トップ  >  - @B市  >  いちご畑とベースボール

いちご畑とベースボール

2014年07月02日

6月に入ってからは毎週1回、午前中に車で苺狩りへ。
今年は例年よりも収穫時期が遅い気がする。
DSC01377.jpg
大体どこのベリー農場でもリンゴ園でもそうなんだけど、食材や花など売っているマーケットがあって、コーヒーや揚げたドーナツなどが売っている。
朝早くに苺を摘んで、買い物して、遅い朝食で食べるドーナツが好き。緑が気持ちいい〜♡だし。夏が来た〜。

DSC01367.jpgツイッターでこの←苺畑の写真を載せたら逆に新鮮だとコメントをもらった。日本ではハウス栽培はもちろん、最近ではかがまなくてもいいように高い位置に苺が植えてあるのだと。さすがだわ。
アメリカでは炎天下の中でしゃがみこむし苺ミルクもない。肉体労働って感じ。


夏といえばこちらも。ベースボール。
毎週ではないけれど、今年よく行くフェンウェイ球場。
去年の奇跡の試合を見続けて、すっかりレッドソックスというチームに魅了された私たちだけど、今年はひどい。酷過ぎる。たまたまか我が家が行く時は全部勝ち試合だからまあいいけど、もう全然ダメ。

DSC01168.jpg

ただ球場がこじんまりして独特で気に入っている。
ヤンキーススタジアム、シカゴカブスのリグレー・フィールド、タイガースのコメリカ・パーク、サンフランシスコの夏の夜は死ぬほど寒いコカコーラマークの球場とか、アメリカの球場は結構あちこち行っているけど、立地や規模などからレッドソックスのフェンウェイはかなり高得点。

DSC01152.jpg DSC01172.jpg

ビールとホットドッグを食べに行くだけでもいいし、肌寒い夜はホットチョコレートを売り子が届けてくれる。あとMLB色に染まっていないのもいい。グッズを無理やり売ろうとしないし、どこの球場でもやる決まりきった煽りというか応援音や効果音を流さない。根強いファンが多いだけあって渋い球場なの。フィールド・オブ・ドリームスの最後で登場するのもここね。

あとあまり関係ないけど先日アメリカで始めてのカラオケデビュー!した。ちょっとうれしい。絵のクラスの打ち上げ?みんなで行ったのですが。

もちろん個室とかではなく映画によくあるようなバーで舞台に立って歌うヤツね。一人じゃ恥ずかしいのでデュエット曲を探して、Pinkの"Just Give Me a Reason"があったので歌える子いるか聞いたらまあ普通にいた。台湾出身の男の子に一緒に歌ってもらったんだけど、なんと彼がめちゃくちゃ上手い。本物そっくりなの。彼のおかげで大拍手をもらった。思いのほか楽しかった。でももういいけど。



ところでこの歌の歌詞、何かに似ていると思ったけど、これこれ。
男と女が入れ替わったバージョンみたいだわ。


懐かしいー。杏子さん若いー。
関連記事

195冊目"If I Stay" たった一つの選択 | トップページへ戻る | 194冊目"Orphan Train" 孤児はいりませんか?

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

プロフィール

koburii

Author:koburii
HN:こぶり
40代主婦。
時々内職、日課は散歩、趣味は読書や映画鑑賞。国内外問わず引越しが多いです。

にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・散策へ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

シンプルアーカイブ