MV5BMTg4Mz.jpg


Incendies(2010) / 邦題「 灼熱の魂」
監督:Denis Villeneuve
製作:カナダ

舞台は中東(レバノン?)と、カナダのケベック。
まずカナダ。母親(Nawal Marwan)が亡くなり、
遺言状のことで呼び出された双子の兄妹、SimonとJeanne。

母親の遺言は悲しいもので、墓石もいらないし、名前も残さず、
お祈りもするな、自分を裸のまま、天すら仰がせず、
うつぶせで埋めてくれというもの。

そして双子は2通の手紙を受け取ります。それらはその存在すら
知らされていなかった父親と、彼らの兄へ宛てた母からの手紙で、
SimonとJeanneは彼らを探し出し、手紙を届けるように言われる。

もしそれが出来たのなら、自分が誓った約束は果たされ、
負の連鎖は断ち切れるので、墓石をたて普通に埋葬しても良い
というものでした。

この約束。それは母親が自分の赤ちゃんを胸に抱いて誓う、
生涯何があってもお前を愛するよ、という、ごくごく当たり前
のような誓いです。愛すること。忘れないこと。見つけ出すこと。

しかしNawal Marwanにとっては、この誓いこそが試練でもあり、
同時に負の連鎖を止める最高の信仰でもあるのです。
いやNawalだけではないのか。母の愛って当然視されますけどね。
やはり世界で一番偉大で、世界で一番大切なんだと思います。

ここからフラッシュバックでNawalの過去と、
母のルーツを探る旅に出た双子の現在がパラレルで進んで行きます。

ある場所では忌み嫌われ、別の場所では敬われている母。
内戦、テロ、殺人、刑務所、拷問、一つ一つ明らかになっていく
母親の軌跡にはそのたび衝撃の事実が隠されており、
また展開が読めないから主人公と一緒に翻弄される気分を味わい、
最後までハラハラドキドキさせらました。

イスラム教徒とキリスト教徒が対立する中で、Nawalは文字通り
血の海を泳ぐように生き抜いていきます。

対立、憎しみ、怒り、復讐、負の感情で支配された世界で、
クリスチャンでありながら、イスラム教徒の恋人の子供を妊娠したNawal。
そして捕らえられ強姦された後の妊娠。お腹の子供は、タブーではなく、
憎しみでもなく、愛であり、それを決めるのもまた母親です。

血を流す宗教には背を向け、産む性として、Nawalは非常に厳しい
運命を背負います。
でも同時に、子供への愛で、全てを浄化出来る母親の強さ。素晴らしさ。

テーマや雰囲気は暗いですけど、見ていられないほどの拷問シーンとかは無く、
ミステリーっぽいのでそれほど重くはないし、観賞後はそこそこさっぱりすら
します。やはり映画の根底に流れているのが愛だからでしょうかね。

タイトルはフランス語で、意味はFireだそうです。


関連記事
Secret