夫婦2人家族、引っ越し妻。いいかげん日本に戻りたい主婦の日記〜散歩/本/コーヒー(おやつ)他。

[映] Blue Jasmine(2013)

引越しは終わったのですが、古巣に戻ったりなんだり
無駄に動き回っています。
トレイラー見てもあまりそそられなかったのですが、
これだけはお約束みたいなものなので・・・

images_2013083108220755a.jpeg

タイトル:Blue Jasmine(2013)
制作:アメリカ
監督/脚本:ウディ・アレン
出演:ケイト・ブランシェット、アレック・ボールドウィン他
公開日:Jul 26, 2013(limited)/ Aug 23, 2013(wide)

「欲望という名の電車」の完全現代版をウディアレン流に仕上げた一作。
「欲望〜」で転落&精神錯乱していくのは南部の年増のお嬢様ブランチ・デュボアですが、W・アレン描くアンチヒロインはニューヨークのセレブ妻ジャスミン。
ニューヨークのセレブな奥様が主役といえばミア・ファローの「アリス」を思い浮かべるかもしれませんが、あんなコメディでもないです。

ジャスミンは、スーパーリッチな夫を持ち、パークアヴェニューに住み、あのハンプトンズにビーチハウスを持つというマンハッタンの金持ちの中でもうんと金持ち(形容詞が浮かびません)な暮らし。シャネルの服、エルメスのバッグ、パールのネックレスに身を包み、家事はお手伝いさんに任せ、パーティー、友達とランチやショッピング、ヨガ、ファーストクラスでの旅行で埋め尽くされる日々。

が、これが破綻します。旦那の浮気と逮捕。財産と家の差し押さえ。ある日突然、お金も、夫も、家も失い、ホームレスになります。

全てを失ってニューヨークにもいられず、サンフランシスコに住む妹(血は繋がっていないけれど)の元に押し掛け、そこで新たなスタートをきろうと彼女なりにあれこれ模索しますが・・・・

images-1_201308310822083d1.jpeg

ケイト・ブランシェットが、現実を受け入れられずに破綻していく女性を演じるわけですが、怖い(泣)。で、怖さと面白さが交錯します。笑っていいのか突っ込むべきか。

すぐにでも仕事を探さなければいけないのに、センスを生かしてインテリアデザイナーになると言い出して、そのためにはまず学校とか。あるある苦笑、みたいな。

夫の浮気にも気がつかないし、リッチな生活を送り続けるために現実を見ないようにして生きてきたのでしょう。やっぱりメッキというのはきっちり禿げるものですね。

でもねー。アメリカでも日本でも、今セレブ妻とかすごくもてはやされたりするじゃないですか。ジャスミンなんてその頂点にいるような奥様なのですよ。でもやっぱりこういうのってねえ。ダメなんですね。成金タイプは特に。

ただジャスミンは、仕事するタイプの人間ではないと思う。どんな年代でも、どんな経済状況でも絶対働かないという人が常に2割り程度は存在するらしいですが、彼女はそのタイプだと思う。問題はやはり贅沢に慣れちゃったことでしょうね。それも現実からかけ離れた贅沢に。人間やっぱり身の丈に合った生活をするのが一番なのでしょうね。資格もないのに贅沢しちゃいかんってことですよ。私もファーストクラスとか(ビジネスクラスとか)憧れるのはやめよう。一生エコノミーで十分だわ。

W・アレンらしいコメディもないことはなく、例えば「欲望〜」でのマーロン・ブラント、ブランチを追いつめる妹の旦那役ですが、こちらは外見は強面ですが情けない彼氏で、妹にむしろ振り回されてる感じでいいです。でも全体的にはやはりダークで、皮肉と悲劇が9、笑いが1といった感じです。またWアレンの映画にしては珍いなあという試みもいくつか。ブルーカラーのキャラクターや西海岸などね。全体的には、楽しみましたけど、観賞後はちょっと落ちます。


関連記事

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

koburii

Author:koburii
HN:こぶり
*国内外問わず、夫の仕事の関係で引越しばかりしている40代の主婦(子供なし)です。最近は海外ばかりでいい加減日本に帰りたいです。
*すぐ引っ越すので知り合いが出来にくい/単独行動/インドア派、と引きこもり要素たっぷりではありすが、前向きに楽しみを見つけながら暮らしていければと思っています。
*読書や映画の感想を時々書いてます。

月別アーカイブ