d0170448_1950439.jpg

先週読んだTHE HUNGER GAMESの続きにあたるのがこちら。やはり続きが気になって読み始めてしまいました。展開は予想通りだけど、話の持っていきかたがやはり上手いのでしょうかね。再び一気読みです。

Book No.81

Title: Catching Fire
Author: Suzanne Collins
Release Date: September 1, 2009
Pages: 400pgs (UK/480pgs)


74th Hunger Gamesが終わった数ヶ月後。予想外のエンディングに持ち込み生き延びたKatnissが望むことは、母と妹と静かに暮らすことだけだった。そして地獄のバトルを勝ち抜いたKatnissは、それを期待して良いはずだった。勝者には一生困らない賞金が与えられるのだから。それなのに。ああそれなのに・・・

Against all odds, Katniss Everdeen has won the annual Hunger Games. But there are rumors of rebellion among the subjects, and Katniss is the faces of that rebellion. The Capitol is angry. The Capitol wants revenge.


やっぱりあのエンディングじゃダメだったのですね~。まあそりゃそうですよね、Capitalがそんな優しいわけがない。でもとにかく、テレビ中継を通してKatnissを見守ってきたDistrictの人々にとって、Katnissは革命のシンボルとなっていくわけです。

Katnissはいい迷惑なのですよ。Katnissは優しいけど非常に現実的でクールな賢い子、世界を変えるより、こんな世界で子供を産まなければいいって考える子ですからね。もっとも過ぎてぐうの音も。。
CapitalのPresident Snowに脅されたこともあり、愛に生きる少女を演じようとします。

しかし本人の気持ちとは裏腹に、革命の火の粉はあちこちで沸き上がり、Katnissは、なくてはならない存在となって行きます。
Capitalにとって、Katnissは完全に目の上のたんこぶなのですが、だからといって彼女を始末してしまえば、革命はますます激しくなるばかり。そこでKatnissをもう一度、Hunger Gamesの舞台にあげることを考えます。

そして75th Hunger Gamesは始まります。そして今回は、確実にKatnissが参戦するように、出場者の抽選方法が変わるのです。

もうそう来るかって感じですよー(> <。)

そして当然、この抽選方法では、彼も出場しますよね。この為再びKatnissの苦悩が始まるのです。自分が死ぬことはどうでもいいのです。だけど死ぬ前にまず、守らなければいけない人がいるのです。

今回はKatnissの生活の中で愛する人々が、次々と拷問&危険な目に合っていきます。その過程で、Katnissは本当に憎むべき相手を、心の底から自覚し始めるのです。

そして本の終わりに近づくと、KatnissはHaymitchから、ある驚く事実を知らされます。そして・・

・・クリフハンガー・エンディングです・・もうそりゃないよorz

続きとなる最新作は、発売後間もないこともあって、図書館では予約が一杯で当分借りれそうにありません。。はあ。でも待つけどねー。

そして三部作の最終巻、タイトルは、ずばりMockingjay。きましたねー。




いつも訪問&クリックありがとね(o・ω・o)
にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ





*おまけ記事
ちょっと全作のネタバレにもなるので、The Hunger Gamesを読み終えた方だけどうぞ~。

おまけ
関連記事
TrackBackURL
→http://koburiland.blog104.fc2.com/tb.php/199-9fb4b251