Book No.14

Title: So Many Books, So Little Time
Author: Sara Nelson
Publisher: Putnam Adult (2003)
Hardcover: 256 pages

今年一番に読んだ本はずばり『本のエッセイ』。

*****

What draws a particular reader to a particular story can be completely idiosyncratic.
Reading is highly personal and often revealing. Readers have superstitious preferences and irrational dislikes.(p.115)
--So Many Books, So Little Time


雑誌のエディター&コラムニストであるSara Nelson の、一年間の読書日記とエッセイをまとめた本。

彼女のプロジェクトは、1週間に1冊/年間52冊の本を読んでエッセイを書くこと。本のレビューではないのでご注意を。基本的には、本は会話の糸口って感じで自分のことや家族・友人のことが多く語られている。お勧め本を期待していた私はちょっと拍子抜けした。

しかし、本の選び方、読書時間の作り方、読みたい本と読むべき本の優先順位のつけ方、同時進行で複数読むか、1冊ずつ読み終えてから次に取り掛かるかetc..本はたくさんあるのに、読む時間は限られている。読書が趣味の人なら誰でも感じるジレンマや、本に関する話題を取り上げた本。

自分も今年は週に1冊読むブックプロジェクトを考案中なので興味深かった。もちろん具体的な本選びは参考にならないけれど、この部分には100%同意。

How do you choose your book?" my friends had asked.
I don't always choose the books, I'll say, sometimes THE BOOK CHOOSE ME.


Rating: 3 out of 5
関連記事
TrackBackURL
→http://koburiland.blog104.fc2.com/tb.php/53-520657d0