802876_20151129140436fea.jpg

Title: Sharp Objects
Author: Gillian Flynn
Publisher: Broadway Books
Publication date: September 26, 2006
Format: paperback
Pages: 272 pages

この作者の本を読むのは、"Gone Girl"(2012)、"Dark Places"(2009)に続き三冊目。今回読んだこちらの"Sharp Objects"がデビュー作だそうです。他の二作品と比べましても主人公のダークさは同じですが、今回の主人公はかなり耐えるタイプで健気なので応援したくなりました。そういう意味で気に入った作品で、最後まで夢中になって読みました。

主役のCamille Preakerは、若きジャーナリストです。シカゴの小さい新聞社で安月給で働き、友人も彼氏も作らず狭いアパートで一人で暮らしています。

ある日、ミズーリの小さな田舎町で起きた連続事件を追うように上司から命令されます。その田舎町は、Camilleの故郷でもあるからです。地元の人間しか手に入らない情報を掴めば、新聞も一躍脚光を浴びます。

しかしCamilleには帰りたくない事情があるのです。

Camilleは自傷癖があり、アルコール依存症です。過去があまりにもダークで、精神的にもギリギリに生きています。母親は養豚所を経営するお金持ちで自分勝手な人。その母親の僕のような義父。そしてCamilleはほとんと知らない年の離れた妹。歓迎されない大きなお屋敷に、一時的に帰る羽目になるわけです。

そして町で起きる奇妙な事件。殺された少女は歯が取られているの。この事件を追いながら、母親との確執、妹とのトラブル、昔のクラスメイトたちとの再開と、Camilleの心はグラグラ揺れます。

早くシカゴに帰ればいいものを、、と読書中にずっと思っていましたが、清算しなければならない過去もあるのですね。この後Camilleが少しでも癒されて、幸せな人生を歩んで欲しいなあと心から思いました。

この作者、三年に一冊発表って少な過ぎる・・。今年は新作なかったし・・・。もっと書いて欲しい。ミステリーはどうしてもプロット重視になるけれど、この作家は主役のキャラクターで読ませるのが凄い。女性ならではのダークさとドロドロも。

英語は読みやすいです。ちなみに長細いマスマーケット版で読みました。長細いマスマーケット本って、安い上にとても読みやすいから好き。全部このサイズにして欲しいくらい。
関連記事
TrackBackURL
→http://koburiland.blog104.fc2.com/tb.php/1013-0cdc7368