mango-street1.jpg

Book No. 130

title: The House on Mango Street

author: Sandra Cisneros

publication date: 1984

pages: 110pp

I knew then I had to have a house. A real house. The house on Mango Street isn't it. For the time being, Mama says. Temporary, says Papa. But I know how those things go.


貧乏なメキシカンファミリーの娘、Esperanzaが、両親とともに引っ越して来たのがこのシカゴの移民街にあるマンゴストリートの小さな家。

実はここ、両親がやっと手に入れた念願のマイホーム。
もう家賃を払う必要もないし、隣人に迷惑がかかることも気にしなくてもいいし、大声で騒げる。
何から何まで、家も、庭も、そっくり自分たちのもの。
誰にとっても喜びと希望の瞬間・・・のはずなんですけれど。


でもここは、Esperanzaが夢見ていた家じゃない。
ボロっちいし、狭いし、近所はガラが悪いし、もう全然違う。全然不満。
だからEsperanzaは、絶対出て行ってやると誓う。
そしてこの最初の印象は当たっていて、この家でEsperanzaは友人も出来るが、嫌なことにもいろいろあう。
一方、愛や性、そして死という、人生のある意味陰の部分だけど、決定的に大切なことも学ぶ。

思春期の少女が、精神的にも、肉体的にも、少しずつ成長していく姿が描けている。
同じように貧乏で、問題ある隣人たちに囲まれ、一般的には子供に悪影響を与えそうな環境だけど、きちんと現実を受け止め、人間社会を学びとる強さを持ったEsperanzaは、ここでかけがえのない日々を送る。
決して満足はしていない。けれど複雑な環境はEsperanzaの感受性を刺激し、なによりも「書く」原動力となっていく。

短い文体なのですが、驚くほどの背景が読み取れます。
それにしても、これは小説なんだろうか、日記なのだろうか、詩なのだろうか?
曲をつければそのままエイミー・ワインハウスの歌でありそうな感じ。
リズムがよくて、正直で、でも内容は結構重かったり。

こちらの小説は種類で言うと典型的な”vignette”と呼ばれる部類に入るそうです。
この言葉、たまに聞くんだけど意味だけしらべてもイマイチよくわからなかったのですが、やっと何となくだけど理解できたような。
小説でいうvignette(ビネット)とは、日常の小さな、けれど象徴的な瞬間を、
短く、印象的に捉えた、スケッチのような作品のことで、
箱詰めチョコレートのように、個々それだけで完成された小作品が、
いくつかより集まったものを指すみたいです。

日常のさりげない一瞬を、小さな虫取り網でさっとキャッチしたような鋭い感性は、若い作家ならでは。
とはいえこちらの本、出版からもう四半世紀経っているのですけどね。
私も今回読んだのは25周年記念版。長く愛されている作品です。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * *

CIMG6530 copy最初はワインに凝り始めて、その過程だったんですよ、チーズも。

でも最近ワインは減ったのに、チーズの量だけはなぜか衰えない。朝とか昼のおやつにも食べたくなる。

この辺のスーパーも、本当チーズの種類が多いからいろいろ試したくなってこれも原因。

春までにはやめないと。クセになってるみたいです。




にほんブログ村 本ブログ 洋書へ にほんブログ村 主婦日記ブログ お気楽主婦へ
関連記事
Secret