91冊目:Spiritual Serendipity

068480786jpg.jpg

Book No.91

Title: Spiritual Serendipity

Author: Richard Eyre

Published date: 1997

pages: 224pages



Serendipity, a word coined by an 18th century British writer named Hoarse Walpole, suggests an attitude of mind and heart that can give people the means to move from where they are to where they want to be, and perhaps even from where they are to where God wants them to be.


ノンフィクション。セレンディピティに関するお話です。

そもそもセレンディピティという言葉は、イギリス人の伯爵でHorace Walpole氏という方が、"The Three Prince of Serendip"というペルシャ民話から作った造語らしいのです。Serendipとは今のスリランカのことだそうです。この民話、私は以前ショートバージョンで読んだ事があるのですが、全文で読むと確かに興味深いです。

セレンディピティとは、"a happy accident " 「幸運なる偶然」のような定義で使われますが、この「偶然性」というのは実は本来は非常に薄く、むしろ自ら引き寄せる意味合いの方が強いのではないかと。

民話に登場する3人の王子は、かなりハードな使命を与えられ冒険に出るのですが、目的を果たす前にたくさんの人を助けます。慈愛と英知、忍耐と勇気、つまりこれらの美徳というか前向きな姿勢がキーで、それらを持って人生に挑んだ結果、セレンディピティが「偶然」ではなく、「必然的に」起きる。誰よりも強く望み、それに向けて努力しながらも、人を押しのけてまで、または不幸な人を無視してまで手に入れても仕方ないという姿勢。

引き寄せの法則のような感じで、具体的にセレンディピティを招く体質になるためのステップなどが紹介されております。まあそもそも「狙っちゃダメ」な領域ですから、精神面とかのお話ですね。

美徳とはかけ離れていますが個人的な経験を。数年前、サンフランから成田まで一人。前の方のいい席を確保したくてかなり早くから予約を入れ、ウェブサイトで座席のチェックもし、万全の状態でチェックイン・カウンターへ向かいました。ところが乗り合わせた団体のお客さんの席が一つ足りないので、席を変わってもらえないかと打診が。そもそもなんでみんなでそんな並んで座りたいのか不思議だし、希望を確実にしたいならもっと事前に努力しようよとも思ったのですが、まあ困ってるらしいので譲ったのです。後ろの方のど真ん中の席に移動させられるのも覚悟で。そうして代わりにあてがわれた席が、なんとビジネスクラス☆。米系の航空会社だからか、空きがあるからどうぞとさくっと。またある時似たような感じで、窓際の席を人に譲った結果、4列席全て、つまりエコノミーなのにフルフラットで寝て過ごせた経験もあります。あれも一種のセレンディピティだった・・・違うか。

本は非常に短く読みやすいです。15年近く前の出版なので、現在は似たような本が多くてあれこれ混ざってしまいそうですが。


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村



関連記事

Trackback

URL
http://koburiland.blog104.fc2.com/tb.php/227-706d83f7
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

koburii

Author:koburii
HN:こぶり
*国内外問わず、夫の仕事の関係で引越しばかりしている40代の主婦(子供なし)です。最近は海外ばかりでいい加減日本に帰りたいです。
*すぐ引っ越すので知り合いが出来にくい/単独行動/インドア派、と引きこもり要素たっぷりではありすが、前向きに楽しみを見つけながら暮らしていければと思っています。
*読書や映画の感想を時々書いてます。

カテゴリ

月別アーカイブ

Copyright © koburii