過ぎ去りしdays
夫婦2人家族、引っ越し妻、海外生活うん年目。いい加減日本に帰りたい・・。
ICA近代美術館
4月の間に用もあったので2度も足を運んだ近代美術館。
ハーバー沿いにあるので天気がいいと気持ち良く散歩まで楽しめる。

DSC01229.jpg DSC01226.jpg

近代美術館はあまり好きではなかったのですが、最近ようやく楽しめるようになった。3月にニューヨークに行った時も、MoMAにほぼ1年ぶりで訪れたのですが、なぜか面白い。
理由の一つですが、近代美術は「高尚な芸術を拝見するもの」ではないと気がついたからかもしれません。参加型。一緒にアートを考える。それだけでいいのだと。
DSC01237.jpg

こちらの美術館でもまさにズバリそれで、参加型のエキシビジョンが定期的に登場します。展示場は4階にあって小規模ですが、その分時間をかけ体感できる作品に出会える。
現在展示中のこちらは
" The Refusal of Time" アーティストWilliam Kentridge。
2年ほど前からアメリカ中の近代美術館で公開されています。

time.jpg

ティックタックと鳴り響く室内には、巨大な時間装置と5つの大型スクリーンが仕掛けられ、" The Refusal of Time"(時間の拒絶)という名の通り、時間にまつわるさまざまな映像が流れる。30分の間、暗闇と音響と映像の効果で、不思議で素敵な空間にトラベル。アーティストが提示するのは、挑戦であり、哲学であり、問いかけです。奇抜な装飾品でもエンターテイメントでも”高尚な作品”でもないのね。
興味のある方は、ここでの展示はもうすぐ終わってしまうので、この土日にどうぞ。

もうひとつ。スウェーデンのクレイ・アーティストNathalie Djurbergの作品。
こちらも不思議な空間で、4つのショート動画アートを鑑賞する仕掛け。
"A World of Glass" アーティスト Nathalie Djurberg / Hans Berg

A World of Glass

4つの作品は、ダークなフェアリーテールです。フェアリーテールってオリジナルはダークなものが多いですけどね。Nathalie Djurbergの作品は、よくお腹を破って中に入ったり入れられたりな赤ずきんちゃん系が多いのね。もともとフェアリーテールの影響はとても受けているようです。
4つのお話
"Don't you know I'm made of butter?" 4:53min.(2011)
"I am a wild animal" 4:43 (2011)
"Monster" 5:01 (2011)
"My Body is a house of glass" 5:01 (2011)

同じアーティストのクレイ・アニメーション動画。
関連記事


トラックバック
トラックバック URL
http://koburiland.blog104.fc2.com/tb.php/866-b78f101e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



プロフィール

koburii

Author:koburii
HN:こぶり
*国内外問わず、夫の仕事の関係で引越しばかりしている40代の主婦(子供なし)です。最近は海外ばかりでいい加減日本に帰りたいです。
*すぐ引っ越すので知り合いが出来にくい/単独行動/インドア派、と引きこもり要素たっぷりではありすが、前向きに楽しみを見つけながら暮らしていければと思っています。
*読書や映画の感想を時々書いてます。



カテゴリ



月別アーカイブ