CHEF

Chef / シェフ(2014)
監督:ジョン・ファヴロー

俳優やプロデューサーとしておなじみのジョン・ファヴローが、自ら主演・監督した映画です。料理映画です。料理映画といってもアメリカでしょ?となりそうだけども、そこにロードトリップムービー、父と息子の絆が加わり、アメリカらしい美味しさに仕上がってます。

L.A.の一流シェフのカール(Jon Favreau) は、有名な料理評論家の批判を受けてtwitter上で喧嘩となり、最終的にお店を辞める羽目になる。職を失ったカールは、元奥さん(Sofia Vergara)の提案でマイアミに行き、フード・トラックを借り、地元料理を研究してファストフードを始める。料理仲間(John Leguizamo)と息子が加わり、男3人、フロリダからルイジアナ、テキサスなど経由してL.A.までトラックで稼ぎながら移動し続けます。

マイアミのキューバン・サンドウィッチ、ニューオリンズの揚げパン、オースティンの炭火焼きブリスケットなど。単純だけど、手の込んだアメリカらしい料理が並びます。映画に登場するお店は本当にあるので機会があれば訪れてみたいものです。
{☆Café Du MondeFranklin Barbecue }

出来ればもうちょっといろんな州のいろんな料理を出してもよかったかなあとは思いますが、それをやると料理番組みたいになっちゃうのかしら。

ロードトリップとアメリカ料理の組み合わせがよかったです。面白かったし美味しそうで良かったのですが、ちょっと映画というよりはテレビ局が作る2時間ドラマって感じがしないでもないので、お進めの見方は家でアメリカンフードをずらっと並べてビデオで見ることかな。

関連記事
TrackBackURL
→http://koburiland.blog104.fc2.com/tb.php/930-665ba6e7