過ぎ去りしdays
散歩・本・映画・おやつ

プロフィール

koburii

Author:koburii
HN:こぶり
国内外問わず、夫の仕事の関係で引越しばかりしている40代の主婦。



カテゴリ



月別アーカイブ



203冊目 Safe Haven DV夫からの逃げ方

nic.jpg

Title: Safe Haven
Author: Nicholas Sparks
Publisher:Grand Central Publishing; Rep Mti edition
Publication date: 2012
ISBN-13: 978-1455523559
Format: Paperback
Pages: 368 pages

Love doesn't mean anything if you're not willing to make a commitment, and you have to think not only about what you want, but about what he wants. Not just now, but in the future.


ニコラススパークのロマンスですが、洋書カテではおっさんが読んでも面白いそうなので女性に限らず楽しめそうです。
夫が恐ろしいDVで、しかも警察だとしたらどうしましょう。警察も呼べない、誰に助けを求めていいのかもわからない、逃げるしかない。でも絶対必ず追っかけてきて殺されるかもしれないとしたら、、悪夢ですね。

主人公のKatieは、サウスポートという小さな田舎町に、わずかなお金だけ持ってやってきます。警官でDVの夫から逃れるため、住まいであるマサチューセッツからフィラデルフィア、ニューヨーク、ノースカロライナとバスで逃げ続けます。そしてその田舎町で、Alexという子持ちの男やもめと出会い、惹かれあい、少しずつ距離を縮めて行きますが、一方で夫のKevinも近づいていて・・・

あまり詳しくは書けないのですが、国際結婚をした友人の旦那さんが、このケビンのような人だったんですね。近くにいたので壮絶な話も聞いたし、ケイティのように、日本に逃げ帰ろうとして捕まり、監禁状態だったこともあります。暴力は絶対跡に残らないやり方でされていて、ある道具を使うので拷問に近いですよ。現在は無事離婚出来て、日本に帰って幸せに暮らしている彼女ですが、当時のことがトラウマになってしまい、今でも悪夢を見るそうです。

アメリカのように土地も家も広いと、家庭内暴力も発見されにくいので、本当にあちこちであるみたいです。既婚女性が行方不明になると、真っ先に旦那さんが疑われますし。

ケイティは旦那さんからお金も渡されず、田舎なのに車も持てず、友人も持てず、何からかにまで管理されているんですね。
(先の友人の話もまったく同じで、現金は一銭も渡されず、すべて小切手オンリーだから無駄なものは一切買えず、へそくりも出来なかった。そして田舎に住んで、出かけることも禁止されていました)
そして逃げだしても、警察ネットワークを持つ夫から追われるような状況で、どうやって新しい生活を築くのか。この過程がとても面白かった。

ところで、今朝テレビを見ていたらちょうど、離婚&再婚家庭の話で、家を出た母親が新しい奥さんに手紙を書いたり、上手く交流を持ち続けるってことをやっていた。全部子供達のためなんだけど、これってどうなんだろう。一般的には元妻さんからの話やアドバイスって、嫌っていうか耳をかさないと思うのね。
ケイティはとてもいい娘だから、素直に話を聴くのね。朝の番組でも、新参者のステップマザーが裏がなく素直そうだった。元妻をリスペクとすることで、間に入る子供が引き裂かれる感じも、気を使うこともなく平和そう。
でも私だったらどうかなあ。まあニコラススパークは感動する手紙を書くのが大得意なのね。あんな手紙だったらやっぱりホロリとしてしまうかな。

英語は読みやすく、ぐいぐい引き込まれる展開で本を置けずに一気に読めとても面白かったです。映像が浮かぶ展開は、いつものことながら読者を飽きさせません。

映画化もされていて、Netflixでストリーミングが出来たので見てみましたが、こちらはあまり好みではなく20分ほど見てやめてしまった。俳優のイメージが違ったのと、最初から行き当たりばったりで逃げて追われる映画のケイティは、我慢強く控えめで慎重に計画を練ってから賭に出る本のケイティのイメージとちょっと違うかなあと。

関連記事


トラックバック

トラックバック URL
http://koburiland.blog104.fc2.com/tb.php/924-3c4d7e81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)