過ぎ去りしdays
散歩・本・映画・おやつ

プロフィール

koburii

Author:koburii
HN:こぶり
国内外問わず、夫の仕事の関係で引越しばかりしている40代の主婦。



カテゴリ



月別アーカイブ



ゴースト・タウン

khuytreswerdxsss.jpg

Ghost Towns -Yesterday & Today-

キングのSalem's Lotを読んだ影響でしょうか。本屋でセール品だったので買ってしまいました。町の歴史やら、ゴーストタウン化した理由など、興味深い話と写真満載。

CIMG6462.jpg CIMG6464.jpg

アメリカというのは本当にゴーストタウンが多く、どの州にも存在しますね。
wiki

町がゴーストタウン化してしまう理由はそれぞれです。

オイルや石炭、ゴールドやシルバーなどのマイニング・ブーム。

鉄道時代に、物資提供や休憩所として栄えた駅と町。

その上で、キングのSalem's Lotもそうですが、どのメインロードとも繋がっておらず、その場所に用がなければ誰も足を運ばないような町が、ゴーストタウンとなっていきます。アメリカのように広いといくらでもありそうですね。

面白いのは、Living Ghost Townと呼ばれ、急速に人口が減少し町としては機能しなくなったものの、まだ使われていたり、人が住んでいる場所です。

観光地みたいになっている所はまあわかるのですが、私が一番興味を持ったのはアイオワのAyrshireというゴーストタウン。

Wiki Ayrshire, Iowa

この町は、130年前に中西部横断列車の途中駅として栄えた町ですが、どの段階でか廃駅となり、最終的には路線そのものが使用されなくなり、人の流れが途絶えた町です。

けれど路線として1980年まで使われていたので、なんとか今でも町として機能しているようです。

2010年の調査の段階で、住人143名。2000年のセンサスでは202人なので、この10年だけでも30%減少しています。平均年齢は42.7歳。パブリックスクールは、線路がなくなった1980年代に閉鎖。

職業は、男性のほとんどが製造業、女性は調理関係かナーシング。平均世帯収入は29,787ドル(2010年)で、アイオワの平均世帯収入が48,044ドルなので州平均と比べてもかなり低いです。一方で、失業率は低く、一度ポジションを得ると、そのままそこに留まるような感じかもしれません。

Ayrshireの町 航空写真
tr22175.png

Salem's Lotですら人口は1,319名で、学校に通う子供も多かったわけですが(フィクションですが)、こちらは学校も無くなったり、毎年どんどん人が出て行ってるし、本当に瀕死の町って感じがするのですが。

本当、みんなどんな暮らししてるんだろう。リアルで怖いんですけど。

こんなところで本当に事件なんか起きたとしたら、どちらかと言えば津山三十人殺しじゃないですか(ブルブル)。でも実際のところは平和なんでしょうねえ。



にほんブログ村 本ブログ 洋書へ にほんブログ村 主婦日記ブログ お気楽主婦へ
関連記事


コメント

こんにちは。
コロラドにも、昔、炭鉱を掘っていたような所で、今では、ゴーストタウンというようなところがあります。かえって、ものすごくひっこんだところに、そのまま、ものすごく少ない人だけで住み続けているというのも、どうやって生活しているんだろう?とか、びっくりしてしまったりしますけど。最近では、大手の会社が、いきなり会社を閉めて、町がガラガラになってしまったりということもありますよね。
セントラルパーク、お花が満開なのですね。コロラドも、例年にないくらい、ずいぶん暖かい毎日なのですけど、明日は、いきなり雪かもと、予報がでています。
[2012/04/02 11:23] URL | 洋書Bookworm #- [ 編集 ]

福島原発の近くの町の事がテレビで流れると
まるでゴーストタウンのようで見ていて悲しくなります。
生まれた町に帰れない事ほど辛い事はありませんよね。

スティブンキング
本は読んだ事はありませんが
映画 「ショーシャンクの空ニ」
が大好きで何回も観ています。^^
[2012/04/02 21:54] URL | さ〜やん #y16adP7I [ 編集 ]

>洋書Bookwormさん
本当にどうやって生活しているのでしょうね。物資もそんな頻繁にやってこないと思うのですが。。住人が全員お互い知り合いというのは、ある意味究極のGated communityみたいな感じがしないでもありませんが。
それにしても今年は暖かい春ですね。コロラドのように冬が深い場所だと、春は本当に美しいでしょうね~。

>さ~やんさん
それは胸が痛みますね。。何もかも奪われ、故郷まで奪われるなんて、並大抵の試練ではないでしょう。それも自分の意志と無関係に、ある日突然なわけですからねえ。
ショーシャンクは、私も、映画版も大好きです。でも個人的には本の方が出来がいいと思ってます。本だと何度読んでも泣けるんですよ~。いつか機会があったらぜひっ。
[2012/04/03 05:35] URL | koburii #ZHSAlOXY [ 編集 ]


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する