過ぎ去りしdays

散歩・本・映画・おやつ

[DVD] MAMA (2013) ママ、怖いです。

220px-Mama_2012_poster.jpg

ジェシカ・チャステイン主演。

不気味です。キモ怖ホラーです。でもスプラッターとかゴア系ではないので、流血シーンが苦手な人でも大丈夫なホラー。そしてワタシなんてラストでは、不覚にも涙を流してしまった。ホラーで泣くとは。

"MAMA"は最初から最後まで、子供たちを守っているだけなのよね。くすん。



父親の無理心中に巻き込まれるも、一命を取り留めた二人の姉妹ヴィクトリアとリリー。数年後、森の山小屋から救出され、叔父にあたるルーカスの家に引き取られる。

5年間、ほぼ野生児として育った娘二人は、最初は手に負えない。妹のリリーはほぼ生まれて間もない頃に山小屋に放置されたので、人としての生活をまるで知らない。姉のヴィクトリアはだんだんといろいろ思い出すようだ。事実上子供の世話を任されたルーカスの彼女であるアナベル(ジェシカ・チャステイン)は、最初は面倒くさそうだが、徐々に暖かい気持ちで子供達を見守るようになる。

さてこの娘たち。実は二人っきりではなかったのです。山小屋から、一緒に「ある方」が付いて来てしまってですね。これがチラチラと、現れそうで現れないから余計怖い。出てくると今度は動きが怖い。なんでそんなカクカクした動きなのよ。

ラストが悲しいねー。リリーちゃんがねえ。でも1歳からずっと一緒のMAMAは、彼女にとっては本当の母親と同じ。いつまでも虫食べてるし。もうね。仕方ないのかも。

ラストはしみじみと。それにしてもジェシカ・チャステインが最初は誰だか分らなかった。黒髪あまり似合わないかも。。



関連記事

Category : 映画
Posted by koburii on  | 0 trackback

Trackbacks

trackbackURL:http://koburiland.blog104.fc2.com/tb.php/824-c1a2a34a
該当の記事は見つかりませんでした。