過ぎ去りしdays

散歩・本・映画・おやつ

Book No.13 Just Listen


Book No. 13

Title: Just Listen
Author: Sarah Dessen
Publisher: Puffin (2008)
Paperback: 384 pages

今年最後の本。12月は忙しい中読書強化習慣を設けた甲斐もあり一応5冊は完読☆。1月もこの調子で読んで、洋書を読むスピードをもっと上げたい。

******

"There comes a time when the world gets quiet and the only thing left is your own heart. So you'd better learn the sound of it. Otherwise you'll never understand what it's saying."

"Don't think or judge, just listen."

”The girl who has everything." まだ高校生のAnnabelは、美人でモデルの仕事をしているが、自分に自信のない女の子。建築家の父と、子供の世話が生きがいの母、同じくモデルの2人の姉と、一見完璧な生活を送っている。

Annabelにとって、モデルの仕事は母のためで本当はやめたい。学校では友達から無視され孤立しているし、すぐ上の摂食障害を抱えている姉ともあまり上手く関係が築けていない。そして何より問題なのは、自分の願望を押し殺し続けているため、気持ちに素直になれないこと。

三姉妹末っ子で育ったAnnabelはとっても良い子。自分以上に問題を抱えている母親や姉や友人たちを、がっかりさせないように気を使って生きている。そして自分を見失い友達も失い孤立する。何もかもアン・フェア。そんなとき、野暮で音楽狂のOwen Armstrongと出会い、自分と向き合う大切さ、怒りを感じる大切さを知る。

この本大好きかも。主人公のAnnabelにも、Whitneyにも共感出来たし、ストーリーー展開も面白い。一気読みできた。YAブックなので英語も読みやすいしとってもお勧めの1冊です。

Rating: 4.5 out of 5

関連記事

Posted by koburii on  | 0 trackback

Trackbacks

trackbackURL:http://koburiland.blog104.fc2.com/tb.php/49-7322fc8b
該当の記事は見つかりませんでした。