過ぎ去りしdays

散歩・本・映画・おやつ

189冊目"The Examined Life" 語られなかったストーリー

images_20140502114523219.jpeg

Title: The Examined Life: How We Lose and Find Ourselves

Author: Stephen Grosz
Publisher:W. W. Norton & Company
Publication date: May 28, 2013
ISBN-13: 978-0393079548
Format: Hardcover
Pages: 240pages

We are all storytellers—we create stories to make sense of our lives. But it is not enough to tell tales. There must be someone to listen.



作者は四半世紀以上、患者に耳を傾けてきた精神分析医。
ひたすら患者の話を聴き、理解し、受け止め続けた経験豊富な医師による興味深い人間観察です。
難しい言葉は一切使われていないので、とても読みやすく、何より話が面白い。

Experience has taught me that our childhoods leave in us stories – stories we never found a way to voice, because no one around us helped us to find the words. When we cannot find a way of telling our story, our story tells us – we dream these stories, we develop symptoms, or we find ourselves acting in ways we don’t understand. The Examined Life-How we can be possessed by a story that cannot be told



私たちは現実を無視して辻褄を合わせるかのように自分のストーリーを作っていきますが、そのストーリーに収まりきらない現実が、ちょろちょろと顔を出す。時には自分でも理解できない行動となって。
愛娘のために買って来た高価なドレスを、一瞬にしてダメにしてしまった母親。まとわりついて離れなかった甘えん坊の息子の成長と複雑な想いから見る親の夢。30を超えるストーリー、人の持つ弱さと複雑さを読みながら、なぜかしんみり優しい気持ちになるから不思議。
それにしても、東電OL事件の彼女は、もう一人のスクルージだったのか!と意外な発見でした。

くどいですが英語がとても読みやすいので、この種の心理分析系のノンフィクションがお好きな方にはおすすめ。


関連記事

Posted by koburii on  | 0 trackback

Trackbacks

trackbackURL:http://koburiland.blog104.fc2.com/tb.php/865-23dd4e9e
該当の記事は見つかりませんでした。