過ぎ去りしdays
散歩・本・映画・おやつ

プロフィール

koburii

Author:koburii
HN:こぶり
国内外問わず、夫の仕事の関係で引越しばかりしている40代の主婦。



カテゴリ



月別アーカイブ



ホテル暮らしとばなな3本


CIMG9209.jpg

先週から、飛び飛びですが平日はホテル暮らしな日々です。
この先一ヶ月くらいは、こんな感じでなかなかお家に帰れませーん。
で、パソコンは基本持っていかないので
(動きが多いので無くす不安あり)、宿題がはかどっています。
テレビの音を消して、画面だけ眺めながら手作業。
昔は、時間の流れがこんな感じだったなあ。


列車で移動中に読んだよしもとばななさんの本。
この方の本を読むのは15年ぶりくらいでしょうか。
最後に読んだのはまだお名前が吉本だった頃です。

img_427860_2564286_0.jpeg 20110519_1844641.jpg 1106031319.jpg
「チエちゃんと私」(2007)と「デットエンドの思い出」(2003)。そしてちょっと前に読んだ「彼女について」(2008)の合計3冊。

よしもとばななさんの本はどれも大変癒し効果がありますね。
ハワイに行くと癒された気分になるけど、それとまったく同じ種類の霊的なヒーリング力があると思う。たぶんこの方は本来は作家というよりも、ヒーラーなんじゃないでしょうか。

以前読んだ頃、1990年代の彼女の本を読んだ時に感じた、繊細ではあるけれど弱さのような少女っぽさが、中年女性のしっかりした自信にかわっていた。人を癒すこと、魂の浄化みたいなことを、自覚してきっちりやろうとしている感じがしました。

この3冊の中で、特に好きだったのは「チエちゃんと私」です。これを読んでいる間ずっと、先日読んだLoving What Isを思い出していた。この「Loving~」の本のエッセンスを小説にしたら、「チエちゃんと私」が出来上がると思う。それくらい、形態は違うのに、本質的なメッセージは同じです。

「デットエンドの思い出」は最初の中編2作が好きです。また「彼女について」も、最近私がはまっているどんでん返し系で面白かった。

いろいろあって気持ちがザワザワとしている時期に読んだので、救われた思いです。気持ちって波みたいなものですね。こんなにやさぐれた時でも、心の奥底は深海のようで、いつもいつもじっと静かで穏やかな自分が存在している。そんなことを気づかせてくれた。

それにしてもここ数日の寒さったら!最低気温はマイナス10度割ってるし、昨日今日は最高気温ですらマイナス6度とか7度とかよ。ちょっとねー。

靴下2枚重ねで履くんだけど、それでも足先がじんじん冷たくなる。来週は普通の寒さに戻るらしい。頑張れよ天気。

週明けにはまた移動ですが、週末は家でゆっくりできるので、暖かくして過ごしたいです

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ にほんブログ村 主婦日記ブログ お気楽主婦へ


関連記事


コメント

こぶりさん。

お久しぶりです。お元気ですか?
私も、今、よしもとばなな著”みずうみ”を読んでいるところです。
私も、20年ぶりぐらいかな?ものすごく久しぶりのばななさんの本です。
私の場合は、ばななさん、私がアメリカに来てから、キッチンで有名になったので、
ほとんど、読んだことがないのですけど、
今読んでいる、”みずうみ”、一行一行、丁寧に時間をかけて読みたいなって、
とっても、惹かれています。
ばななさんの本、いいですね。

[2013/03/11 03:37] URL | 洋書Bookworm #- [ 編集 ]

> 洋書Bookwormさん

お久しぶりです

みずうみはいかがでしたか?
私はまだ読んだことありませんけど、これって確か
英語でも出てますよね?”The Lake”って見かけたような気がする。

ばななさんは癒し効果があるので、確かに丁寧に読みたいですね。
多作なのも嬉しいです。
[2013/04/06 09:50] URL | koburii #- [ 編集 ]


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する