夫婦2人家族、引っ越し妻。いいかげん日本に戻りたい主婦の日記〜散歩/本/コーヒー(おやつ)他。

194冊目"Orphan Train" 孤児はいりませんか?

189orphan.jpg

話題の本。1853年から1929年まで、アメリカでは孤児となった移民の子たちを乗せてニューヨークから中西部へと走る列車がありました。Orphan Train。孤児の数は25万人。移民で栄えたアメリカですが、もっとも弱いものたちほど高い犠牲を払わされるものです。

Title: Orphan Train
Author: Christina Baker Kline
Publisher:William Morrow Paperbacks
Publication date: April 2, 2013
ISBN-13: 978-0061950728
Format: Paperback
Pages: 304 pages

I believe in ghosts.They’re the ones who haunt us, the ones who have left us behind.Many times in my life I have felt them around me, observing, witnessing, when no one in the living world knew or cared what happened. I am 91 years old, and almost everyone who was once in my life is now a ghost.


アメリカといえば移民の国です。初期のイギリス人はもちろんのこと、1800年代に入ると欧州全土で飢饉や不作などが続き、希望の土地アメリカを目指して続々と押し寄せます。

多くは全財産を投げ打ってアメリカ行きのチケットを手に入れ、体一つでニューヨークのエリス島に辿り着く。親を亡くしたり、捨てられた移民の子も大量に誕生し、その孤児たちは、ニューヨークから、人出を必要としている中西部の農家へと引き取られていきます。一つの駅で降りては親になる人を探し、見つからなければ列車に戻りさらに旅を続ける。その繰り返し。孤児はいりませんか?孤児たちは列車に乗って、ニューヨーク、シカゴ、ミネソタと移動していく。

1853年から1929年まで、孤児の数は25万人と言われています。小さい子ほど早く引き取り手が見つかり、大きな子供たちは引き取り手もなかなか見つからず、西へ西へと向います。また見つかったとしても、無給の労働者や奴隷のような扱いをうける子も少なくなかったようです。

小説はこのOrphan Trainで旅をした孤児の少女の1929年〜の話と、現在里親を転々として暮らしている10代の少女の話が交互の書かれています。孤児の少女は現在91歳で、この10代の少女と関係が出来ていくの。

もちろん読みどころはOrphan Trainの少女(名前はNiamh, Dorothy,Vivianと変わる)の物語。そもそも最初から9歳で大きく、赤毛のため、最後まで引き取り手が見つからなかった子供の一人。そして里親もひどいのね。
ここでたくましく生き抜き、厳しい人生の中で強く賢く生きた女性。波瀾万丈で厳しいほど、人生はドラマチックで生き生きとするのは事実です。その時は必死だし、苦しいだけだったりしますが。

舞台そのものがドラマ性が高い上、少女のキャラが強く賢くてとてもいい。目頭が熱くなるシーンあり、安堵で胸を撫で下ろすシーンあり、夢中になって読みました。でも最後の話は個人的にはどうでもいい話かなあと。

最近のアメリカ人は世界中から子供を養子で迎えていますが、初期の頃はこんなにも親を求める子供達が苦労してたんだと思うと興味深いです。そしてここでたくましく生き抜いた子供たちと、犠牲になった子供たちが、今のアメリカの土台にあるのだということも。
英語は標準的はあるものの、スラスラ進む感じでもないです。あと現代の設定で登場する女の子はにあまり共感が持てませんでした。

それにしても毎日死ぬような暑さでへたってます。へたりついでにお昼と夕方からはワールドカップ、時々ウィンブルドン、夜は野球と、ビールとスポーツ観戦の毎日です。来週からは朝のツールドフランス観戦が入る。どうしよう。

関連記事

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

koburii

Author:koburii
HN:こぶり
*国内外問わず、夫の仕事の関係で引越しばかりしている40代の主婦(子供なし)です。最近は海外ばかりでいい加減日本に帰りたいです。
*すぐ引っ越すので知り合いが出来にくい/単独行動/インドア派、と引きこもり要素たっぷりではありすが、前向きに楽しみを見つけながら暮らしていければと思っています。
*読書や映画の感想を時々書いてます。

月別アーカイブ