FC2ブログ

jhgytttt.jpg
昨年公開していたトム・フォード監督の映画ノクターナル・アニマルズの原作となる小説です。

実は映画が見たかったのですが(エイミーアダムスが主演だし)、苦手なシーンがありそうな予感がしたので諦め(ちなみに苦手な映像とはレイプシーンか犬が殺されるシーンです)、かわりに原作本を読んだという経緯です。

本は入れ子構造なので好みが別れると思います。作中作もの苦手という人ってわりと多いのですよね(特に読書家ほど多い気がする)。私は作者と読者の関係性みたいなものも描こうとするメタフィクションがかなり好きなのでそれだけで楽しめましたが。

Well, she was a reader. If Edward couldn’t live without writing, she couldn’t live without reading. And without me, Edward, she says, you’d have no reason to exist.



20年ほど音沙汰がなかった元夫の Edwardから、再婚して今では別の家庭を築いているSusanの元に、小説の原稿が送られてきます。Edwardは当時から小説家志望で、小説を書いてはSusanに読んでもらっていたんですね。

「あの人まだ小説書いてたのね、、」懐かしいようなほろ苦いような思い出がSusanに沸き上がります。当時Edwardも認めるほどSusanは「最高の批評家」であったわけです。しかし最高の批評家って、場合によってはあんまり応援にはならなかったりしますよね。それに生活の糧にはならない「書き物」こそがEdwardとSusanの離婚の原因でもあります。

送られてきた小説のタイトルは”Nocturnal Animals”。Susanがこの小説を読み進める形式になっています。
しかしこの小説が思いのほか残酷なのでSusanは驚きます。田舎に向かう夜のドライブで、若者のグループに絡まれる一家の話で、旦那さんだけ一人取り残され、奥さんと娘はつれさられ、レイプされ、殺されてしまいます。面白いのは小説の暴力性にショックをうけながらも、Susanは小説の出来に満足しているんですね。そこに葛藤を覚えながらも。

小説のタイトルですが、"Edward &Susan"ではなく、作中作の登場人物"Tony&Laura"でもなく、"Tony&Susan"と二つの小説を織り交ぜていますし、いくつもの読み方が出来そうです。人に寄って読みどころも変わりそうな本で、テーマが広がり過ぎなのかなあと少々思いますが興味深い本です。



2018.03.31 / Top↑
fgrtrp.jpg

街灯の飾りと化していた。

先週は春分に雪が降り、週末はデモがあり。

juhhhyr.jpg

20180324_112514.jpg

まだいろいろあって落ち着けない日々。

あと3〜4ヶ月くらいかかりそうだとか。



2018.03.28 / Top↑

土曜日はセントパトリックデイだったのでパレードを散歩のついでに見ました。

ニューヨークはアイルランド移民がとても多いので、毎年かなり大規模なパレードを楽しむことができます。

みんなパレードに流れるので、快晴の週末だというのにセントラルパーク内はガラガラ。


今日はアイリッシュソーセージのホットドッグ、ポテト、アイリッシュコーンビーフなどを食べましたよ。

ビールはアイリッシュなのでギネスを珍しく買う。お酒あんまり好きじゃないんだけど苦くて美味しかった。

2018.03.18 / Top↑
drteuuio.jpg

”Twin Peaks: The Final Dossier”
by Mark Frost


これ面白いというか凄くワクワクした。Twin Peaksファンなら買いましょう!本です。

内容は、去年SHOWTIMEで25年ぶりに放送された、ツインピークス:リターン、シーズン3のまとめです。

美人新顔エージェントTamara Prestonが、彼女なりにまとめた報告書です。

hueirtt.jpg

ファイル毎にまとめてあり、FBIの秘密のファイルを覗き読みしている気分にさせるのが狙いみたいです。

derrtyuio.jpg

映画も含め、シーズン1も2も3もきちんと見ているならつながる話であったり、あああれとこれがそうだったのかという話もあり。


ツインピークスは、デビットリンチ監督のおかげで独特の、なんとも言えない雰囲気を持つ作品になり、そのおかげで私も大好きなのですが、一方で、この本を書いたマークフロストの世界観というのでしょうか?そのおかげでツインピークすがあるのだなあとあらためて思いました。

キャラ一人一人が、歴史はもちろん、愛も憎しみもトラウマも抱えていて。凄い、、の一言です。

足掛け25年も追っかけている作品なので、ノスタルジー的な楽しさに浸りましたが、悪とか闇の世界の話なのでしんみりもしました。

とりあえず最終報告書を読み終え、またシーズン1から見ちゃうんだろうな自分は。





2018.03.16 / Top↑

ブックセールも久しぶり。今回買った本。主に児童書を。

10冊くらい買ってしまったけど、部屋の隅には読みたい本がそれこそ2-30冊山積みされている。

そうこうしてたら頼んでいた大型本が数冊届く。

どうすんだこれら。

もっと早く読めたらなあ。でも同時に早く読むと勿体ないともおもうんだよなー。

本に払ったお金もそうだけと、面白い本ほど終わってほしくないしなー。

今読書中の本は小説Tony&Susanと、Twin Peaksのファン向けの本で両方ともすごくはまってて、スルメ食べながら大事にチビチビ読んでます。



2018.03.13 / Top↑
ホテル暮らし中も、映画館には行ける範囲で行ってはいましたがでもあんまりねー。

そうこうしているうちに大好きなリンカーンシネマプラザがなくなり、、ぶつぶつ、、あーあ。

今回のアカデミーですが、
"Three Billboards Outside Ebbing, Missouri"と"Shape of Water"の一騎打ちという感じでしたが、両方とも私もすごく見たくて、ほぼ公開と同時に見ました。というか年末年始に映画館で見た映画はこの二つだけという。

fttttew.jpg fcccd.jpg

どちらも面白いんだけど、個人的はに作品賞を取るのは"Three Billboards Outside Ebbing, Missouri"の方だと思っていたけどなー。人間ドラマで、善も悪も憎しみも友情もすべて絶妙なバランスで描けていてすごく良かった。

"Shape of Water"もいいんだけど、誰にでもおすすめという感じではないです。私はトロ監督が結構好きみたいで、過去の作品は全部見ていますが(しかもほぼ全部映画館で見ている・・なんでだろう)、彼のベストでもないように思うなー。でも愛がテーマだし、映像美は変わらず天才的だし、なんだろう大人のファンタジーというのか、エロとグロもいい感じに混ざり合って。登場する魚人間は、色といい目のくりっとした感じといい、完全にサンリオのハンギョドンでちょっと笑った。でも小さいお子様と一緒に見ない方がいいですよ。

"Shape of Water"を思い出していたら、卵が食べたくなってきたので卵サンドを作る。映画の中では卵がとても効果的に、象徴的に使われています。

hyyyyyr.jpg







2018.03.11 / Top↑
移動生活終了!

ホテルは完全に引きはらった!

3月!

花が咲いて春を感じたり、雪で冬に戻ったり、忙しい気候。

20180305_231356.jpg

20180307_131403.jpg
2018.03.10 / Top↑