過ぎ去りしdays

散歩・本・映画・おやつ

ディケンズ、ウルフ、オスカーワイルド、ホームズ(?)

好きな作家のブループラークが溜まったので。

★ヴァージニア・ウルフ 



ブルームズベリー。1924年、夫レナードを説得してロンドンに戻ったヴァージニアが
住んだ場所です。
同じくブルームズベリーには、ヴァージニアがきょうだいで買った家(46 Gordon Square)
もあります。ただウルフとレナードが1924年に移り住んだフラットは、
”52 tavistock square”だったはずなので、正確にはこのプレートが貼ってあるお隣(別の著名人
のブループラークが置かれています)だと思います。



ミセスダロウェイはここに移り住んだ翌年に発表されます。

**

★チャールズ・ディケンズ



現存しているディケンズが実際住んだ家です。ウルフの家からも15分くらい。
フラット全体がディケンズの資料館になっていて有料ですが見学出来ます。
質素な感じの家ですが、大作家になる前、若い頃に住んでいた家らしいです。

**

★オスカー・ワイルド



チェルシーにあるオスカーワイルドの家。
1884年から、逮捕されるまで住んでいた家で、ドリアングレイの肖像や、大好きで
レビューも書いた"The Importance of Being Earnest"もここで生まれます。


テムズ川にすぐ出れるし、とても雰囲気がある場所です。


★シャーロック・ホームズ(?)



架空の人物ですが、実際ホームズが住んでいたことになっている「221b ベーカーストリート」
があって、ミュージアムになっています(厳密にはこの住所は他のビルに属するらしいですが)
。ホームズの部屋が再現してあり楽しいツアーが出来ます。



ベイカーストリートは味のある街で、特に夜遅くちょっと裏路地に入ると
ホームズに出会いそうな気がします(ホームズに変装してる人がたまにいるので
実際見かけるんですが・・笑)

ベイカーストリート駅にはこんな遊びが。

関連記事

Category : 本雑記
Posted by koburii on  | 0 trackback

Trackbacks

trackbackURL:http://koburiland.blog104.fc2.com/tb.php/308-a71dd30a
該当の記事は見つかりませんでした。