夫婦2人家族、引っ越し妻。いいかげん日本に戻りたい主婦の日記〜散歩/本/コーヒー(おやつ)他。

226冊目 The Mist エイリアンと中年女性と

mist.jpg

Title: The Mist
Author: Stephen King
Publisher:Viking Press
Publication date: 1980

急に読みたくなったキングの1980年の本。
ホラーだけどエイリアンなのであまり怖くはないです。

実はハロウィン前夜に、この小説の2007年の映画版が放送されていました。
エキセントリックな中年女性、Mrs. Carmody 役のマーシャ・ゲイ・ハーデンがすごくいい演技をしていたけれど、最後でのけぞってしまった。なんだこのラストは。
ダークなラストはそれはそれでいいけども、こんな元も子もない終わり方って。スティーブンキングっぽくない。あのショーシャンクの監督なのですが。

という理由で本を読んだのですが、やっぱりラストは違った。本のラストもハッピーエンドではないけれど全然良かったです。

舞台はメイン州の小さな町ブリッジトン。ひどい嵐とともに謎のミスト霧が町に現れます。奥さんだけを家に残し、息子と隣人を連れて生活品・食料品の買い出しに出た主人公David。

しかしスーパーは同じように食料品の買いだめに走る人で溢れています。そしてまた謎のミストが。ミストの中には何かが潜んでいて、一人、二人と犠牲者が出ます。スーパーの中の買い物客はパニックとなり、店から出られなくなるわけですが・・

謎のミスト&エイリアンと、長時間スーパーマーケットに集団で閉じ込められる人々の狂気が読みどころ。Mrs. Carmodyのような非科学的、呪いがかった方法で解決しようとする人は、平和な世界では変人扱いされるけど、こういう状況ではむしろ崇められたりする。

主人公でアーティストのDavidは町ではひとかどの人物だけど、実は快く思っていない人が結構いたこともこの騒動でわかるのね。

本のラストも同じく絶望的な状況ではあるけれど、かすかな希望も残されていて余韻を残すエンディングです。

ちなみに映画には一応小説通りのエンディングバージョンも存在するそうです。
関連記事

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

koburii

Author:koburii
HN:こぶり
*国内外問わず、夫の仕事の関係で引越しばかりしている40代の主婦(子供なし)です。最近は海外ばかりでいい加減日本に帰りたいです。
*すぐ引っ越すので知り合いが出来にくい/単独行動/インドア派、と引きこもり要素たっぷりではありすが、前向きに楽しみを見つけながら暮らしていければと思っています。
*読書や映画の感想を時々書いてます。

月別アーカイブ