99冊目: Alice I Have Been

alice1.jpgBook No.99


Title: Alice I Have Been

Author: Melanie Benjamin

Publication Date: 2010 Jan.

Pages: 400pp (Paperback)




明日5月4日はAlice Liddellさんの誕生日です。

Alice Liddellさんとは、”あの”「不思議の国のアリス」のモデルとなった方です。1934年に82歳でお亡くなりになりました。

この小説はとてもとても興味深い本です。読んでいる間は、ひたすら受け身となって読書に没頭したいものですが、いろいろ思うところも多かった作品です。

"But oh my dear, I am tired of being Alice in Wonder Land. Does it sound ungrateful? Only I do get tired."

ONLY I DO GET TIRED.



フィクションではありますが、とことんリサーチされているのでヒストリカルフィクションのようです。現実ではアリスも成人女性となり、結婚し、母となり、子供も産み、未亡人となり、老女となったわけですが、この小説はその彼女の立場で描かれています。「不思議の国のアリス」だった少女が、孤独な老人となり隠居生活を送っています。。

Alice_Liddell.jpg本物のAliceさんですが、大きょうだいの中間子として生まれ、他の少女たちとはちょっと違った少女だったらしいですね。

自然児で、ナチュラルで、しかし一方で、年齢や若さの神秘と謎を感覚的に理解している大人の部分も持ち合わた少女。そんな彼女と、繊細で才能あふれるけれども、人と上手く付き合えない30男。

幼いAliceはCharles Dodgson(のちのLewis Carrol)と出会い、Charlesにインスピレーションを与え、ミューズとなり、そしてある午後、物語を作り書き残すようCharlesにねだります。"Alice's Adventures Under Ground"、のちの "Alice's Adventures in Wonderland"の誕生です。




Alice-Liddell.jpg読みどころはやはりCharlesとAliceの関係。無垢さと、年代を超えた不思議な磁力が存在する二人の間には、セクシャルな部分も否定できないわけですが、絶妙に描けていると思います。そして大人となったアリスの人生もまた興味深いです。

彼女の存在なしでは、「不思議の国のアリス」は生まれなかったでしょう。

そして、「"あの"アリス」ということで、彼女の人生もまた決定的なものとなるのです。



Who・Are・You? 不思議の国でキャタピラは、アリスにそう尋ねます。

不思議の国から出た、もう少女でもミューズでもないAliceは、さてどんな答えを自分で見つけるのでしょうか?






洋書ブログのランキングに参加中。
いつも遊びに来てくれてありがとうございます☆
にほんブログ村 本ブログ 洋書へ にほんブログ村 英語ブログ やり直し英語へ

関連記事

Trackback

URL
http://koburiland.blog104.fc2.com/tb.php/237-0784d4d5
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

koburii

Author:koburii
HN:こぶり
*国内外問わず、夫の仕事の関係で引越しばかりしている40代の主婦(子供なし)です。最近は海外ばかりでいい加減日本に帰りたいです。
*すぐ引っ越すので知り合いが出来にくい/単独行動/インドア派、と引きこもり要素たっぷりではありすが、前向きに楽しみを見つけながら暮らしていければと思っています。
*読書や映画の感想を時々書いてます。

カテゴリ

月別アーカイブ

Copyright © koburii