過ぎ去りしdays

散歩・本・映画・おやつ

138冊目: Elsewhere

51FWCP3NP1L.jpg

Book No.138
Title: Elsewhere
Author: Gabrielle Zevin
Publication date: 2005
pages: 288

死後の世界のアイデアというのは、結構みなさんそれぞれに持っているのではないでしょうか。まあ「死後の世界」と言っている時点で、死後でも何でもなく、生が前提なのですが(笑)。ちなみに私のイメージのあの世は、時間的にも、身体的にも、金銭的にも、何の制限もない状態で、やり残したと思うことを、好きなだけ、もういいやと飽きるまでやらせてくれる・・みたいなイメージです。というかそれが理想ね。

さて物語は、15歳で交通事故で死んでしまったLizが体験した死後の世界です。死んでも人生は終わりませんでした。もう一つの世界が待っていたのです。その世界は、地球とまったく同じようでいて、まったく真逆に時間が流れていきます。フィッツジェラルドのべンジャミン・バトンの人生が、ここでは数奇でも何でもないわけです。この世界に来てLizは、自分の薄幸な人生を嘆き、もがき、苦しみますが、少しずつElsewhereでの人生を受け入れ始めていきます。

Elsewhereは、基本的に地球と何の変わりもありません。仕事もしなければならないし(このアイデアに私は一瞬凍りつきましたよ)、稼ぎで買い物もする。違うことといえば、保険に入らなくていいことくらい(笑)で、それ以外は同じ。まあだからと言ってお金にいきるわけでもないので、登場人物たちは好きなこと、主に生前とはまったく違う職業につくのですがね。ある意味私の理想とするあの世と似てるのかも。

でもLizがかえって戸惑ってしまう気持ちもよくわかります。いっそターナーの絵のような世界に迷いこみ、エンジェルでも現れてくれれば納得すると思う。Lizの場合、要はある日突然外国に飛ばされ、もう二度と家族には会えないと言われるようなものでしょう。この状態で気持ちに折り合いをつけていくLizの成長が読みどころでしょうかね。読みやすいし、死後の世界が面白くてサクサクっと読めちゃいますよ。

それにしても、地球の人とコンタクトは取れるけれど、何もしないし出来ないというのは、本当にその通りだと思いました。死んだ人があれこれメッセージを送ってこない理由もこれだわね。そんな中でもLizの弟!えらいぞ!自分も弟いるし、結構仲良しなので、ジンときました。


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ にほんブログ村 主婦日記ブログ お気楽主婦へ



関連記事

Posted by koburii on  | 0 trackback

Trackbacks

trackbackURL:http://koburiland.blog104.fc2.com/tb.php/619-633928ad
該当の記事は見つかりませんでした。