過ぎ去りしdays

散歩・本・映画・おやつ

77冊目: The Body in the Library

d0170448_20444928.jpg

ちょうど彼女の本を読んでいたら、昨日9月15日はアガサ・クリスティのお誕生日ですってね。そして今年は生誕120周年にあたるそうですね。(昨日のGoogle doodle、すごく可愛かったですよね!) Happy 120th Birthday to Agatha Christie!


Book No.77

Title: The Body in the Library
Author: Agatha Christie
Published: 1942
Pages: 245pgs


おばあちゃん探偵、ミスマープルシリーズです。

ある朝、Bantry大佐(Colonel)と奥さんが目覚めると、なんと書斎(library)に見知らぬ若い女性の死体が転がってました。

当然最初に疑われるのはBantry大佐です。そしてここは小さな村。噂は一気に広がります。死体の女性はホテルのダンサーで、Bantry大佐はそのホテルに行ったこともあるので、リタイヤ目前のBantry大佐はあらぬ噂で社交生活までままならなくなっていきます。

夫婦仲が悪かったりすると、ここで奥さんまで家を出ちゃったりしますよね。

でも幸いなことに、Bantry大佐の奥さんは旦那さんを疑いもしないし、その上Miss Marpleの友人です。そして絶対Marpleが事件を解決してくれると信じています。そもそも朝一番でMiss Marpleを呼び出し現場検証させます。警察が本格的に調査を始める前に、関係ないおばあちゃんが死体の周りをウロウロしてるとかって(笑)。ほのぼのしてて最高。殺人事件だというのになぜか和むクリスティワールド。

さてこの死体のホテルのダンサー。実はとある大金持ちのご老人に気に入られ、近々養子になる予定があったことがわかります。ご老人は数年前に、妻と娘と息子を、事故で同時に失っています。でも死んでしまった娘と息子には、それぞれ配偶者がいて、彼ら(義息子、義娘とそのその連れ子)とはご老人は比較的上手くいっています。遺産もトラブルを避けるため、すでに子供達に分けてあります。

警察が解決の糸口を掴めぬまま、第二の殺人が起こります。またまた若い女性です。

ダンサーの少女は誰に殺されたのか?そしてなぜBantry大佐の家の書斎に置かれていたのか?第二の殺人とはどうつながるのか?

「誰を見ても誰かを思い出す」Miss Marpleですが、ここでは彼女の観察力が光ります。特に女性ならではの視点が必要な今回の事件。Miss Marpleなしでは迷宮入りしていたかもしれません。今の時代では絶対考えられない話なんですけどね。





にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ

関連記事

Posted by koburii on  | 0 trackback

Trackbacks

trackbackURL:http://koburiland.blog104.fc2.com/tb.php/203-4b27e7ae
該当の記事は見つかりませんでした。