war horse book

Book No.135
Title: War Horse
Author: Michael Morpurgo
Publication date: 1982
Pages: audio book

「War Horse」なんて、タイトルだけでドラマ性を感じますね。

なんとなく狙いを感じて手が出せなかった感もありますが、読みました。思っていたよりもずっと良かったです。

ナレーターは馬のJoey。馬が主役でナレーターというと、有名な古典、Black Beautyがありますが、人間の争いや都合に巻き込まれる動物という設定で、私は大好きなジャック・ロンドンのThe Call of the Wild(1903年出版)みたいなのを期待して読んだのですが・・

・・全然違いました。というか180度違うタイプの本でした。

The Call of the Wildでは、主人公の「犬」Buckは、裕福で愛情ある飼い主のもとから一転、ゴールドラッシュで一攫千金を狙う男達の間に投げ込まれます。欲むき出しの人間たちの間で道具のように痛めつけられますが、一方でそんな荒れた生活と荒野での暮らしが、Buckの本能を呼び覚まします。サバイバルをかけた極限の生活の中で、Buckは初めて自分の血を知るのです。つまり、大事なのは、人間の愛と優しさの間で飼いならされることではなく、本当の自分を生きることだ、みたいな話です。

さてWar Horseです。

主人公の「馬」Joeyは、少年Albertの愛を受けて、牧場馬として育ちます。しかし時代は世界大戦の真っ直中、Joeyは英国軍の戦争用の馬として売られてしまいます。戦火を駆け巡りながらも、イギリス軍、ドイツ軍、フランス人とさまざまな人と出会い、そこで人々に愛と力を与え、同時に彼らの愛を受け取ります。そしてMy Albertと一緒に、元の牧場へ戻ることがJoeyの願いです。


The Call of the Wildと違い、出て来る人はみな良い人で、愛がたっぷりです。War Horseは、動物を主人公にしていますが、伝えたいのは戦争の無意味さと、生きるための輝きや希望の方だと思うので、この馬と人間、または馬を通した人間同士の愛を描くことが、とても大事なのでしょう。

残虐なシーンもなく、意地悪な人も出てこないので、安心して読めます。それでいて厳しい戦争もきちんと伝えています。個人的に、一番注目したのは主人公Joeyの一人称のトーンです。感情的ではもちろんなく、かといって冷めた感じでもなく。。喜怒哀楽はほとんどありませんが、それでいて、Joeyの気持ちがしっとり伝わって来るという。この辺が上手いなと思いました。

ちなみにこちら、リンカーンセンターでもロングランですね。この舞台、5回も観たって人知ってます。そんなにいいのかしら。私は映画版をDVDで十分かな?と思ってますがダメ?

あと先日の話です。セントラルパークのゲート近くの信号を待っていたら、側にいた馬車の馬が頭をこちらにスリ寄せてきてくれたので、撫で撫でしてきました。びっくりしましたよ!普段は目隠しもしているし、あまり人の動きを気にもとめてないようなのですが。それにしても馬は本当に愛おしい。なんと賢く、美しく、優しい生き物なんでしょうね。


***************************************************
CIMG6211.jpg
こちらは今朝、セントラルパークで遭遇した
パトロール中の騎馬警官。

大変そうな馬車の馬と違って、警察の馬はみんなゆったり優雅な感じしますよね。。








にほんブログ村 本ブログ 洋書へ にほんブログ村 主婦日記ブログ お気楽主婦へ
関連記事
Secret