239冊目 The Yellow Wallpaper and Other Stories

まだもう少し内職、内職、内職です。日々修行、ありがたいです。
とりあえずの読書メモ。

99300.jpg

The Yellow Wallpaper and Other Stories by Charlotte Perkins Gilman

シャーロット・パーキンス・ギルマンはジェンダー論で有名な女流作家だそうです。ジェシカ・ラングがどれもいい演技をしているテレビドラマ、”American Horror Story”の中でちらっとこの小説が出てくるので、気になって読みました。こちらの短編集は、表題作のThe Yellow Wallpaper他7編。社会的な何かによって、物理的に、精神的に閉じ込められている女性を描いた作品が多いです。

If a physician of high standing, and one’s own husband, assures friends and relatives that there is really nothing the matter with one but temporary nervous depression—a slight hysterical tendency—what is one to do? 
ーThe Yellow Wallpaper



”The Yellow Wallpaper"

表題作でシャーロット・ギルマンの代表作の一つ。
医者であり、表面的には優しく妻思いの旦那さんのアイデアで、主人公の若妻は「療養」のため人里離れたコロニアルマンションに閉じこもっている。旦那さん曰く、若妻は病気ではなくただの"depression"で、必要なのは新鮮な空気やエクササイズ、そして「仕事」をしないでただ休むこと。
若妻は、時間毎に決められたスケジュールの中、その大半を破れた黄色い壁紙で覆い尽くされた部屋で過ごしている。そして何もせずに壁紙を見つめているうちに、その壁紙の中に女性が閉じ込められていることに気がつく。
安静に、大事にと、何もさせてもらえない女性が 、だんだんと狂気に陥っていく姿を描いた作品。

”Three Thanksgivings"

こちらは打って変わってエンディングが爽快です。主人公は50代の未亡人。住んでいる屋敷が気に入っていて、離れたくはないのですが、金銭的に維持できません。救済の手を差し伸べてくる長い付き合いの隣人は、一見優しく見えるけど、要は弱みにつけこんで未亡人と屋敷を手に入れようとしているだけ。また一緒に住もうと言ってくれている子供達も、屋敷を売ったお金をあてにしていたり、何か違うのね。さあ困った困ったな状況なんだけど、上手いことやりましたね。してやったりで気持ちいいラストです。

”The Cottagette”

主人公はアーティスティックな女性。ある男性に恋し、結婚したいと思っています。ところが経験豊富な古い友人から、男なんて結局のところ妻ではなく(もちろんアーティストでもなく)、単に家政婦が欲しいのだから、家事力をあげなければダメだとアドバイスされます。そして料理やら掃除やら頑張るわけですが、、、。
これもラストは爽快で可愛らしい作品ですね。

”Turned"
シニカルな作品です。これはあまりリアリティを感じなかったかな。構成は面白いと思いましたが。
とあるお屋敷。さめざめと泣く若い女性二人。一人はこのお屋敷の若き妻。もう一人はメイド。不在中の夫。夫のやらかしたことで、二人の女性が悲しんでおります。妻は嫉妬に狂い、メイドは途方にくれ。何が起きたかは容易に想像つきますかね。と、そこまではいいけれど、結末がどうにも?。もちろん理想的ではあるけれど、こういう展開はちょっとないと思うなあ。


”Making A Change”
こちらは嫁姑ストーリー。主人公の女性はミュージシャンで芸術家。子供がうまれて軽い鬱になっています。夫の提案で、子供をお姑さんに任せようとなるわけですが、妻はこれに激しく抵抗し、その結果もっと自分を追い込んでしまうのね。お姑さんのおかげでなんとか乗り切り最後はめでたしめでたし。

表題作からダークな小説を書く方かと思ったのですが、そうでもないですね。意外とさっぱりした「してやったり」系も多いです。ジェンダーで言うと、実体験と理想と半々という感じでしょうか。

表題作はホラーがかっていて一番面白かったです。フェミとかジェンダーの前に、長い間借り手のつかなかったお屋敷や、荒れた黄色い部屋というね・・・。子供の頃、黄色は精神病の色だという噂がありましたが、あれはなぜだろう。今は金運と結びついて人気のある色ですけどね。

フェミニスト本が読みたかったわけではないので、その他は気分的にはイマイチだったのですが、短く読みやすいので、どれもさくっと読めました。


関連記事

Trackback

URL
http://koburiland.blog104.fc2.com/tb.php/1046-31a55271
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

koburii

Author:koburii
HN:こぶり
*国内外問わず、夫の仕事の関係で引越しばかりしている40代の主婦(子供なし)です。最近は海外ばかりでいい加減日本に帰りたいです。
*すぐ引っ越すので知り合いが出来にくい/単独行動/インドア派、と引きこもり要素たっぷりではありすが、前向きに楽しみを見つけながら暮らしていければと思っています。
*読書や映画の感想を時々書いてます。

カテゴリ

月別アーカイブ

Copyright © koburii