トップ  >  読書(洋書)  >  181冊目 "The UnWired Mom" ネット依存ママ

181冊目 "The UnWired Mom" ネット依存ママ

2014年02月18日

Unknown_20140218112414cc1.jpeg



The UnWired Mom - Choosing to Live Free in an Internet Addicted World

Sarah Mae

Publication Date: June 23, 2013

雑誌で紹介されていたので読んでみた電子ブックです。エッセイ系。

著者は以前インターネットの世界でそこそこに成功をおさめたママさんブロガーみたいな方で、本を出版したり、人を集めてワークショップなんかも開いたりしていたようです。でもネットする言い訳がある分、費やす時間もどんどん延びて、ネットから離れることが難しくなり、最後は依存状態に。自分の時間と子供との時間を取り戻すため、どうやって依存状態から抜け出すかの奮闘記ですかね。

I finally told my husband, “I think I need to quit everything online. I’m addicted. I can’t stop. I just want to be on the computer because it’s easy and it makes me feel better. But it really just makes me feel worse.”~ from"The UnWired Mom"



個人的には中毒だろうが何だろうが、子育て中で時間が細切れにしかないお母さんがネット依存気味になるのってある意味仕方ないような気もするのですが、子供との時間が少なくなることに罪悪感を持つ人も多いとか。子育ての悩みや相談、またママさんとの付き合いも、ネットを通すことで便利になる一方、関係そのものは希薄だったり。

本にはどのようにしてネット時間を減らすか、具体的なステップとして紹介してあります。アメリカらしいアイデアでは、旦那さんが出勤する時にラップトップを一緒に会社に持って行ってもらうとか。車通勤ならではでしょうか。

タイマーをセットするとか、友人の協力を得るとか、まあ普通のアイデアがほとんどで、たぶんこの本を読んでネット依存から抜け出すのはまず無理でしょう。ネット依存から抜け出すために役立つおすすめサイトが随所随所で紹介されていて、あれ?みたいな(笑)。

著者が成功したとすれば、理由はおそらく、彼女が熱心なクリスチャンで、「神の愛の力で絶対この状態から抜け出す」という強い信念があったからだと思います。それでも彼女のHPには今でもしっかりTwitterやFacebookのアカウントがリンクされていて、投稿を見ていると「本当に依存から抜け出したんかいな」みたいな量なんですけどね。

それでも母親ならではの時間の使い方の苦労や、子供との時間の過ごし方など、同じ立場の女性が読むと共感できてなぐさめられる部分も多いのかも。本というよりブログのような軽い読み物なので、さらっと読めてしまうのもいいと思います。こういう個人のブログを集めたような本がどんどん登場するのも電子ブックならではですね。


関連記事

[映画] "Frozen" 氷を溶かすもの | トップページへ戻る | 雪の多い年だった

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

プロフィール

koburii

Author:koburii
HN:こぶり
40代主婦。
時々内職、日課は散歩、趣味は読書や映画鑑賞。国内外問わず引越しが多いです。

にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・散策へ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

シンプルアーカイブ