフォルニアやコネティカットの豪邸も、セントラルパークを一望する5,000 square feetのマンションの部屋々にも、何の未練も示さず、元気になっても戻ろうとせず、最後の20年暮らし続けたのは小さな普通の景色もない病室。そこからの眺め。
Huguette
ここでお医者さんたちと、「マダムに全てを捧げた」と言い切る専属ナースが側にいる暮らしを、彼女は最後に選んだのですね(彼女はHuguetteから遺言で5億円受け取った)。

彼女の人生は幸せだったのだろうか。恵まれた人生であったことは確かだと思う。大恐慌などもあった時代に桁外れの財産を持ち、欲しい物は何でも手に入れ(日本人形など人形のコレクションには並外れた情熱を持っていたらしい)、嫌なことは何一つしないでよかった。友達もたくさんいたし、可愛がって、かつ慕ってくれる姪っ子や甥っ子もいた。高齢になると24時間自分の世話をしてくれる献身的な人を雇い、不安とも無縁だった。104歳まで長生きし、記憶力も最後まで抜群で痴呆とも無縁。お金もあり、健康で、仲の良い母とずっと一緒に暮らし、苦痛や病気とも無縁の人生だった。

一方で、一度した結婚もすぐ別れて母親に元に戻ってしまうし、人間関係も、生活も、新しく開拓することを極端に嫌った人のようだ。居心地の良い場所から出なくても許された人生だった。誘拐におびえて旅行も外出もあまりしなかった。彼女の人生は、お金だけでなく住まいも友人関係もみんな、彼女の父と母が築いたものが全てで、自分では何一つ開拓しなかった。豪邸、もう誰も住まず、訪れさえしないのに、売ることも手放すこともせず、ただただ親が生きていた時と同じ状態に保っていた。父親の冒険的人生とはなんとも対象的なものだった。

あれだけのお金があって、社交すらもしなかったというのは、別の意味で凄いような気がする(日本の文化に特別な興味を持っていたというのも面白い)。120%自分のペースで生きられた幸運な人だ。
けれどやっぱり、なんとも言えない空虚感が残るのはなぜなんだろう。Emptyな豪邸が、彼女自身を表しているような気がしないでもない。

私は彼女の描く絵が結構好きで、特にこの5thアベニューから見るダウンタウンの灯りがなんとも言えない味がある。残念ながらこの南の窓は、隣に新しく建ったマンションのせいで塞がれて今はありません。
Empty Mansions 201417 159


2014.05.24 幾万の旗
週頭にニューヨークから戻りました。例の病気。途中ですっかり元気になり、病院へは一応行きましたが全然必要なくて。ホテルのプールでがんがん泳いでました。

20145.jpg
さて5月の最終月曜日は、戦争で亡くなった方を追悼するメモリアルデー。
公園の一角もこの旗の数。この週末はどこへ行っても旗、旗、旗ですね。金曜の午後から月曜にかけて旅行に出かける人も多いです。

うちは夫のメインではない方の仕事が忙しそうなのでどこにも行かず事務仕事となりそう。私は久しぶりに読書に没頭しようかな。

201410.jpg

ウィステリアがとても綺麗です。大好きな花なので嬉しい。
近所を散歩しているだけでも最高に気分がいいので、わざわざ遠出する必要もないか。

私が通っていた幼稚園はクラスごとに花の名前がついていたのですが、私のクラスは「藤組」だったのですよ。子供なのに、ヒマワリとかチューリップみたいな子供っぽい花があまり好きではなかった私は(今は大好きなんですが)、自分のクラスが藤の花で凄く嬉しかったことを覚えています。

それではよい週末を

godzilla.jpg


Godzilla/ゴジラ(2014)
監督:ギャレス・エドワーズ
キャスト:アーロン・ジョンソン、渡辺謙、サリー・ホーキンス

一言でいうと見てよかったです。で、これは絶対映画館の大画面で見たい1本。私は3Dで見ましたけど、IMAXならもっと迫力で良かったかも。

なかなか姿を現さないゴジラにじりじりしながらも、待った分、いざ登場すると興奮します。チラリズムもあって見せ方がうまい。サンフランシスコでの提灯越しに浮かび上がるゴジラはもう最高。見上げるような映像効果がすごく良かった。しつこいけどこれはぜひ映画館で!



世界中で根強いファンが多いゴジラなので評価は賛否両論ですけど、人気がありますね。平日でもそこそこの混み具合。私も十分満足しました。実はあまり期待していなかったのですよ。夫も見たがらないので一人で行ったのですが、これは夫を連れてもう一回見に行ってもいいな。

1998年版のハリウッドゴジラに比べると、かなり日本の本家ゴジラをリスペクトした仕上がりだと思います。変な巨大恐竜じゃなくちゃんと「ゴジラ」だったし、ただの暴れん坊ではなく、ヒーロー的な一面もある怪獣(でも正義感ではないから”ヒーロー”ではないのね。むしろそこがいい)。

科学の潜在的な恐怖感や不安を象徴した怪獣たち。ヒロシマ、原発、核開発、放射能と、(特に日本の)ダークサイドをすべて背負ったゴジラが、同じく核の申し子で放射能物質を摂取して生き続ける謎の巨大怪獣(MUTO)と宿命のバトル。放射能とともに存在し続ける怪獣。世界は自らバランスを取る。人間は無力で見守るしかない。"Let Them Fight" 。

主役はもちろんゴジラですので、人間はちっぽけな存在でしかないけれども、家族の絆などに重点が置かれていてよかったです。渡辺謙さんは裏の主役ですね。一人だけきちんと「ゴジラ」と発音。謙さんの秘書役がサリー・ホーキンスで、ちょい役なので勿体ないような気もした。主役の男の子はアンナカレーニナで恋人の役だった人。映画によって全然違うよね、この人。舞台は日本、ハワイ、ラスベガス、サンフランシスコです。
見終わった後、しばらくぼーっとしてしまいます。体験感覚な作品です。おすすめ。

結局2週間くらい体調が悪かった。
週末からまたニューヨークなので、去年までのホームドクターに相談したらちょっと検査をしてくれることになった。おそらく細菌性の風邪かと。乾いた咳が続くので、肺炎菌とかそんなのかな。今日はとても元気だったけど、相変わらず大好きなコーヒーも飲めず。故にカフェにも行かず。カフェで読書派だから本も読まず。

だらだら見たスウェーデン映画3本。元気がないのでうるさい映画が見れなくて、なんとなく気分だったスウェーデン。

let.jpg

Let the Right One In /「ぼくのエリ」 (2008)

ヴァンパイア映画ですけど、ホラーではないです。
なんか切なかった。
孤独で虐められっ子で母と2人で暮らす12歳の少年オスカーが、ある日エリという同年代の少女と知り合うのね。少女は最近越して来たらしい。で、これはすぐわかるし別に本題ではないので言ってしまうけど、このエリって子はヴァンパイアなのです。
彼女のヴァンパイアとしての数奇な暮らしと、いじめに会う少年の毎日が並行して描かれ、それはもう子供には耐えられない孤独で、2人が互いに必要としていることがよくわかるの。2人ともアウトローなのね。
エリは繰り返し、"I'm not a girl"とつぶやくんだけど、それは実は二重の意味があってね。その伏線として、少年のお父さんがなぜ離れて暮らしているかとつながるんだけど、この辺を説明をいれず子供目線だけで描かれるから余計寂しいのかなあ。子供って何の説明も受けずに大人の事情を推し量るじゃないですか。なんかラストも少年の未来をおもうと全然ハッピーエンドじゃないんだけど、モールス信号だけであれだけ幸せそうならもういいのかこれはみたいな。雪で覆われたスウェーデンの寒さと白さと静かさが、真っ赤な熱い血とのコントラストで強調されて、胸にシン・・と雪が積もるようなね。そんな映画です。


alex.jpg

Fanny and Alexander/「ファニーとアレクサンデル」 (1982)

先日興味を持ったスウェーデンのクレイアーティストが、こちらの作品から強くインスピレーションを得たと言っていたので見た。とても有名な作品だけど初見だった。TVなどでちらとも見たことなかった。
巨匠ベルイマン監督。きちんとした形の長編映画としては最後の作品。
ストーリーはシンプルで、家族や父親や信仰など永遠のテーマを子供の立場でじっくり描かれたもの。
最初は淡々とスウェーデンのある家庭のクリスマスの一日と言った感じ。ごちそうが並び、陽気な親戚一同が集まり、楽しいディナーや余興が暖かい光を放っている。けれど華やかで陽気であっても(あればあるほど)、人生にはいつも暗い影がついてまわるもので、子供だってそれを無意識には気付いているのね。その後の父親の死。母の再婚。聖職者で冷血な父。元の家族とは対象的な、明るさも笑いもない石の家。
無条件の愛と保護で包まれた子供時代から、理不尽で一方的なルールで縛られる少年時代へ。人が誰でも持つ大人への依存心と不信感。時に暗闇を進む篝火であり、時に航海を止める錨でもある父親の存在。
最初のクリスマスシーンが個人的には結構好きで、単調ではあるけれど眩しいほど生気溢れて描かれており、監督のよい思い出なのでしょうね。「人生が走馬灯のように駆け巡った」とは言いますが、この映画は子供時代に通過するあれこれの感情や出来事を一つの映画で見せてくれるものです。長い映画ではありますが、見方によっては短いとも言える。


story.jpeg

Kitchen stories/「キッチン・ストーリー」 (2003)

こちらは独特の面白さ。スウェーデン、ノルウェイ合作映画。
スウェーデンの家庭調査組織が、一人で暮らす男性のキッチンでの活動を調査することに。一世帯に一人調査員を送り込むんだけど、調査員はキッチンに高足の椅子を持ち込んで黙々とデータを取るのが仕事。調査員と被験者は、会話もしてはいけないし、交流を持ってもダメ。
しかしキッチンに入るといつも調査員が待機して自分を見張っているなんて鬱陶しい(笑)。
物語の中心となるイザック(被験者)と、調査員のフォルケ。コミュニケーション能力の低そうな2人が、最初は沈黙バトルだけど、だんだん打ち解けあっていって、最後は二人でケーキ食べてかわいいのなんの。
スウェーデンとノルウェイって、ぴったり寄り添って位置しているけど、民族間もモヤモヤが意外とあるんだろうなあと匂わせたり、同時にやっぱり通じるものがいろいろあるのねと思わせたり。
中年〜初老の男やもめの北欧キッチン。じわじわと楽しかった。


信じられん。微熱続きと喉がひどくてほぼ一週間寝てばかりいました。治りが遅い。年のせいか。買い物も含め家事は普通にこなしていたけど、それ以外は何もせずひたすら寝てた。せっかく最高の気温なのに残念で仕方ない。軽い散歩で撮った写真。ああ勿体ない。

DSC01197.jpg DSC01327.jpg

DSC01219.jpg DSC01323_20140511094419552.jpg

DSC01245.jpg DSC01207.jpg

DSC01209.jpg DSC01212.jpg

DSC01318_20140510143003d1a.jpg

食欲もなく体重も落ちた。
主食は梨。山のように買ってもすぐこれだけになってしまう。本当に喉がひどいの。
DSC01303.jpg
中毒のように好きなコーヒーも丸一週間飲んでない。もちろんアルコールなんて想像しただけで気持ち悪い。微熱はとれたのでそろそろ回復しそうな感じではあるけれど、何なのよーこれ。

DSC00858.jpg年初めの頃だったでしょうか。
mfaで特別展示されていたサージェントの水彩画展(John Singer Sargent Watercolors)に行きました。年に数回ある入場料無料の日に行きましたが、もう二度と無料日には行かない!すごい混んでるです。普段(平日)はガラガラでとても快適な美術館だけにショックをうけた。

サージェントと言えば有名な作品は"Portrait of Madame X"です。このマダムXは既婚女性を官能的に描きすぎたと当時サロンで大騒ぎになった作品です。

jss8.jpg
マダムXはニューヨークのMETにあるので私も何度も見ましたが、別におっぱい出してるとか寝そべっているとかそんなんじゃないんですね。

フォーマルなブラックドレスを着て静かにポーズを取っているだけで。でも暗闇に浮かび上がる陶器のような青みがかった肌、うなじ、赤くそまった耳、もじもじした感じ、静かな絵であるにもかかわらず、とても色っぽい絵であることは確かです。

サージェントはもともとヨーロッパ生まれで、ヨーロッパで活動していた画家ですが、両親はアメリカ人(サージェントもアメリカ国籍)ということもあり、特にボストンには何度も訪れてあれこれお仕事されたようです。mfaやパブリックライブラリーの壁画や天井画などもサージェントが手がけています。

そのサージェント作品で充実しているmfaが、新春まで開催していたのが今回の水彩画展で、サージェントは水彩もとても人気があり、その数も油彩を遥かに上回ります。

jss.jpgWashやWet-in-Wetなどシンプルな技法でも、力強さを感じるのはその色使いでしょうか。

ヨーロッパらしい青の美しさが目を奪い、特にベネチアでの一連の作品は素晴らしいです。肖像画とは打って変わって、動きのある、荒々しさもあるベニスの運河は、私が旅行した時の印象ととてもマッチします。ベニスの風景画って静かなものが多いですが、実際は生活のための用水路ですからもっと生き生きと生活感もある。そんな雰囲気をよく捕らえています。


jjss9.jpg

jss3.jpg

サージェントは、mfaの近くにあるもうひとつのこじんまりした Isabella Stewart Gardnerミュージアムにも良い作品が揃っています。この話はまた今度。


2014.05.03 ICA近代美術館
4月の間に用もあったので2度も足を運んだ近代美術館。
ハーバー沿いにあるので天気がいいと気持ち良く散歩まで楽しめる。

DSC01229.jpg DSC01226.jpg

近代美術館はあまり好きではなかったのですが、最近ようやく楽しめるようになった。3月にニューヨークに行った時も、MoMAにほぼ1年ぶりで訪れたのですが、なぜか面白い。
理由の一つですが、近代美術は「高尚な芸術を拝見するもの」ではないと気がついたからかもしれません。参加型。一緒にアートを考える。それだけでいいのだと。
DSC01237.jpg

こちらの美術館でもまさにズバリそれで、参加型のエキシビジョンが定期的に登場します。展示場は4階にあって小規模ですが、その分時間をかけ体感できる作品に出会える。
現在展示中のこちらは
" The Refusal of Time" アーティストWilliam Kentridge。
2年ほど前からアメリカ中の近代美術館で公開されています。

time.jpg

ティックタックと鳴り響く室内には、巨大な時間装置と5つの大型スクリーンが仕掛けられ、" The Refusal of Time"(時間の拒絶)という名の通り、時間にまつわるさまざまな映像が流れる。30分の間、暗闇と音響と映像の効果で、不思議で素敵な空間にトラベル。アーティストが提示するのは、挑戦であり、哲学であり、問いかけです。奇抜な装飾品でもエンターテイメントでも”高尚な作品”でもないのね。
興味のある方は、ここでの展示はもうすぐ終わってしまうので、この土日にどうぞ。

もうひとつ。スウェーデンのクレイ・アーティストNathalie Djurbergの作品。
こちらも不思議な空間で、4つのショート動画アートを鑑賞する仕掛け。
"A World of Glass" アーティスト Nathalie Djurberg / Hans Berg

A World of Glass

4つの作品は、ダークなフェアリーテールです。フェアリーテールってオリジナルはダークなものが多いですけどね。Nathalie Djurbergの作品は、よくお腹を破って中に入ったり入れられたりな赤ずきんちゃん系が多いのね。もともとフェアリーテールの影響はとても受けているようです。
4つのお話
"Don't you know I'm made of butter?" 4:53min.(2011)
"I am a wild animal" 4:43 (2011)
"Monster" 5:01 (2011)
"My Body is a house of glass" 5:01 (2011)

同じアーティストのクレイ・アニメーション動画。
images_20140502114523219.jpeg

Title: The Examined Life: How We Lose and Find Ourselves

Author: Stephen Grosz
Publisher:W. W. Norton & Company
Publication date: May 28, 2013
ISBN-13: 978-0393079548
Format: Hardcover
Pages: 240pages

We are all storytellers—we create stories to make sense of our lives. But it is not enough to tell tales. There must be someone to listen.



作者は四半世紀以上、患者に耳を傾けてきた精神分析医。
ひたすら患者の話を聴き、理解し、受け止め続けた経験豊富な医師による興味深い人間観察です。
難しい言葉は一切使われていないので、とても読みやすく、何より話が面白い。

Experience has taught me that our childhoods leave in us stories – stories we never found a way to voice, because no one around us helped us to find the words. When we cannot find a way of telling our story, our story tells us – we dream these stories, we develop symptoms, or we find ourselves acting in ways we don’t understand. The Examined Life-How we can be possessed by a story that cannot be told



私たちは現実を無視して辻褄を合わせるかのように自分のストーリーを作っていきますが、そのストーリーに収まりきらない現実が、ちょろちょろと顔を出す。時には自分でも理解できない行動となって。
愛娘のために買って来た高価なドレスを、一瞬にしてダメにしてしまった母親。まとわりついて離れなかった甘えん坊の息子の成長と複雑な想いから見る親の夢。30を超えるストーリー、人の持つ弱さと複雑さを読みながら、なぜかしんみり優しい気持ちになるから不思議。
それにしても、東電OL事件の彼女は、もう一人のスクルージだったのか!と意外な発見でした。

くどいですが英語がとても読みやすいので、この種の心理分析系のノンフィクションがお好きな方にはおすすめ。