トップ  >  本雑記  >  鏡開きと今年の洋書(の読み方)

鏡開きと今年の洋書(の読み方)

2016年01月12日

unnamed-6_201601120953581e0.jpg

今日は朝から鏡開きのために小豆を煮てました。
おぜんざいは久しぶり。
お餅は美味しいけど簡単に太りますね。
まあ鏡開きが過ぎればまた次のお正月まで食べないのでいいけども。

今年の洋書の読み方を考えていたのですが、
語学の本に、「五感を使えば使うほどよい」と書いてありました。

Hoopla登録以来、無料で借りられるオーディオブックが増えたので、出来るだけ、オーディオブックとeブックの両方を揃えて、聴きながら音読する。耳と目と口を使う読み方。

実は昨年末からこのやり方でほとんど読んでいるのですが、オーディオだけ、本だけ、よりもやっぱりいいと思います。
記憶に残りやすいし、単語もチェックしやすい。

ただどうしても聴いてる方が読むよりも楽なので、半分くらいは聴きながら音読ではなく、聴きながらシャドーイングが、もしくは聴いているだけにはなってしまいます。

オーディオブックは高いのでHooplaで月十冊までだけど借りられるのは助かる。しかしニューヨークライブラリーカードではなんと借りられない。そのうち借りられるようになるのだろうか。私はまだボストンのライブラリーカードがあるのでこれで借りてしまっているけれども。Hooplaがいいのは図書館ベースなので、オーディオ版が借りられるときは、大抵電子ブックも借りられるケースが多い。でもこれもマサチューセッツね。ニューヨークは人口が多いわりには本の数も少なく、あまり使えないの。オーディブルで購入もします。アマゾンで本と一緒にオーディブルナレーションを購入すれば、かなり安くなるものもあるので、それも利用します。とにかく今年はオーディオブックメインになると思います。

huyy.jpg
ライブラリーカード。
左2枚がニューヨーク、右がボストン。
関連記事

233冊目 By the Book 作家の読書習慣 | トップページへ戻る | 232冊目 The Life We Bury 30年目の雪どけ

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

プロフィール

koburii

Author:koburii
HN:こぶり
40代主婦。
時々内職、日課は散歩、趣味は読書や映画鑑賞。国内外問わず引越しが多いです。

にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・散策へ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

シンプルアーカイブ