トップ  >  映画  >  [DVD] Primer ‬ (2004)

[DVD] Primer ‬ (2004)

2013年01月17日

MV5BMTgwNjY5MDkzOF5BM.jpg



Primer(2004)

邦題:プライマー
監督:シェーン・カルース
製作:アメリカ

お正月にいろいろ映画も観に行ったのですが・・・。まあいいか。

2004年の作品です。お約束のタイムトラベルもの。でもよくわからなかったー。

これ4~5回見ないと(見ても)分らないらしい。メモを取りながら見ろとか、時系列表を自分でつくるといいとか、見た人からのアドバイス多し。なぜにそんな宿題みたいな。

監督は数学者で元々エンジニアだそうなので、よくある「気づくとタイムスリップしてたー!うおー!」みたいなのはやはりダメなんでしょう。

wikipediaでも図解で説明。この謎解きや図解はあちこちでみなさんチャレンジしてらっしゃっています(ご苦労さまです)。

500px-Time_Travel_Methodvg.jpg

http://en.wikipedia.org/wiki/Primer_(film)
でもくどいけど、みんなもなんでそこまで(泣)。でも77分という、かなり短いフィルムなので、2回くらいは余裕で見られる(けど私は3回は無理)。

主役は二人のエンジニアAaronとAbe。ちなみにこのAaron役(黒髪の方)が監督のShane Carruth。二人は友人達とガラージでサイドビジネスをしており、何やら開発やら研究しているらしいのですが、努力のわりには実入りが少なくみんな不満そうです。

しかしそのうち、重力を軽減する装置をつくりだし、その中では時間が変わるワームホールで、タイムとラベルが可能なことに気がつきます(すみません、よくわかりません)。AaronとAbeは抜け駆けしてこの開発にのめりこんでいきます。この装置で、未来に行くとか時空を好きに動けるわけではないのですが、数時間過去に戻ることが出来ます。装置で6時間過ごすと、『スタート時から』6時間前に戻れる。例えば昼の12時から6時間装置で過ごすと、出てくると夜の6時ではなく、朝の6時なわけです。もちろんそれだけでも、株なんかで大もうけできるわけです。

でも、パラレルワールドではないそうなので、始終タイムパラドックスがついてまわり、二人は常に自分の分身(ダブル)の存在を気にしなければならないようです。誰がオリジナルで、誰がダブルか。タイムトラベルを何度も行うため、時間軸がわけわからなくなり、ヒントも少ないのでどんどん複雑になっていきます。私はそこはほぼ無視させていただきました。AaronとAbeの二人の関係ですガ、家庭的でイクメンで責任感の強そうなAaronと、独身でちょっとちゃっかり感のあるAbe。タイムトラベルではAbeはなぜか常に先回りしているんですよね。それも逃げ道を用意しながら。どう動くか決めているのもすべてAbeだし、Aaronは少しおどおどしてあれこれ聞いている。でもこれがだんだん立場が逆転するというか、あれ先回りしているのはAaronだったのか?(イヤホン等)みたいな心理劇になってきて面白かった。で、始まりはどこよ。

そしてこちらの監督さん、今年の4月に9年ぶりで映画を発表します。今度はどんな映画なんだろ。

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ にほんブログ村 主婦日記ブログ お気楽主婦へ


    
関連記事

ムンク展 | トップページへ戻る | 和書「猫と庄造と二人のおんな」

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

プロフィール

koburii

Author:koburii
HN:こぶり
40代主婦。
時々内職、日課は散歩、趣味は読書や映画鑑賞。国内外問わず引越しが多いです。

にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・散策へ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

シンプルアーカイブ