夫婦2人家族、引っ越し妻。いいかげん日本に戻りたい主婦の日記〜散歩/本/コーヒー(おやつ)他。

[映] Donnie Darko (2001) / The Jacket (2006)

Donnie_Darko_poster.jpg



今日はやっと5時スタートのヤンキース戦。
8時スタートだと、毎晩終わるのは12時で、お風呂も入れないから
本当勘弁して欲しい。
それにしてもNリーグ。ワシントンナショナルズがここまで残るとは・・・

秋の夜長のサスペンス映画シリーズです。

Donnie Darko (2001)

邦題:ドニー・ダーコ
監督:リチャード・ケリー
製作:アメリカ

こちらも嬉しいタイムトラベル系・複数の時間軸ものです。

主人公Donnieは精神的に問題を抱えた高校生で、夢遊病のように夜中に家を抜け出しては、朝見知らぬ場所で目覚めたりしてます。

ある晩、灰色の大きなウサギの着ぐるみを来た何者かがDonnieの前に現れ、
" 28 days...6 hours...42 minutes... 12 seconds. That is when the world will end."
と告げる。そしてその晩、Donnieの家に飛行機のエンジンが落ちてくる。家族はみんな無事で、その晩はゴルフ場で寝ていたDonnieも無事でした。

この事件で、Donnieはちょっとした有名人になり友達にも一目置かれます。そして転校してきたばかりの美人のクラスメイトはDonnieを気に入ったようだし、不良連中にも屈せずに授業でも切れの良さを見せるDonnieは、問題児というよりはヒーローちっくなのですが、一方で灰色のウサギには逆らえません・・。

これも引き込まれました。

The Butterfly Effect同様、こっちが助かると、あっちが死んでこっちも死んであっちは逮捕されこれは首になり..みたいなジレンマね。

タイムトリップで人生をやり直し、満足したところで死ぬ。私もこれが理想だなあ。でも何時自分が死んだか分らないってところがあれだけど。というか、もしかして自分はもう死んでいるかもしれないわね。気づいてないだけで・・。



jacket_ver3.jpg


The Jacket (2006)

邦題:ジャケット
監督:ジョン・メイバリー
制作:アメリカ

同じくタイムトラベルもの。

エイドリアン・ブロディとキーラ・ナイトレーと出演者はいいんですけどね。The Butterfly EffectやDonnie Darkoと比べるとちょっと物足りないかな。

Jack Starksは湾岸戦争で脳を負傷します。死んだと思われますが意識を回復し、1992年冬にヴァーモントに戻ります。途中で車が故障し路肩で困っていた母と娘(Jackie)を助けます。

その後ヒッチハイクさせてもらった男の車で事件に巻き込まれ、ここでまた意識不明に。気がつくと警察殺害の容疑をかけられ、裁判で精神病院送りとなります。この精神病院の治療で、特別なジャケット(拘束服)を着せられ、遺体安置所のような場所に閉じ込められるのですが、この中でJackはタイムトリップし、2007年に飛びます。
ここで成人したJackieに出会い、彼女の助けを得ながらJackは過去と未来を行き来し、何が起きているのかを探るのですが・・。

面白いのですが、展開が無意味に謎を残している感じがします。なんで15年後なのかとか、Jack、Jackie、Jacketみたいな語呂合わせとか。
ラストはいいですね。ハッピーエンドっぽくて。このままこっちの世界にこれたのだと思いたい。

でも一番の見所は、女好きのする優男風に仕上がったエイドリアン・ブロディでしょうか。この人もかっこいいんだが気持ち悪いんだが、微妙なポジションキープしてますねえ。

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ にほんブログ村 主婦日記ブログ お気楽主婦へ
関連記事

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

koburii

Author:koburii
HN:こぶり
*国内外問わず、夫の仕事の関係で引越しばかりしている40代の主婦(子供なし)です。最近は海外ばかりでいい加減日本に帰りたいです。
*すぐ引っ越すので知り合いが出来にくい/単独行動/インドア派、と引きこもり要素たっぷりではありすが、前向きに楽しみを見つけながら暮らしていければと思っています。
*読書や映画の感想を時々書いてます。

月別アーカイブ