過ぎ去りしdays
散歩・本・映画・おやつ

プロフィール

koburii

Author:koburii
HN:こぶり
国内外問わず、夫の仕事の関係で引越しばかりしている40代の主婦。



カテゴリ



月別アーカイブ



フランス旅行 2010年2月(1)

2月後半~3月頭のフランス旅行記事です。
と言うより急遽フランスに用事が出来たので、ついでにモンサンミシェルを観光してきたと言った方が近いです。下調べをする時間もなし。


パリからモンサンまでの行き方はいろいろあります。ツアーバスなども出ていますが、それだと片道5時間近くかかるらしいです。若い子だとそれもいいですが、広々ゆったり旅行したい人には電車+バスの組み合わせの方がいいのではないかと思います。時間も少し短縮出来ますし、電車なら食事カーでフードを購入したり出来ますし。

電車の場合、目的駅はRennesか、Dol De Bretagn。Rennesまではパリから電車で2時間+バスで1時間半弱。もしくは、Dol De Bretagnまで電車で3時間+バス30分です。我が家は後者で。


フランスの田舎風景を見る列車の旅もなかなか良いですよ。


食堂車にはいろいろフードが置いてあって、お値段も手頃。食後は私はホットチョコレート、夫はワインを飲みながら読書。バスだと本が読めないので、やっぱり電車がおすすめ☆


Dol De Bretagnの駅。


駅をおりると目の前にバスが待っています。ここからバスで30分でモンサンへ。


少し走ると早速見えて来ましたよ~。。

モンサンに到着し、アビーの内部に入っていきます。


中世っぽい雰囲気がそこかしこに漂いたまらないっす。


天気が悪くなって来て一層感じが出ます。これこれ。カラスを2~3羽お願いします。


さて内部。アビー(修道院)内はどこも造りが同じみたいですね。この中庭はあちこちで見覚えが。


ここが最も来たかった場所。写字室です。
印刷技術が発明される前、修道院たちが手書きでせっせと福音書を書き写していたであろう部屋。The Name of the Roseの世界っぽいじゃないですか。

大きな暖炉がいくつか。手がかじかまないためでしょうか。海に囲まれて風も強く、えらく寒いですからね、ここ。

陽もさんさんと入り、他の部屋と比べると断然明るく広い部屋です。ここで修道士たちは写本に励んだのかと想像するとゾクゾクしますね。
この後宿泊先のホテルに。別に泊まらなくても良かったかなー、というのが正直な感想。ライトアップされたアビーを見れたのは良かったけれど。でも2~3時間あれば十分見て回れますよ。

(続く)
関連記事


トラックバック

トラックバック URL
http://koburiland.blog104.fc2.com/tb.php/263-898eaf2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)