過ぎ去りしdays
散歩・本・映画・おやつ

プロフィール

koburii

Author:koburii
HN:こぶり
国内外問わず、夫の仕事の関係で引越しばかりしている40代の主婦。



カテゴリ



月別アーカイブ



57冊目: Cathedral


Book No.57

Title: Cathedral
Author: Raymond Carver
Paperback: 240 pages

読書復活、第三弾。初めて読むレイモンド・カーヴァー。

Raymond Carver said it was possible 'to write about commonplace things and objects using commonplace but precise language and endow these things - a chair, a window curtain, a fork, a stone, a woman's earring - with immense, even startling power'. Nowhere is this alchemy more striking than in the title story of Cathedral in which a blind man guides the hand of a sighted man as together they draw the cathedral the blind man can never see. Many view this story, and indeed this collection, as a watershed in the maturing of Carver's work to a more confidently poetic style.

***
この作家は好き。本を開いて数ページ読むだけでそれがわかるのは1年に1回あるかないか。言葉で、言葉では語れないものを語ることが出来る数少ない作家だと思う。

*追記
85冊目  Title:What We Talk About When We Talk About Love
http://koburiland.blog104.fc2.com/blog-entry-220.html

179冊目 Will You Please Be Quiet, Please?
http://koburiland.blog104.fc2.com/blog-entry-818.html



人生は決して完璧ではないけれど、"not so bad"だと思わせる小さなささやかな出来事が存在する。その小さな小さな灯りを繊細に見いだし表現し、読後、読者の心に、内容ではなく、映画のような残像を残す。涙と微笑みは同時に生まれる。期待していないところで救われる。でも人生って本来そんなものなんだと思う。

この短編種に収められたストーリーは12話。
"Feathers", "Chef's House", "Preservation", "The Compartment", "A Small, Good Thing", "Vitamins", "Careful", "Where I'm Calling From" "The Train", "Fever", "The Bridle", "Cathedral".特に最初の"Feathers"と"A Small, Good Thing"は傑作。ぜひぜひ読んで欲しい。

日本でカーヴァーは村上春樹さんが数多く翻訳していることで有名。村上春樹が訳したレイモンド・カーヴァーもあらためて読んでみたい気がする。ちなみに村上春樹さんのWhat I Talk About When I Talk About Running は、カーヴァーのWhat We Talk About When We Talk About Love: Stories をパロッたものだそうです。面白いですね。
関連記事


トラックバック

トラックバック URL
http://koburiland.blog104.fc2.com/tb.php/179-e4844efa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)