[映画] Inside Out/インサイド・ヘッド 悲しみよこんにちは

これもトレイラーを映画館で見た時から楽しみにしていた映画。オープニングに早速行ってきました。

insideout.jpg


Inside Out (2015)

主人公のRiley(ライリー)は、一人っ子。お父さんとお母さんに大切にされながら、楽しくミネソタの田舎で暮らしています。
ある時お父さんの仕事でサンフランシスコへと引っ越すことになります。自然いっぱいのミネソタとは違い、慣れない都会に馴染めないライリー。

で、大筋のストーリーはなんとこれだけ!

物語の真髄は、ライリーの頭の中にあるのです。

ライリーの頭の中、ヘッドクウォーターで働く5人の感情達。
Joy(喜び) Sadness (哀しみ)Fear (恐れ不安)Disgust (嫌悪)Anger(怒り)。頭の中ではその他いろんなのがいて、記憶を捨てたり、整理したりと忙しくお仕事しているんだけど、本部でライリーの感情をコントロールしているのがこの5人なのね。



都会に引っ越すというそれだけの(でも子供にとっては大事件)流れの中で、頭の中は大騒ぎ。そんな中でJoyと Sadness がコアメモリーを巡って本部から飛び出してしまうの。そこは長期記憶が保存されたり、潜在意識の場所。コアメモリーを持って本部に戻らないと、ライリーの人格は失われてしまうからさあ大変。

映画の中の登場人物はみんな頭の中に5人の感情がいるのね。ライリーは常にJoyがリーダーだけど、性格や状況によって誰がリーダーか変わるのね。短期なお父さんはAngerがリーダーで、思慮深いのお母さんは Sadness がリーダー。私はどれかというとFearかなあ。

ライリーの頭の中のリーダーJoyは、ライリーの明るく前向きな性格にとても大切な存在なのだけれど、どんな状況もポジティブに前向きに!なんてやっぱり無理なわけで。悲しい時は悲しみ、怒る時は怒ることがやっぱり大切なの。ポジティブシンキングが全てじゃない。悲しみや憂いを通して人は大人になる。悲しみよこんにちは。

記憶に関する話がいろいろ出て来て、むしろ大人がジワジワ来る映画ではないでしょうか。お子様はどこまで楽しめるかな。あまり小さい子には分らないかも。

泣けます。泣きました。笑えます。笑いました。ジーンときました。私の頭の中にも5人の感情が応援してくれていると思うと楽しいです。私のJoyは、一緒にお茶しながらまったりしているのかしら。とても面白い発想の映画だと思います。おすすめです。

ところでライリーの桃色ゾウさん。ちなみ私にも子供の頃イマジナリーフレンドがいて、名前はあさとくんという赤毛の半ピエロ人間でした。




[映画] Mad Max Fury Road/マッド・マックス怒りのデスロード 意外とフェミニン

実は最近見た映画の中で、一番面白かったのがこれ。
マッドマックスシリーズファンだけでなく、マッドマックス初見でも楽しめると思う。ちなみにマックス役にメルギブソンは今回出演していません。

madmax.jpg


Mad Max Fury Road (2015)
監督
ジョージ・ミラー

2時間ぶっ通しのロードレースです。
逃げて逃げて逃げ切れるのか。
ポストアポカリプス映画の代表のようなマッドマックスシリーズ、30年ぶりの復活です。

砂漠と化し、緑も水もない世界。その世界を仕切るのは老いた醜いImmortan Joe。ジョーはWar Boysと呼ばれる青年集団を従え、唯一の水源を自分のコントロール下に置き人々を苦しめ恐怖で支配しているのね。



そこにImmortan Joeが奴隷状態で妻としている少女たち5人を連れ出し、故郷のグリーンランドまで逃げ出す計画をしているFuriosa(シャーリーズセロン)がいる。フュリオサは子供の頃にジョーの軍団に誘拐されてここで働いてるの。

フュリオサと5人の妻の逃走劇に流れから加わることになったマックス。といってもマックスはとても寡黙で台詞ほとんどないんだけど、でもいい味出してます。事実上、シャーリーズ・セロンがマックスの女版のような感じで、すっごくかっこいい!セロンに惚れたよわたしは。

男社会のジョーの世界と、5人の妻を従えて故郷の女性だけの軍団に戻ろうとするフュリオサ(&マックス)。砂漠の中で荒れ狂う逃走劇を展開しつつ、何気にフェミニンな作品なのが面白い。

しかしあんな汚れたきったない世界なのに、逃げ出すジョーの5人の妻たちがみんなヴォーグ誌に登場するスーパーモデル風でちょっとうける。でもビジュアル的にこだわりのある映画なのでこれでいいです。

最後まで息もつけないハラハラドキドキです。女だけのトラックを追う、クレイジーWar Boysの集団。それ以外にも砂漠は危険だらけだし、大丈夫かよお。マックスの出番は多くはないけど、マックスがいてよかった。とにかく面白いです。ちなみにWar Boysの一人でマックス側に寝返ることになる貧血ボーイは『アバウト・ア・ボーイ』のマーカスね。彼もいい感じです。

ラストもいい。理想的な終わり方。甘くなく、でもちゃんと納得のエンディングで、ちょっと切なく。痛そうなシーンはそんなにないので、荒い映画が苦手な人でも楽しめると思います。







[映画] Jurassic World/ジュラシックワールド 新作ジュラシック・パークは3D&IMAXで。

ジュラシック・パークが大好きなので、3D版のジュラシック・ワールドをだいぶ前から楽しみにしていました。
オープニングウィークに早速見てきましたよ。
昼間なのに結構混んでるなーと思ったら、オープニング興収で歴代1位に輝いたとか。

Jurassic.jpg


Jurassic World (2015)
監督 コリン・トレボロウ

20年前のジェラシックパークで、リチャード・アッテンボロー演じるハモンド氏が実現しようとして頓挫したあの「パーク」が、ついに完成しております。ディズニーランドのような大人気のテーマパークになっているのね。



ストーリーはシンプル。今回はオペレーションマネジャーとしてパークを仕切っているクレア(ロン・ハワードの娘のブライス・ダラス・ハワード)という女性とその甥っ子たちが軸になっています。

そして知能の高い恐竜が逃げ出し、パークで暴れるのを追いかけ/追われるのがメイン。今回はクレアといい関係になりつつある恐竜トレーナーのオーウェンがヒーロー。

ストーリー的にはまあまあ。内ようだけで言えば、はっきり言って20年前のジュラシック・パークの方が全然面白かった。ジュラシックパークはまずマイケルクライトンの原作がめちゃくちゃ面白いのと、恐竜が近づく時の水の揺れなどで怖がらせるとか、見せ方がとっても上手かったと思う。

今回ストーリーはイマイチなんだけど、でも全体的に面白かった。いろいろ突っ込みどころはあるとして、見所はやっぱり迫力です。恐竜や映像のクオリティ。これを3Dで、しかもアイマックスの大画面で見ると凄い。とにかく凄い。アメリカで興行成績が爆発したのも、ほとんどの人が、倍の値段を払ってでも3D&IMAXで見たからだと思う。

テーマパークも見所満載。アトラクションも楽しそう。すごく行きたいいっよおお。パークの混雑ぶりは見てるだけでうんざりだけども。

ラストのオーウェンがクリスに言う台詞も好きだし、2時間はあっという間でした。あまりにもグロイシーンはなかったと思う。見ている人は子供連れが多く、配慮されてるのかな。

しつこいですけどぜひこれは3D&IMAXで見ましょう!





222冊目 The Upstairs Wife 二階に追いやられた妻

内職で字のちいぃっこい辞書を引く日々が続き、さすがに目が悲鳴をあげていますので、当分は読書はオーディオブックになりそう。

upstairswife.jpg


Title: The Upstairs Wife: An Intimate History of Pakistan

Author: Rafia Zakaria

Audible Audio Edition
Audible.com Release Date: February 3, 2015
Listening Length: 10 hours and 16 minutes

日々ターリバーンのニュースを見ながらも、アフガニスタンやパキスタンの問題を気にかけるでもなく、興味を持つわけでもなく生活しています。

しかし、そこの土地で暮らす女性達がどのような日々を過ごし、家族や政治や社会と向き合っているのか。男達と力が支配する世界を、家庭の主婦や女子目線で語られると、突然世界は身近になりますよね。

ノンフィクション。著者はインド系パキスタン人のジャーナリスト/作家/人権アクティビスト。タイトルでもあるTHE UPSTAIRS WIFEは、著者の家族(インドからパキスタンに移民)特に叔母さんAminaの話です。Aminaのパキスタン人の旦那さんはイスラム教で4人まで奥さんを持てます。のちに若い第二婦人をもらい、第二婦人がファーストフロアで生活するため、Aminaは二階の部屋に移ることになります。

ストーリーは2007年、病院に担ぎ込まれた叔父の快復を待つ著者(とその家族)の元に飛び込んできたショッキングなニュースから始まります。それはパキスタンの女性指導者Benazir Bhuttoが暗殺されたというものです。

本のサブタイトルは"An Initimate History of Pakistan"となっていて、叔母を含む著者Zakaria家の歴史がそのままパキスタンの歴史とも繋がるんですね。

1947年のインド・パキスタン分離独立。そして1962年に、Zakariaのムスリム系祖父母と親たちはそろってインドからパキスタンのカラチへと移住します。当時ヒンデューとイスラムの宗教分けで、インドからムスリム系が大量にパキスタンに移住したわけです。この時の難民問題で中心となっていた方が、暗殺されたBenazir Bhuttoの父Zulfikar Ali Bhuttoです。

Zulfikar Ali Bhuttoのイスラム教化は叔父のポリガミーとも繋がります。叔母Aminaの反対は完全に無視され、叔父は第二婦人を家に招きます。そして第二婦人は一階のキッチンのあるフロアをテリトリーとし、Aminaは二階へと移されます。この限られた部屋と窓から見えるパキスタンだけが叔母Aminaの世界となっていきます。

このパキスタンの歴史と、Zakariaファミリーの歴史(特に叔母Aminaの話)が、絶妙な混ざり具合で進行していくんですね。結果個人的になり過ぎず、客観的にもなり過ぎず、上手い構成だなあと感心しました。所々胸が詰まる箇所あり、考えさせる箇所あり。ジェンダー、移民問題、人種問題、宗教問題と、いろいろ含みの多いストーリーです。

ターリバーンや、マララさんの活躍以降、注目されることの多いパキスタンだけに興味深かった。先日読んだイエメンのNujoodさんの話もそうですが、ムスリム女性の手記はとても増えているので、もう少しいろいろ読んでみたいと思いました。




[映] Tomorrowland(2015) オプティミストなあなたに

Tomorrowland.jpg

Tomorrowland(2015)

先月のメモリアルデー直前の公開初日に、珍しく仕事帰りの夫と二人で見に行ったディズニー新作。映画は一人で見る方が好きなのですが、これは夫と一緒に見て良かったです。というのも夫は楽しかったそうなので。
オプティミストで夢を信じる人なら楽しめる映画だということがわかっただけでも良かったかな。

反対にわたしはペシミストで夢を見ないタイプなので、感想は・・・です。悪くはないんだけども($190ミリオンもかけられた映画だというのは驚きだけど)うーん、という感じで、まあ期待しすぎたのかもしれませんね。感想が両極端にわかれる映画と言われていますが、まさに我が家でも評価が真逆でした。



主人公ケイティは、オプティミストで、世界をより良く出来ると信じているし、実際行動にも移す子。ある日インターディメンショナル・ユートピア(?)な ”Tomorrowland”へ導かれ、そこからアドベンチャーが始まります。

ディズニーランドの”Tomorrowland”も実は本当は、、、と絡んで来るわけだけど、正直そういう繋がりになるなら見なかったなあ。そこまでディズニーファンではないし。タイトルで気付けよって話なんだけども。

監督はブラッド・バード。 The Incredibles (2004)はもちろん、私は特にThe Iron Giant (1999) が大好きなので、とても楽しみにしていただけにちょっと残念。

でも世界をよりよくするには一体どうしたらいいの?という問いに、真剣に向き合う映画ですし、オプティミストで夢を信じ「諦めない」タイプの人なら楽しめるのではないでしょうか。

「簡単に諦める人」である私は、その翌週一人で見に行った”Pitch Perfect 2”の方がずっと楽しめたということだけ付け加えておきます。



ポートランド(ME)滞在

ナンタケットの旅メモの途中だが、
先週末からずっとメイン州のポートランドにいたのでそのメモ。
ポートランドはボストンから北に車で1時間半くらい。

メイン州は綺麗なビーチがいくつかあるが、海の水が真夏でも死ぬほど冷たくて泳げたものではない。

unnamed-4_201506041057546ac.jpg

unnamed-7.jpg

メイン州と言えばロブスターが、
MAINE.jpg
ポートランドと言えばスティーブンキングの真っ赤な家が有名。
sk.jpg
(お借り画像です)

メイン州での主食はロブスターだと思っている私ですが、まだシーズンにはちょっと早く旨味がイマイチらしいので、スチームではなく、ディッシュ料理で食べた。茹でロブスターは来月またビーチに来るのでその時に。普通の料理に何でもロブスターを入れてもらう。

マヨ和えでサラダにはもちろん、
unnamed-2_2015060410575980c.jpg

オムレツの具もロブスター。
unnamed-3_20150604111731e37.jpg

これはロブスターカレー、めちゃ美味。
DSC01743 copy

ロブスタースパゲティも最高。
unnamed-5_2015060410585500c.jpg

メインストリートの裏路地にあるこちらのお店が美味しくて安くて通った。お薦め。人気なので、予約を取るか、5時の開店直後に行ってウェイティングバーで白ワイン&オイスターで待つと確実。
unnamed-8_20150604112010549.jpg

あとメイン州には村上春樹氏が絶賛するトートバッグのお店がある。
一応ここではないかと言われているお店があって、私もこのミニタイプを持っている。世界一かと言われると、うーんどうだろう。通ではないから分らないわ。
tote.jpg




カレンダー

05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール

koburii

Author:koburii
HN:こぶり
*国内外問わず、夫の仕事の関係で引越しばかりしている40代の主婦(子供なし)です。最近は海外ばかりでいい加減日本に帰りたいです。
*すぐ引っ越すので知り合いが出来にくい/単独行動/インドア派、と引きこもり要素たっぷりではありすが、前向きに楽しみを見つけながら暮らしていければと思っています。
*読書や映画の感想を時々書いてます。

カテゴリ

月別アーカイブ

Copyright © koburii