過ぎ去りしdays
散歩・本・映画・おやつ

プロフィール

koburii

Author:koburii
HN:こぶり
国内外問わず、夫の仕事の関係で引越しばかりしている40代の主婦。



カテゴリ



月別アーカイブ



235冊目 Because of Mr. Terupt 理想の先生

becauseof.jpg

Title: Because of Mr. Terupt
Author: Rob Buyea
Publication date: October 11, 2011
Pages:268 Pages

★★★☆☆

コネティカットの5thグレード(10歳)のとあるクラス。新しい先生Mr. Teruptを向え、新学期がスタートします。
本の内ようはこの新しい先生Mr. Teruptと、7人の生徒を中心に進んで行きます。
ナレーターは生徒7人が交互に語る形式です。
Mr. Teruptがどういった先生なのかは、生徒たちがそれぞれの目線で語る情報から想像するしかありません。しかし容易に良い先生であることはわかりますし、普段は生徒を自由にさせ、必要な時にはしっかり生徒と向き合う理想的な先生であることもわかります。

7人の生徒たちはそれぞれに問題を抱えています。家庭の問題だったり、イジメだったり、成績のことだったりします。Mr. Teruptは一人一人の生徒をきちんと見守っていて、さりげなく手助けをします。放任でもなく、過干渉でもなく、絶妙なバランスでサポートしてくれるんですね。

7人の生徒は、両親の離婚でカリフォルニアから引っ越して来たJessica、自他とも認めるクラスで一番賢いLuke、問題ばかり起こすお調子者のPeter、肥満気味で自分に自信がないDanielle、20代の若い母親と二人で暮らすおとなしいAnna、いじめっ子で女王様のAlexia、ネグレクト気味で学校にも生きることにも意欲の薄いJeffrey。

個人個人の問題に加え、学校では人間関係に悩み始める微妙なお年頃の子供達。Mr. Teruptは熱中先生タイプではないのですが、静かに確実に影響を与えてくれる先生です。

作者はもともと先生で、キャリアも長いからでしょうか、子供の行動や考え方をナチュラルに描けていると思います。

オーディオブックで聴読。交互に変わるナレーターのおかげで、飽きずに聴けましたが、あんまり興味のない世界だし、これ以上長かったらギブアップしていたかも。中盤からの展開もちょっと複雑な気分になりましたし。

英語は簡単で読みやすく、会話も自然なので、シャドーイングは楽しく出来ました。それと序文を書いているのがジョン・アーヴィングなので驚きますが、どうやらレスリングを通したプライベートな知り合いのようです。





American Museum of Natural History ガムガムとクジラが待っている

n1.jpg

かなり久しぶりにナチュラルヒストリーミュージアムに行ってきました。映画「ナイトミュージアム」の舞台で有名ですね。

うちから歩いてすぐの距離なのですが、いつもとても混んでいるので中には入りません。先日大雪が降った後、交通規制もあるしさすがに空いているだろうと思い行ってきました。

n3.jpg
1869年設立で、1874年には現在の場所に設立されていたナチュラルヒストリーミュージアム。年間500万人訪れ、世界的に見ても、最も古くて広い自然博物館の一つです。

26代大統領のルーズベルトのお父さんが創立者の一人。ルーズベルト自身も自然&探検が生き甲斐のような人で、博物館内に彼のコーナーがあります。下の写真は設立当時、19世紀初頭の様子。今とほとんど変わりませんね。
n2.jpg

建物内は、4階まであり、ホールでわかれています。
かなり広いので、全部まわるには丸一日かかります。

◉Earth and planetary science halls
n4.jpg

◉Fossil halls
n5.jpg

◉Mammal halls
n6.jpg

◉Environmental halls
n8.jpg
一枚目のブルーくじらもこのホール内の、"Milstein Hall of Ocean Life"のエリア。

◉Human origins and cultural halls
n10.jpg
ガムガムです。何でこんな奥にいるんだ。

Human/Culturalホールには、興味深い展示品がたくさんあるのですが、それが何年くらいのものなのか、ほとんど記載がないんですね。そこがすごく気になりました。

それと個人的に一番「ひえ〜」だったのがコレ。

n7.jpg
(ズーム撮影)

お正月に見たディカプリオの映画「The Revenant」ですっかりクマ恐怖症になってしまったわたし。
このクマ、本当にでかくて出来れば近づきたくなかったのですが、この前を通らないと、一番見たかったクジラが見れないという。顔を伏せてドキドキしながら通過。拷問かと思った。

展示品も、カフェテリアも人が少ないのでゆっくりできて良かったと思います。雪の日でなくても、一月や二月は比較的空いているそうですから、この時期に遊びに来られる方にはいいと思います。でも混雑が予想される夏場はあまりおすすめしないかな。





大雪が降った翌朝

DSC03142.jpg
金曜の夜中からしんしんと降り始め、土曜は一日中雪で、今日日曜日はやっと晴天。暖冬だったこの冬、雪らしい雪もこれが始めて。路駐の車はみんなこんな感じ。

セントラルパーク。
うちからワンブロックなのでさくっと散歩でも、と出たはいいけど、どこもかしこも雪の山でなかなか進めない。

DSC03143.jpg

それでもセントラルパーク内はソリをしている人や雪を楽しんでいる人、いつも通りジョギングしている人達でそこそこ賑わっていました。
DSC03144.jpg




[映画] The Revenant クマのシーンがトラウマ過ぎる

revenant.jpg

お正月映画もいろいろ見ているのでレビューがたまっている。気が向いた時少しずつ・・

The Revenant
監督 Alejandro González Iñárritu

時は1823年アメリカ。この時代の要であるミズーリ川が舞台です。ルイジアナ・パーチェスから20年後ですから、アメリカ人とフランス人と先住民であるインディアンのトラブルが絶えない時です。

ディカプリオ演じるHugh Glassは実在した人物なんですね。グラスは開拓時代のちょっと変わったヒーローで、毛皮の罠猟師として雇われている時にクマに襲われ、体中引き裂かれ重傷を負い、仲間には死んだも同然と見捨てられます(生き埋めにされたという説も)。その後一人で立ち直り、武器もなにもないまま、何百キロも彷徨い生還した人です。

映画ではここに、グラスの妻のインディアン女性、息子などを話に絡ませ、主人公に共感できるようになっています。同時に復讐という行為に説得力をもたせていますね。息子の話がないと、復讐というより執念深い男にみえますからね。

何よりもクマに襲われ、生還したことがHugh Glassを有名にしたわけですから、クマはとても大事なシーンなのですね。だからここのシーンに力を入れるのはわかるのですが、映画館の大画面で見ると、長いわ迫力あるわ痛々しいわで見てられない。完全にトラウマになりました。大きなクマの映像を、たまたまディスカバリーチャンネルやCMで見かけるだけでもう怖くて怖くて。



このクマのシーンと、その後一人で生還するまでの長い長い旅路(飢えと寒さ)が見どころで、最後のトム・ハーディへの復讐はまあ半分どうでもいいような気もします。ディカプリオよりもトム・ハーディの方がいい演技していましたが(何を言ってるのか半分もわからなかったけど)。

「息の根が続く限り、人は戦い続けなければならない」というメッセージはとても良かったと思います。でも、グラスのたくましさと、父性愛と、復讐が、少しちぐはぐのような気がしました。たぶん本来はもっと単純に、サバイバル(強さ)で伝説になった人だからかもしれない。
飢えもそうだけど、特に寒さから身を護る方法は見物。先住民の知恵も凄い。

ところで寒さと言えば、今年始めての寒気らしい寒気がニューヨークにもやってきました。雪の重さで、家の前の木の枝も折れました。
unnamed_20160124134723959.jpg






234冊目 The Storied Life of A. J. Fikry 本屋のない町は町じゃない

storieslife.jpg

Title: The Storied Life of A. J. Fikry
Author: Gabrielle Zevin
Publisher: Algonquin Books(First Edition)
Publication date: April 1, 2014
Format: Hardcover
Pages: 272 pages


“You know everything you need to know about a person from the answer to the question, What is your favorite book?”
― The Storied Life of A.J. Fikry



これはとても面白かったです。本を読んでいる真っ最中なのに、もっともっと本が読みたくなる本です。
小さな島の、小さな町の、小さな本屋さんが舞台。主要人物はみな本が好きで、本がない人生なんて考えられないような人達。作者、Gabrielle Zevinさんの本は2冊目(138冊目: Elsewhere)で、前作もこれもかなりお気に入り。

ケープコッドのハイアニスから、フェリーで80分の場所に位置するアリス島(架空)が舞台。私も昨年ハイアニスからナンタケットに行ったのですが、このアリス島のような可愛らしい小さな島が途中にたくさんありました。
さてアリス島にある唯一の本屋を経営するオーナー A. J. Fikryは、2年前に事故で最愛の奥さんを亡くし、男やもめになりやさぐれた毎日を送っています。 A. J.はエドガーアランポーのお宝本(無名時代に50部だけ出版された詩集、"Tamerlane")所蔵しており、これを売ってリタイヤしようと考えていたのね。

そんな彼に二つの事件が起きます。まずひとつはその"Tamerlane"が盗まれてしまうの。そしてもう一つは、アリス島にやってきた若い母親が、 A. J.の元に小さな女の子を残し消えてしまうの。この女の子Mayaと、 A. J. Fikry、そして本の営業をしているAmeliaの物語が、本を中心に進んで行くのです。

A. J. Fikryは特にショートストーリーのスペシャリストだから、本の中でもたくさん紹介してくれるのね。チャプターそのものが、有名な短編の題になっているのも面白い。
ロアルドダールの"Lamb to the Slaughter"、アーウィンショーの"The Girls in Their Summer Dresses"、サリンジャーの"A Perfect Day of Bananafish"、レイモンドカーヴァーの"What We Talk about When We Talk about Love"、など、日本でも有名な短編ですし、私のお気に入りでもあります。

Mayaは子供ながらに立派な作家へと成長していくのね。そのMayaの作品も素晴らしいです。
それにしても、本屋の上に住んで、本好きのオーナーが必要な時にちゃんとおすすめの本のリストを作ってくれるなんて最高ですよね。

英語も平易で読みやすく、ストーリー的には軽く進んで行きますが、悲しみもあり、笑いもあり、何より本だらけなので本好きにはたまらない一冊でしょう。

ちなみに登場する短編の一つ、"The Girls in Their Summer Dresses"はネットでも読めます。とても有名な短編ですし、さくっと読めますし、特に主婦の方には興味深い作品でおすすめです。
The Girls in Their Summer Dresses




233冊目 By the Book 作家の読書習慣

aokom.jpg

Title: By the Book: Writers on Literature and the Literary Life from The New York Times Book Review
Author: Pamela Paul (Editor)
Publisher&Publication date:
Picador /November 3, 2015 (Paperback)
Henry Holt and Co./October 28, 2014 (Hardcover)
Pages: 336 pages

おなじみNYタイムズのSunday Book Reviewの人気コーナー、”By the Book”から、50人以上の作家のインタビューを取り上げまとめた本です。昨年末にペーパーバック版を頂き読み始め、ちょっとした合間に読んでいた本。

”By the Book”は、作家(時々俳優や著名人)から、本に関するあらゆること、主にリーディング・ハビットを聞き出すコーナー。ネット版も定期的に読んでいますが、質問は人に寄って結構様々なんですね。

こちらの本では同じような質問でまとめているのが興味深い点でしょうか。特にわたしが興味あるのは、「いつ、どこで読むか」なので(ある程度の読書量をこなす人達が、いつ、どこで読んでいるのか知りたい)、この質問をほとんどの作家にぶつけてくれているのが嬉しい。

あとは子供の頃に好きだった本(または影響を受けた本)、理想的な読書環境、今ベッドサイドに置いてある本、最後に読んだ面白かった本、人生を変えた一冊等。

J. K. Rowling、Joyce Carol Oates、Neil Gaiman、John Irving、Marilynne Robinson、Khaled Hosseini、Anne Lamott、Hilary Mantel、錚々たる顔ぶれでそそられるでしょう?

ベッドの横に本を置かない、つまり寝る前に本を読まない方が結構いるのは驚きかな。そういえばこの本には登場しないけど、私の好きなスティーブンキングもアンタイラーも寝る前に本を読まない派なんですよね。

ちなみに私のベッドサイドに今ある本はこちら。ちまちま最初から再読していて、やっと先日”By the shores of Silver Lake”に入ったところ。寝る前は寝落ちしちゃうのがね。

私の「いつ、どこで読むか」というと、これは特に決まりもなく。カフェでも読むし、内職の合間にも読むし、キッチンで読むこともあるし、寝る前も必ずちょっとだけど読む。意外と集中して読める場所は公園。スマホも持たず、本と途中で買ったコーヒーだけ持ってベンチに座れば2時間くらいすぐ経ってしまいます。





鏡開きと今年の洋書(の読み方)

unnamed-6_201601120953581e0.jpg

今日は朝から鏡開きのために小豆を煮てました。
おぜんざいは久しぶり。
お餅は美味しいけど簡単に太りますね。
まあ鏡開きが過ぎればまた次のお正月まで食べないのでいいけども。

今年の洋書の読み方を考えていたのですが、
語学の本に、「五感を使えば使うほどよい」と書いてありました。

Hoopla登録以来、無料で借りられるオーディオブックが増えたので、出来るだけ、オーディオブックとeブックの両方を揃えて、聴きながら音読する。耳と目と口を使う読み方。

実は昨年末からこのやり方でほとんど読んでいるのですが、オーディオだけ、本だけ、よりもやっぱりいいと思います。
記憶に残りやすいし、単語もチェックしやすい。

ただどうしても聴いてる方が読むよりも楽なので、半分くらいは聴きながら音読ではなく、聴きながらシャドーイングが、もしくは聴いているだけにはなってしまいます。

オーディオブックは高いのでHooplaで月十冊までだけど借りられるのは助かる。しかしニューヨークライブラリーカードではなんと借りられない。そのうち借りられるようになるのだろうか。私はまだボストンのライブラリーカードがあるのでこれで借りてしまっているけれども。Hooplaがいいのは図書館ベースなので、オーディオ版が借りられるときは、大抵電子ブックも借りられるケースが多い。でもこれもマサチューセッツね。ニューヨークは人口が多いわりには本の数も少なく、あまり使えないの。オーディブルで購入もします。アマゾンで本と一緒にオーディブルナレーションを購入すれば、かなり安くなるものもあるので、それも利用します。とにかく今年はオーディオブックメインになると思います。

huyy.jpg
ライブラリーカード。
左2枚がニューヨーク、右がボストン。


232冊目 The Life We Bury 30年目の雪どけ


lifewebury.jpg

Title: The Life We Bury
Author: Allen Eskens
Publisher: Seventh Street Books
Publication date: October 14, 2014

Format: Paperback (303 pages)
Format: Audio Book(8 hours and 24 minutes)

今年の一冊目。
オーディオブックとebookの両方で読み聴きしました。
ミステリー仕立てのドラマという感じですが、ミステリー度は低いです。

"Are you talking about killing or murdering?"
"Is there a difference?"
"Yes," he said.
"There is a difference. I've done both. I've killed…and I've murdered....It's the difference between hoping that the sun rises and hoping that it doesn't."
--The Life We Bury


主人公Joe Talbertは、ミネソタ大学に通う苦学生。バーで働きながらなんとか学費と生活費をまかなっています。授業の課題で、お年寄りにインタビューをして伝記を書くことになったJoeは、地元のナーシングホームに出向き、そこで末期がんのCarl Iversonを紹介されます。

しかしCarl は、普通のナーシングホームにいる老人とは大きく違ったのです。
Carlは昔、14歳の少女をレイプし、殺し、放火し、30年間刑務所に入れられていた男だった。
けれどCarlの過去を掘り起こし始めると別の世界が見えてくる。同時にJoeは自分も葬り去った過去を打ち明けることになる。


主人公Joeは、一見平凡だけど、芯のしっかりしている自立した青年なのね。母親は毒親で、Joeにたかることしかしない。自閉症の弟がいて、彼を心配するあまり、母親に利用されています。彼と、母親と、彼の弟の関係はこの小説のもう一つのストーリーなのだけど、こっちの方が面白いくらいだった。


Carlの過去は悲しく、彼の人生を思うとやりきれないのだけれど、彼は彼なりの問題を抱えていて、これは彼が選んだ解決策でもあるわけだから納得はするしかありませんね。

日本でも袴田事件というのがありますね。もし冤罪が晴れたとしても、何十年も塀の中で過ごし、解放と同時に死が待っているとしたら、その人の人生は何なのだろう。一度きりの自分の人生を、やってもいない罪で台無しにされ、汚名を着させられる無念さといったら。これほどの修行はないから、魂レベルではすごい成長があるのだろうけれども。本当に冤罪は怖いです。

英語は平易で読みやすいです。エンディングは優しくさわやかに終わるので読後もスッキリします。オーディオブックのナレーターも良かった。Joeの台詞、Carlの台詞、Joeのお母さんの台詞分けが特に上手で、聴いてて楽しかった。

しかし、スパムの故郷がミネソタとは知らなかったな・・ハワイとかグアムで人気だから、どこか暖かい地方の食品だと思い込んでいました。




夫のパン、私のパン

unnamed-2_20160108061608156.jpg
左が私のパン。日系スーパーで買う日本風のもっちりした食パン。
右が夫のパン。メーカーは何でもいいけど、アメリカのパサパサした100%ホールウィート。出来ればライ麦パン。

unnamed-3_20160108061610f06.jpg
上が私の白い普通のパスタ(ちょっと細め)。
下が夫の100%ホールウィートのパスタ(普通の太さ)。ない時はブラウンライスパスタ。

夫は白っぽい穀類を食べない。
去年までは私も健康のために、一緒に黒っぽい穀類を食べていたけど、胃の弱い私には負担でむしろ体を壊してしまった。
だから今年からはきっちり分けることにした。
でもパスタを分けてゆでるのはとても面倒くさい。
ちなみにご飯はそもそも私があまり食べないので、これは今まで通り玄米だけで。

unnamed_20160108061611d50.jpg
今日の散歩。レザボアで虹が見れた。
年末のニューヨークは人が多くて最悪だけど、年が明けてまた気持ちよく散歩出来る日々が戻ってきた。






2016年お正月と2015年のこと

DSC03044 copy

今年のお正月は、ペンシルバニア〜デラウェア〜メリーランドとドライブして、ボルティモアで蟹を食べてきました。フィラデルフィアで1泊、ボルティモアは30日から元旦まで2泊、フィラデルフィアでもう1泊。

「ボルティモアでカニ」というアイデアは、映画”As Good as It Gets”からで、映画の中でもニューヨークからボルティモアに向かいます。ボルティモア港沿いのレストランで、ジャックニコルソンとヘレンハントがオーダーするのも蟹。

ボルティモア旅行記はまた今度にし、カウントダウンです。

チェックインでちょっとした手違いがあったためか、カウントダウンの30分間前にシャンパンとストロベリーチョコが届く。
夕食も部屋でゆっくり食べて、映画をオーダーして、カウントダウンまでゆっくりワインを飲みつつ過ごす。
DSC03090 copy DSC03078cc copy 2

部屋からボルティモア港で上がる花火を見ました。15分くらいかな?シャンパンを飲みながら花火を見るとお祭り気分倍増で嬉しい。
DSC03101 copy

翌朝はボルティモア港を散歩して初日の出。
・・といっても朝の10時くらいですけど・・
DSC03115 copy

今年の年末年始は蟹を食べて、ホテルでシャンパンと花火で年明け、港で初日の出と気分よく過ごせた。テレビ中継のカウントダウンを聞いている時も、また一年生き、こうやって新しい年を迎えられて、何て幸せなんだろうとしみじみ思う。年を取ると本当に涙もろくなる。

考えてみると、2015年は頭から6月までほぼホテル暮らしで、年末もホテルという、ほとんどホテルで過ごしたような年だった。

ホテル暮らしというのは響きはいいけど、実は何ヶ月も住むのはあまりいいものではない。
精神的に落ち着かないし、買い物も出来ないし。

2015年はまた、怪我の多い年だった。
2月に腰を痛め全治一ヶ月。
7月に引越し。
夏から冬までアレルギー性疾患で悩まされ、特に8月9月は眠れない、外出できないで八方塞がり。
内職では能力以上のものを引き受けてしまい反省の毎日。

体と精神は繋がっているので、やはり無理が多い一年だったのだろう。

2015年を漢字にすると、「老」。
体が制限されて長期間動けなくなるという経験は始めてで、それが冬、夏、秋、また冬と繰り返され、急に老いを感じた。
年を取るって、単純に体が思うように動かせないことですし。

2016年の抱負は特にないけれど、実は久々に英語のやる気が出ている。
ここ4年くらい、英語に関してはまったくやる気が沸かず、洋書を読む、内職でちょっとした翻訳をする、以外何もしなかった。
いや、したくなかった。
具体的に何をするかは未定だけど、英語漬けになりたい気分なのだ。

2日に帰宅して、今年はお正月の準備もしていないので気持ちだけ。
栗きんとん、伊達巻き、数の子、かまぼこ、黒豆、田作り、昆布巻き。
手作りはお雑煮だけです。
DSC03133 copy

こちらのブログも7年目に入っています。
洋書の覚え書きがメインですが、引越しが多いので移動記録にもなっています。

私のブログは本や映画のタイトルで検索して訪れてくれる方が大半ですが、定期的に訪れてくれる方も、少人数ですがいらっしゃるようです。

私が7年ブログを続けて来れたのは、そんな方達おかげです。本当に。

そんな奇特なみなさんの2016年が、健康で楽しく充実されますように。