c5b1d73bd4dc2b571a57d714d7bedd18.jpg

Book No.66

Title:Before I Die

Author: Jenny Downham
Published: 2007
Pages: 336pp

Everyone has to die. We all know it. With only a few months of life left, sixteen-year-old Tessa knows it better than most. She's made a list though-ten things she wants to do before she dies. Number one is ... Starting tonight.

余命わずか数ヶ月となった16歳のTessaは、まだやってない事、したい事をリストにして、死ぬまでにやり遂げる決心をする。まず最初はSEX、そしてドラッグ、リストはまだまだ続く。

成長の過程で誰もが体験するであろうこと全てを、何もしないまま人生を終えなければならない。死を見据え、覚悟を決めたTessaは、時間では計れないもので、自分の人生を意味あるもにしようとする。Tessaのリストは時には法を破り、時には身を危険にさらし、時には過ぎた要求だ。簡単なことではない。友人も、親も、恋人ですら、Tessaの要求に尻込みをする。

16歳のTessaは自分の人生を最後まで諦めず、少しの嘘も赦さない。そして自分の人生に妥協しない。妥協したら意味が無いから。残された時間の価値なんて結局のところ本人にしかわからない、だから自分で叶えるしかないのだ。例えまだ10代であっても。例え余命数ヶ月の病気を抱えていても。

主人公のキャラは好きです。一見我がままに見えるけど、変えられない運命を嘆いたり、無い物(時間)ねだりをしない。嘘や取り繕いを嫌う。そんなゲームをしてる時間は彼女にはないから。簡単に悲劇のヒロインになれる状況で、最後まで現実的に、ガツガツ生きようとする姿勢は素晴らしいと思いました。

ただ全体的に暗くて、あまり好みの本ではありません。また個人的に最後のレターがお涙頂戴的で不要に感じました。

関連記事
TrackBackURL
→http://koburiland.blog104.fc2.com/tb.php/212-477b2509