過ぎ去りしdays
散歩・本・映画・おやつ

プロフィール

koburii

Author:koburii
HN:こぶり
国内外問わず、夫の仕事の関係で引越しばかりしている40代の主婦。



カテゴリ



月別アーカイブ



京極の夏

先月末に引越しをした友人から頂いた京極夏彦の本。いろいろ積まれていたのですが、まだ読んでいない京極堂シリーズの塗仏の宴の2冊と、それと巷説百物語もの2冊、計4冊を頂き、サマーリーディングと読みふけっておりました。

10日くらいかけてやっと読み終わったのはこちらの4冊。全部で3500ページくらいありました。おい。

・塗仏の宴ー宴の支度
・塗仏の宴ー宴の始末
・巷説百物語
・後巷説百物語

5106JR5B0VL9898090909098.jpg 2008060876672.jpg

510CPQQWG6898989898989.jpg m3IS2wq5.jpg

京極夏彦の「妖怪」本は、ただただひたすらギルティプレジャーです。すっごい面白いゲームソフトを、何日も寝ないでやり続けた時の、罪悪感と恍惚感が入り交ったなんとも言えない気持ち、あれに似てる。まあたぶんえっらく時間を食うからだと思うんですが。お金と一緒で、時間をごっそり注げるものって(しかも妖怪とかに)、もう道楽ですよね。あと誰に理解されなくてもいいというか、感想すらシェアしたくないというか(笑)、自己満足で留めておきたいこの感覚は何?

ちなみに京極堂で私が一番好きなのは「狂骨の夢」。ドリフターな朱美さんがかなり好み。塗仏の宴にも登場。塗仏の宴は笑っちゃうくらい全員集合で、しかも恐ろしく長い前振りで構成されていて、読み終わってぐったりしてしまった。




にほんブログ村 本ブログ 洋書へ にほんブログ村 主婦日記ブログ お気楽主婦へ
関連記事


コメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[2012/07/14 06:19] | # [ 編集 ]


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する