トップ  >  読書(洋書)  >  230冊目 A Christmas Secret 今年最後のクリスマス本

230冊目 A Christmas Secret 今年最後のクリスマス本

2015年12月23日

christmas.jpg

Title: A Christmas Secret
Author: Anne Perry
Publisher:Ballantine Books
Publication date: November 7, 2006
Pages: 208 pages

Anne Perryのクリスマス・ミステリーシリーズ4作目にあたる本。

主人公は結婚したばかりの若い夫婦で、この夫婦も前回読んだ”A Christmas Guest”のおばあちゃん同様、本来はサブキャラのようです。

クリスマスまであと10日足らずの12月、牧師見習いのDominicとその新妻Clariceは、オックスフォードシャーの小さな田舎町に向っています。そこの牧師がクリスマス前後3週間、バケーションに出るので、留守の間その教区を担当することになるのね。

短い期間だけれども、Dominicはここで牧師としての経験をしっかり積もうと意欲を燃やし、Clariceも夫をしっかり支えようと張り切っています。

可愛らしい田園風景の町、コージーで手入れの行き届いた家、最初は何もかも楽しんでいたClariceだけれども、ある日地下室に降りて大変なものを発見してしまいます。そしてそれから全てが違って見えるように・・



今年のクリスマス本はこれが最後です。
田舎町、牧師代理で訪れた夫婦が巻き込まれるミステリー。

それにしても、そもそもクリスマスにバケーションに出ちゃう牧師って一体・・と最初からおかしな設定なので展開が読めますし、捻りも特にないシンプルなお話です。

それでも元々クリスマス用のちょっとした娯楽本ですし、田舎町のクリスマスの様子も楽しく、季節感たっぷり。
クリスマス前のバタバタした時期の、ちょっとした空き時間の楽しむ本としてはちょうど良い本ですかね。

アン・ペリーのクリスマス本は2003年から毎年出版されていますし、Hooplaでも無料オーディオブックがいくつかあるので、来年の12月はもっと読めるかな。

もちろんアン・ペリーに限らず、洋書はクリスマス本が本当に多いですし、12月はもっともっとクリスマス本を読んでもいいのよね。軽くて心温まるものも多いし何よりも気分が盛り上がる。来年は12月早々から計画を立ててもっと読むのだ(忘れなければ)。







関連記事

マライア・キャリー/ケニーG Xmasコンサート | トップページへ戻る | 今年のクリスマスツリー 2015

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

プロフィール

koburii

Author:koburii
HN:こぶり
40代主婦。
時々内職、日課は散歩、趣味は読書や映画鑑賞。国内外問わず引越しが多いです。

にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・散策へ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

シンプルアーカイブ