Book No.163
Title: A Stolen Life
Author: Jaycee Dugard
Publication date: July, 2012
Pages: 273

jayceebook-194x300.jpg

"I don't think of myself as a victim. I survived."

2009年8月、アメリカ中に衝撃のニュースが走った。行方不明となっていた少女が発見されたのだ。しかし少女が誘拐されたのは18年も昔。当時11歳だったJaycee Dugardは、発見された時は30歳近くに成長していた。

その誘拐された少女であるJaycee Dugardが、自ら手記を書いたのがこちらの本です。

1991年夏。当時11歳だったJaycee Dugardは、学校に向う途中でPhillip Garridoとその妻Nancyによって車で連れ去られます。Phillipは小児性愛者で、以前にも14歳の少女を誘拐・暴行で捕まっています。

Phillipは、Jayceeを連れ去り、自宅裏の"studio"(仮設小屋のような場所)に監禁する。ここでJayceeは何年も、Phillipと、食事を持って日に何度か現れる妻Nancyだけに接触し生活します。手錠、バケツのトイレ、食事もファーストフードやお菓子。そしてJaycee は13歳で最初のPhillipの子供を妊娠。14歳で出産。そして16歳で第二子を産む。幸い子供達は健康で、ここで大きくなっていきます。窓も覆われ陽も当たらず、狭い部屋で何年も、病院にも歯医者にももちろん行けない状態です。本当よく死なずに生き抜いたと思います。

最初は完全監禁状態だったJayceeも、子供が大きくなるにつれ、みんなで外出もしているし、Nancyと買い物もしている。29歳で発見されるまで、逃げる機会は何度もあったようです。2000年以降はPhillipの仕事を手伝い、顧客と電話で話をしているし、インターネットも使っている。けれど11歳で監禁され、完全にPhillipにマインドコントロールされた少女は、具体的には何も出来ないのです。

幸せなどというものは、これっぽっちも考えない。ただただ生きること、生き続けることがだけが唯一で最大の問題になる時があります。例えば戦争とか。Jayceeが置かれた状態は、まさにそれだったと思う。彼女はただただ現実を生きた。そして自分を不幸にする考えに浸ることを自分に禁じた。大好きなお母さんのことを考えるのも誕生日の1日だけ、あとは一切考えない、思い出さないと自分で決めて。

シャイで、従順で、他人の機嫌を損なわないように気を使うことが出来る少女だったことが幸い(?)し、(誘拐される前は、常に不機嫌で暴君なステップファーザーに気を使って暮らしていたゆえなのですが)、JayceeはPhillipにもNancyにも気に入られ、家族として受け入れられます。しかしその性格が同時に、逃げる機会も失わせていたようにも思います。実際Jayceeのこととは関係なく、Phillipが逮捕されるのですが、その時もNancyと二人でオロオロ心配なんてしてますし。

この本を書いた目的は、一つはPhillipがしたことを、闇に葬らないためだとJayceeは言います。そして自分は犠牲者ではなく、サバイバーであると。本でもあえて言及されてますけど、すべて本人が書いたそうです。11歳で誘拐にあっているので、難しい単語は一切使われていないので読む時間がさほどかかりません。

ところで犯人のPhillipですが、懲役431年という判決で監獄に入りました。つまり死ぬまで監獄。一生出られません。
wikipedia
そしてアメリカでは、幼児性愛者は囚人仲間から「特別に」いじめられると言われてますよね。刑務所の状態もひどいので、大半が長生きできません。まあこれくらいで当然ですけどね。

そして日本でも似たような時期に、似たような事件がありましたが(新潟少女監禁事件:1990年〜2000年。10歳の少女が誘拐され、9年間監禁されていた)こちらの男性は、懲役14年ですと!日本の刑務所はそれほど荒れていないし、そこで14年ですよ?はああ?ですよ。もうすぐ出所って、全然納得いかないです。


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ にほんブログ村 主婦日記ブログ お気楽主婦へ
関連記事
Secret