本・珈琲・散歩・おやつ

[TVドラマ] ”The Terror”

 0
hujjjrtey.jpg

amcで月曜9時に放送されている新番組の”The Terror”。毎週楽しみにしていて、さらに週末にオンディマンドでエピソード1からもう一度見直してしまった。周りにあまり見ている人がいない。どなたか見てますかね?

好きなジャンルのゴシック系(閉じられたダークな世界)に加え、舞台が寒い北国(つうかもろ北極)、その上で史実を元にしたお話。

1845年イギリス。西側の海路の開拓で派遣された2艘の軍艦"Terror" と"Erebus"は、カナダの北の入り組んだ湾の辺りで氷った海で身動きがとれなくなります。

極度の寒さとストレスにさらされた百数十人の男達は、飢え、病気、反乱、エスキモーとのいざこざ、北極熊?、カニバリズムとまさに地獄を見ることになる。

原作は2007年に出版された Dan Simmonsのヒストリカルフィクションが元になっていて、総指揮にリドリースコット氏。まあリドリースコットは監督をしないと意味ないですが。

原作である小説が2007年に完成されていますが、実はこの2艘の軍艦は、最近調査隊によって発掘されました。"Erebus"は2014年に、そして"Terror"は2016年。これによって新たに変更された箇所もあるそうです。発掘された"Terror" と"Erebus"の記事は探すといろいろ出てくるので、これはこれで興味深い。

しかし下手なホラー小説や映画よりもよっぽど怖いです。閉鎖感が半端ない。そしてこれが実話だとは。私はガタガタ震えながら見てます。見てるだけでそこ冷えしてくるんだもの!

二人の艦長も興味深い。タイタニックの時もそうだけど、艦長の思わくと性格が、船舶という一つの世界とそこで生きるしかないクルーの運命を決めてしまうというのがすごい。理不尽であると同時に不条理な人生の縮図に見入ってしまうわけなんですが。

それにしても"Terror"とか"Erebus"とか名前にするセンスがよくわからない。"Terror"はそのまんまだし、"Erebus"はギリシャ神話の暗黒の神みたいな意味ですし。もっと縁起の良い名前にしようよ・・

.
関連記事