Book No. 48

Title: When You Lie About Your Age, the Terrorists Win: Reflections on Looking in the Mirror
Author: Carol Leifer
Hardcover: 208 pages
Published: 2009

今月6冊目の本です。NPRで本の紹介をしていて、興味を持ったので読みました。

*****
I see now that when you deny your age, you deny yourself, and when you lie about your age, you become your inauthentic twin. But most important, when you lie about your age, they win. (And of course by ‘they,’ I mean the terrorists).-When You Lie About Your Age, the Terrorists Win

コメディアン、コメディ作家であるCarol Leiferのエッセイ、メモワー。 Seinfeldのスクリプトも手がけているということで興味津々。読みやすく半日で完読。

話のメインは「エイジング」です。現在52歳の彼女が、40歳、50歳を迎えることを教えてくれます。自分自身も含め、ここ最近の30代、40代は、年をとること、中年になることに抵抗し続けている人が多いので、こういったユーモアを交えた加齢の話はとても旬だと思います。

年をとることの良い点として、「若い頃に恐れていたこと全てを、気が付くと通り越している」ことだと彼女は言います。人生でぶつかる数々の試練、離婚、リストラ、失職、病気、後悔、そして親の死。でも人間は何とか対処していくし、生きる道を再び見出します。年をとるとは、ベッドの下に隠れいつも自分を脅かしていたモンスターが、実は大したことない奴だったと、気が付くことであると言います。

ユーモア本なのですが、個人的にちょっといろいろ辛すぎる時期なので、笑い話よりは、この手の話をしみじみ噛みしめて読みました。はぁ。。
関連記事
TrackBackURL
→http://koburiland.blog104.fc2.com/tb.php/124-c7d93279