MV5B.jpg

A Separation  ( 邦題『別離』)
2011年|イラン

やっぱりどうしても気になるので、先日観てきました。
考えてみると、イラン映画をお金を払って映画館で観るのって、これが初めてなんですよね。。

現代のイラン。近代的な奥さんのSiminは、家族で外国で生活したがっていて、その準備を着々と進めていますが、夫のNaderは、アルツハイマーの父親を見捨てるわけにはいかないと抵抗します。そこで Siminは離婚を提案しますが、これもNaderは拒否。Siminは実家に戻ります。娘Termehは、父親と、アルツハイマーの祖父のもとに残ることを選びます。

Siminがいなくなり、アルツハイマーの父親の面倒をみる人がいないので、若い(けど老け顔の)女性Raziehが雇われます。Raziehは、まだ幼い少女を連れていて、しかも妊娠中。毎日長い道のりを、(娘とお腹の中の赤ちゃんと3人で)バスを乗り継いでやってこなければなりません。そしてアルツハイマー患者の世話という、素人の限界を超えた仕事を任され、精神的に追いつめられていきます。

そんな緊張感が続くある日、やっぱり事件がおきてしまいます。

この事件が、更に深刻な問題へとつながっていきます。



まるで坂道を転がるように、事態は次々と周囲の人間を巻き込み、どんどん問題は大きくなっていきます。本質的に悪人はいないのに、思いやりは報われないどころか仇になる。出口の見えない展開と、一瞬も休まない緊張感で、2時間はあっという間でした。

親の介護という難しい問題に、さらに難しい宗教の問題が絡みます。そして西洋的合理主義な妻と、イスラム的信仰深い妻、法律と戒律、上手く噛み合ないものたちが、音を立てて不器用に衝突します。

とにかくいろんな組み合わせで、2時間ずっと言い争っていたような。雇われ女性Raziehが、自分の夫をHot Temperedなんだと弁護しますが、もうみんなHot Tempered(笑)。熱い、熱いよイラニアン!口論や言い争いが苦手な人にはちょっとキツイかもしれません。でもおすすめです。

数々の賞を受賞した映画ですが、イランの普通の良心的な夫婦(イスラムの女性蔑視イメージではない)の、普通の生活という、外国人に受け入れやすい舞台が成功の秘訣でしょうね。

それにしても、いろいろ気になることが残るエンディング。うむむ。

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ にほんブログ村 主婦日記ブログ お気楽主婦へ

関連記事
TrackBackURL
→http://koburiland.blog104.fc2.com/tb.php/598-4dd8dd08