過ぎ去りしdays
散歩・本・映画・おやつ

プロフィール

koburii

Author:koburii
HN:こぶり
国内外問わず、夫の仕事の関係で引越しばかりしている40代の主婦。



カテゴリ



月別アーカイブ



[映] レミゼ、シルバー、ジャンゴ

先日HBOでレミゼラブルをやっていました。

そういえば、お正月に見たものの感想とか書いてなかった。
ほとんど忘れていますし、どうでもいいかなって気もしますが、印象に残っている3作品の感想だけ書いておきます。

★Les Misérables
Unknown-2.jpeg

レ、ミゼラ〜。ヴィクトル・ユーゴーの代表作。そもそもあまり好きな作品ではないのですが(惨めな人々っていうのがどうも)、ミュージカル版は楽曲がいいですよね。

さて映画版ですが、なんかもう役者だけでお腹いっぱいというか、胃もたれがしてくる濃さですね。ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイ、マンマミーアのアマンダ何とかとか、演技が熱い人ばっかりで感動する前に威圧されてしまいました。こ、怖い(笑)。一人一人はいいし、テレビで見る分にはなんの問題もありませんけどね。劇場や大画面だとやっぱりちょっと息苦しくなってくるかも。

箸休め的な子供たちの登場も、どの子も少々演技慣れし過ぎというかわざとらしく、そもそも泣かせようとする作品ではあるのだけれど、なんだか「泣けよ、ほら、泣けって」と四六時中迫られている感じにタジタジした私。

そしてこのアン・ハサウェイの演技ってアカデミー助演賞取るほどのものだったかいまだに疑問。

そうは言っても、ヒュージャックマンの最後の歌では泣きましたし、若者が熱く情熱的に革命に向かうシーンは感動もの。ジャンバルジャンの"Who Am I"は永遠のテーマ性があります。父と娘に焦点をあてた感じもいいです(その分革命やら民衆の苦悩が薄れた気はしますが)そしてしつこいけど歌がいい。

レミゼラブルのミュージカルは世界中で上演されていて、日本のジャンバルジャンといえば鹿賀丈史さん。長いこと舞台に立たれていた記憶がありますが今はどうなのかな。その彼も参加した、世界17カ国のジャンバルジャンが集まり、母国語で歌い上げるこちらの「民衆の歌」は素晴らしいです。



歌の始まりは1:40あたりから。鹿賀さんは2:15辺りで、唯一のアジア人として堂々と参加されています。



★Silver Linings Playbook
Unknown_2013091323222564f.jpeg

こちらは確かお正月というよりも、クリスマス前後に観に行った作品で、去年のアカデミーノミネート作品の中でも個人的には一番好きです。DVDも出たら即買いしました。ジェニファーローレンスは大好きな上に、演技も最高。何より脚本が素晴らしい。脚本、監督がIMDbみたらハッカビーの人だった。あれも好き。スクリプトはこちら
かっこよくないし、笑えるんだけどロマンチックという絶妙な雰囲気を作りあげています。

主人公は二人とも、感情をコントロールできずに問題を抱えていますが、それをおさえるのではなく、なんとか解放させていくわけです。感情がむき出しになってしまうのも、周りにどうとられるか計算が出来ないのも、素直でいいヤツだからなんですよね。でもアメリカ人ってたまにこういうタイプいるけど、いたらいたでやっぱり白い目で見られているような気がする。身内にこのパットやティファニータイプの人間がいるので、涙と笑い無しには見られなかった。いやあいい映画です。最高です。おすすめ。


★Django Unchained
Unknown-1.jpeg

去年のお正月映画で一番好きなのはSilver Linings Playbookですが、一番面白かったのはこちらのジャンゴでしょうか。
監督はタランティーノ、主演はジェイミー・フォックスとクリストフ・ヴァルツ。ディカプリオとサミュエルジャクソンが、脇で悪役としてがっちり固めています。クリストフ・ヴァルツは"Water for Elephants"や"Carnage"でもいい味出しまくりだったので期待して見ました。

西部劇です。舞台はテキサスやテネシーのサウス。クリストフ演じる賞金稼ぎドクターシュルツと、ジェイミーフォックス演じる解放された奴隷であるジャンゴの旅。ジャンゴは妻を探し出し、救出するのが目的です。

ジェイミーフォックスの前にウィルスミスがジャンゴ役で候補だったらしいですが、台本を読んで、これはクリストフ(ドクターシュルツ)が主役じゃないかと断ったらしいですね。でもまさにそんな感じでドクターシュルツが作品の要となっています。フリフリしたコートが馬の背中で上下に揺れてとてもかわいいくて、もう釘付け(笑)。
でも同時にジャンゴも最高にかっこいい!誰が主役とかじゃなく、役として最高にかっこよく、やはりドクターシュルツがいるからこそ引き立つワイルドさ。

プロットとしては王子様がお姫様を救い出す、シンデレラファンタジーなんですが、それをお城やお姫様じゃなくて、西部劇&黒人奴隷&流血シーン満載で作ってしまうタランティーノはやっぱり天才。比較的長めの作品だったと思いますが、一瞬で見終わってしまったような印象。単純に面白かったです。

おまけ:何とドン・ジョンソンが出てました。なぜかちょっと切なかったです。マイアミバイス大好きだったな。


関連記事


トラックバック

トラックバック URL
http://koburiland.blog104.fc2.com/tb.php/795-5ea369b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)