往年のハリウッド女優たちの40歳前後の時の作品を観ていくハロー40プロジェクト。忘れていませんよ!地味に続けています。

しかしやはり、美の全盛期を過ぎているからか、これは☆という役柄が少なく、ブログに書くほどでもなく。

いくつか良かった映画を紹介。期待はずれも多かった。

ちなみに作品内容よりも女優にフォーカスする企画なので、内容紹介は控えます。



■ Mildred Pierce /1945年作




ジョーン・クロフォード40歳の時の作品 です。
確かクロフォードはこの作品でオスカーを受賞したのではなかったかしら。

まだまだ女性として魅力があり、社会的にもバリバリ稼ぎ、女としてのパワー全盛期。
そんな理想的な40歳女性の役柄が、40歳のクロフォードにぴったりです。

しっかりもので健気で、でもよくよく考えると子供をスポイルしてるだけの
強い母親。この娘役もいいですね。めちゃくちゃ腹が立つ。

こちらの映画は最近ケイト・ウィンスレットがリメイク版に出ていますね。


■ The African Queen /1950年作




キャサリン・ヘップバーン43歳の時の作品です。
私はあまりキャサリンヘップバーンの魅力が分からなかったのですが、
この作品の彼女はとても美しかったです。

堅物の、男に縁も興味もない高齢女性の役なので、服装も色気がなく、
オンボロ船で逃げ回っているので何もかも汚れているし、
それなのにすごく魅力的でした。

43歳で、ちゃんと43歳の輝きを持っている。若作りでもなく、全然老けても
いない。40代って女性にとって素晴らしい10年なんだと思わせてくれる。

やはり太っちゃだめですね。
40代で素敵な方は、もれなくそれなりの体型を維持してますね。


関連記事
TrackBackURL
→http://koburiland.blog104.fc2.com/tb.php/540-54a03b13