過ぎ去りしdays

散歩・本・映画・おやつ

[映画] Arrival

arrival.jpg

話題の映画、"Arrival"を見てきました。平日の昼間に一人で映画を見に行くと大体貸し切り状態になるのですが、これは評判もいいからか、結構混んでいました。面白かったですよ。エイミー・アダムスすごく良かった。

SF映画ですが、映像は最初から最後まで暗く、とても静かな映画です。

宇宙からの謎の訪問者という設定だとありがちな地球滅亡とか人間が狙われるとか、そういうものではありません。この巨大な石のような物体が、ある日突然世界中に12個現れます(アメリカはモンタナ、上海、パキスタン、ベネズエラ、日本の北海道など)。飛ぶでもなく、舞うでもなく、ただじっと浮かんでいます。

この宇宙船の目的は何なのか。中に入ってエイリアンとのコンタクトを試みるわけですが、そのチームのメンバーに選ばれたのが言語学者であり、言語とコミュニケーションのプロである Dr. Louise Banks(エイミーアダムス)です。

なかなか進まないエイリアンとの交流ですが、Louiseは亡き娘との思い出からヒントを得ながら彼らに近づいていきます。この娘との記憶が物語の鍵であり、クライマックスにつながっていきます。人間ドラマに重点を置いたSF映画がお好きな方にはおすすめです。

原作はSF作家Ted Chiangの、”Story of Your Life”。短編らしいし、たぶんSFの面白みを私は半分も理解していないと思うので、ぜひ読んでみたいです。

関連記事

Category : 映画
Posted by koburii on  | 0 trackback

Trackbacks

trackbackURL:http://koburiland.blog104.fc2.com/tb.php/1078-9c5c9105
該当の記事は見つかりませんでした。